MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

『北斗の拳』生誕25周年記念イベント「帰零祭 結魂式」レポート

常に時代を揺るがし続けるマンガ『北斗の拳』。生誕25周年という節目の日に、北斗の拳で育った子供達が恩返しすべく、ケンシロウとユリア、北斗の拳とファンの魂の結びつく宴「結魂式」が開催されました。
9月13日(土)、日本青年館にて『北斗の拳』生誕25周年イベントが執り行われた。メインテーマはケンシロウとユリアの魂の結びつきを具現化した『結魂式』。漫画では描かれなかった二人の空白の時間。『結魂式』が原点(ゼロ)に帰るための道しるべとなった。会場には抽選で選ばれたファン777名と招待客らがその厳かな式を見守った。


式の演出は『(株)テイクアンドギヴ・ニーズ』のカリスマウェディングプランナー・有賀明美が担当、さらにイベント全体のプロデュースは『ロングバケーション』『成田離婚』『お見合い結婚』『できちゃった結婚』など数々の大ヒットドラマを手がけ、現在ウェディング会社、『ストーリア』代表である杉尾敦弘氏が担当し、これまで誰も見たことのない『ウェディング(結魂式)』が執り行われた。
司会進行は筋肉芸人としても知られるペナルティと元フジテレビアナウンサーの八木亜希子。ペナルティの二人は「マネージャーからケンンシロウとユリアが結婚するので司会をやって、と言われて冗談かと思った」とはじめは驚いたそう。「僕たちは北斗の拳世代。毎週ジャンプが発売される月曜日が楽しみで仕方なかった。」と大ファンであることを明かした。八木亜希子は司会をやるにあたり、また一巻から読み直したそうで、周りの人からは「ケンシロウとユリアの結婚式の司会するんだって!?」と、とても羨ましがられ、「熱いファンが多いんだな、と再認識しました」と語った。
漫画家の原哲夫は「世紀末の話だし、結婚は出来ないと思っていた。今日はついにこの日を迎えられて嬉しい。応援してくれたみんなのおかげ。」とファンに感謝した。原作者の武論尊は「25年前は結魂式が出来るなんて思ってもいなかった。毎週、毎週、最終回のつもりで全力で書いていた」と当時を振り返り、今日のこの日を喜んだ。また、この結婚式の発案者でもあり、「北斗の拳」生みの親でもある堀江信彦((株)ノース・スターズ・ピクチャーズ/(株)コアミックス代表取締役社長)「真救世主伝説 北斗の拳」シリーズ製作総指揮)は、「北斗の拳のファンは皆“北斗の子”。子供たちにケンシロウとユリアの結魂式を見せてあげたかった。」と語った。
結魂式では、アニソンのカリスマ『梶浦由記』、ニュータイプのヴィジュアル系バンド『Jealkb』、新人アーティスト『mina☆muse』らがLIVEを行った。さらにあの『マッスルミュージカル』もステージを盛り上げた。また、三代目魚武濱田成夫の闘う詩の朗読や、著名人からのお祝いメッセージも多数用意され、生誕25周年に相応しい盛大な結魂式となった。
最後には、アニメ『北斗の拳』の主題歌『愛をとりもどせ』を歌ったクリスタルキングのムッシュ吉崎をはじめ、本日のゲスト、さらに観客全員で大合唱となり、盛大なうちに幕を閉じた。
ファンの間で語り継がれた漫画には描かれなかった“空白”のひとつがようやく今回うまることになった。あとひとつ残された“空白の1年”は10月に公開される映画『真救世主伝説 北斗の拳 ZERO ケンシロウ伝』で描かれており、その物語は完全となる。
漫画では描かれなかった空白の時 スクリーンで初めて明かされる真実
その時ケンシロウが死神という名の救世主となった!!
『真救世主伝説 北斗の拳 ZERO ケンシロウ伝』
10月4日(土)~池袋シネマサンシャイン先行上映
10月11日(土)~全国一斉ロードショー!!