MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

『羅生門』デジタル復元版 第21回東京国際映画祭で特別上映決定!

『羅生門』 デジタル復元版 記念上映
第21回東京国際映画祭で特別上映決定!
来る10月18日~10月26日に開催される、第21回東京国際映画祭にて特別上映が決定しました。復元されたフィルムの上映は、9月18日より米アカデミーで開催される回顧展“Akira Kurosawa: Film Artist”のオープニングに続き、日本では初めての上映となります。
なお、上映日時など詳細は決定次第、東京国際映画祭公式HPほかで発表いたします。


黒澤明監督の代表作のひとつである『羅生門』を保有する角川映画では、この度、米映画芸術科学アカデミーと共同で、本作のデジタル復元を行います。
本作の芸術的・文化的な価値を鑑み、角川文化振興財団と米・映画芸術科学アカデミーおよびフィルム・ファウンデーションより、復元費用の助成を受けることになりました。米アカデミー並びにフィルム・ファウンデーションとの共同事業・デジタル復元は日本映画として史上初の試みとなります。
『羅生門』(日本公開1950年8月26日)は、1951年ベネチア国際映画祭で最高賞「金獅子賞」を、さらに1952年米アカデミー賞名誉賞(最優秀外国語映画賞)を受賞するなど、全世界から尊敬を集め、映画史に残る傑作です。
本プロジェクトは、映画復元の第一人者であり、アカデミー・フィルム・アーカイブのディレクターであるマイケル・ポゴゼルスキー(Michael Pogorzelski)氏を統括に迎え、また日本側の監修として東京国立近代美術館フィルムセンターに技術的・学術的な助言を仰ぎ、進めてゆきます。
角川映画 羅生門ページ
米映画芸術科学アカデミー
フィルム・ファウンデーション
東京国立近代美術館フィルムセンター
東京国際映画祭