MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

Vol.16 『秘密結社 鷹の爪 THE MOVIE II ~私を愛した黒烏龍茶~』

秘密結社 鷹の爪 THE MOVIE II ~私を愛した黒烏龍茶~明日から公開される『秘密結社 鷹の爪 THE MOVIE II ~私を愛した黒烏龍茶~』を試写で鑑賞。flashを使ったアニメーション作品で、FROGMANという方がほぼ一人で作っています。TOHOシネマズというシネコンで映画を観ると、映画上映前に鷹の爪団が登場するマナームービーが入るので、それでご存じの方もいるのではないでしょうか。


去年公開された第1作『秘密結社 鷹の爪 THE MOVIE ~総統は二度死ぬ~』がニューヨーク国際インディペンデント映画祭のアニメーション最優秀作品賞と国際アニメーション最優秀監督賞を受賞したことでもわかる通り、どこか笑いの取り方がアメリカンなにおいのする作品。『サウスパーク』のようなイメージでしょうか。いわゆるナンセンスギャグのかたまり。
flashアニメというと、ポータルサイトに勤務していたときに売り込みにきた某作品を見たのが最初なんですが、このときは、アニメとflashアニメは違うなと感じていました。なんていうか、動きがやはりコンピュータなんですよね。たとえば車が遠ざかるシーンでは、車が位置を変えながら小さくなっていく。でも遠ざかっているというよりも小さくなっていくようにしか見えない。
手描きのアニメでは、位置を変えながら、小さくなりつつ、モチーフのフォルム自体も変化するわけで、このあたりがflashの限界なのかなぁという気がしていました。この作品でももちろんそういう動きが中心(3D CGも多少入りますが)なのですが、あまり違和感を感じない……というか、ハデに動かなくていいモチーフになっているのが勝因かも知れません。flashによるアニメもそのモチーフによって使い分けることで有用なんだなと再確認しました。
内容としては、テンポがとてもいい作品で、頭を空っぽにして気楽に見られるのがいいですね。バジェットゲージシステムや、映画内でのリラックスタイムなど、普通の作品ではできない仕組みをうまく盛り込んでいて、よくまとめたなという感じ。あのバジェットゲージシステムを普通の映画で使ったらおもしろいでしょうね。ビッグスターが出演する作品なんて、主人公とヒロインが出てくるだけで予算の大半なくなっちゃったりして(^O^)
今回のサブタイトルである「私を愛した黒烏龍茶」は、映画界初のネーミングライツということで国際アニメフェアで発表されましたが、最初のリリースでは「島根は鳥取の左です」という仮称になっていました。FROGMANが島根県に住んでいるということで、島根ネタがあれこれ出てくるんですが、ここまでバカにしていいんですかね。
島根県は去年仕事の関係で初めて行きましたが、とてもいいところでしたけどね。そういえば今年はいろんなドラマなどが島根がらみだったりするようで、流行なんでしょうか。先日も『うん、何?』という映画が公開されたばかり。この『うん、何?』、『ゴジラ×モスラ×メカゴジラ 東京SOS』虎牙光揮さん、『仮面ライダーキバ』の柳沢ななさん、『仮面ライダー THE FIRST』『仮面ライダー THE NEXT』の黄川田将也さんらが出演している映画……って特撮物に出てる人しか知らないのか!と言われそう(^_^;)
話がかーなーりずれましたが、映画としてどうこうということを語る作品ではないので、とにかく楽しもうという感じで観るのがいいでしょうね。つっこみどころは満載ですから(^O^)
個人的にはサンショウウオが気に入りました! 実は正義の味方らしくないデラックスファイターも好きなんですが(^_^;)


このコラムは2008/5/23にゴルフブログ「振り向けばカジュアルウォーターIII」に掲載されたものです。


秘密結社 鷹の爪 THE MOVIE ~総統は二度死ぬ~ 同時収録:古墳ギャルのコフィー~桶狭間の戦い~ スタンダード・エディション
秘密結社 鷹の爪 THE MOVIE ~総統は二度死ぬ~ 同時収録:古墳ギャルのコフィー~桶狭間の戦い~ スタンダード・エディション FROGMAN

おすすめ平均
starsアニメを見てから

Amazonで詳しく見る by G-Tools