MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

ショーン・ペン監督『イントゥ・ザ・ワイルド』公式サイト本格オープン

ショーン・ペン監督最高傑作!
『イントゥ・ザ・ワイルド』
公式サイトが本格オープン!
本年度アカデミー賞2部門にノミネートされましたショーン・ペン監督最新作にして最高傑作の『イントゥ・ザ・ワイルド』の公式サイトが本格オープンしました。
■公式サイトコンテンツのご紹介
●メッセージ・リレーであなたの投稿が旅をする! 「ジブンをぶっこわす旅」
映画の主人公であるクリストファー・マッカンドレスが実際に辿った道のりを、Google Mapを利用して再現。そのマップ上に、著名人からいただいた「映画の感想」や「ジブンをぶっこわす旅」、「旅での出会い」についてのコメントがドンドンアップされます。
また、一般ユーザーからも旅にまつわるメッセージと写真を募集。集まった投稿によって、クリスがアラスカへ向けて旅したマップが完成します。
●クリスへメッセージを送ろう! 「クリスへのメッセージ」
映画を観た方からの映画の感想や、クリスへのメッセージを大募集!
マウスを使って書いてもらった手書き風のメッセージが紙飛行機になって、クリスの元へと旅立ちます。


【 Coming Soon!! 】
●クリスの旅の再現ルポ
クリスが旅をしたアラスカにライターを派遣!
ブログ形式で、クリスの足跡をアラスカ現地写真と一緒にリアルにレポートします!!
●公開が近づくにつれて内容が変わるインタラクティブ・スクリーンセーバー
映画の美しいシーンを使ったスクリーンセーバーを配布(8/11スタート予定)。
公開が近づくにつれ、ビジュアルが変わったり、映画に寄せられたコメントが表示されたりするなど、スクリーンセーバーの内容がインタラクティブに変化。
●携帯待ち受け画像
モバイルサイトでは、映画の中でも特に人気のシーンを使った携帯待ち受け画面をダウンロードしていただけます。
■作品情報
イントロダクション
心揺さぶる衝撃の実話の映画化に挑んだショーン・ペン監督の最高傑作
 1992年の夏、アメリカ最北部アラスカ州の荒野でクリストファー・マッカンドレスという若者の死体が発見された。この出来事をマスコミが大々的に報じ、全米の多くの人々の関心を引いたのは、彼の死があまりにも謎めいていたからだった。
 東海岸の裕福な家庭で育ち、優秀な成績で大学を卒業。そんな人生のエリートコースを約束されていた若者が、ある日突然すべてを捨てて旅立ち、2年間のさすらいの果てに、アラスカで早すぎる最期を迎えたのだ。この誰もが「なぜ?」と疑問を抱く大いなる謎の解明に挑んだのが、ジャーナリストにして登山家のジョン・クラカワーである。彼が綿密な追跡取材を基に発表したノンフィクション「荒野へ」は一躍ベストセラーとなり、センセーショナルな反響を呼び起こした。
 クラカワーの「荒野へ」に激しく心揺さぶられた読者のひとりがショーン・ペンだった。
『ミスティック・リバー』でアカデミー賞主演男優賞に輝いたアメリカ屈指の名優であり、監督としても多くの映画人にリスペクトされる彼は、書店で目にとめた「荒野へ」を貪るように読破し、すぐさま映画化を決意。並々ならぬ情熱をもって映画化権獲得に10年近い年月を費やし、ついに入魂の一作『イントゥ・ザ・ワイルド』を完成させた。長編映画としては2001年の『プレッジ』以来、実に6年ぶりとなる待望の新作は、映画作家ペンの成熟と新たな境地を感じさせ、彼のキャリアの集大成と呼ぶにふさわしい最高傑作となった。
ストーリー
1992年4月、一人の青年がアラスカ山脈の荒野へ徒歩で分け入っていった。
後に、うち捨てられたバスの車体の中で、彼の死体がヘラジカ狩りのハンターたちによって発見される。
青年の名はクリス・マッカンドレス(エミール・ハーシュ)、ヴァージニアの裕福な家庭に育ち、2年前にアトランタの大学を優秀な成績で卒業した若者だった。
知性も分別も備えた、世間から見れば恵まれた境遇のエリート青年が、なぜこのような
最期を遂げたのか?
クリスは、所有していた車と持ち物を捨て、財布に残った紙幣を焼き旅立つと、労働とヒッチハイクを繰り返しながらアメリカを横断、北上し、一人、アラスカの荒野に入った
のだった─。
2年にわたる旅の中で、数々の出会いと別れを経験し青年は何を見つけたのか?
脚本・監督・プロデューサー:ショーン・ペン
出演:エミール・ハーシュ、ハル・ホルブルック、キャサリン・キーナー、ウィリアム・ハート、ヴィンス・ヴォーンほか
原作:「荒野へ」ジョン・クラカワー(集英社刊)
サントラ盤:BMGジャパン
配給:スタイルジャム
Copyright (C) MMVII by RIVER ROAD ENTERTAINMENT, LLC and PARAMOUNT VANTAGE, A Division of PARAMOUNT PICTURES CORPORATION. All Rights Reserved.
『イントゥ・ザ・ワイルド』
9月6日(土)よりシャンテシネ、テアトルタイムズスクエア他全国ロードショー