MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

DAIGO 超大作『ウォンテッド』主役で声優初挑戦

DAIGO新次元へ!
超大作『ウォンテッド』主役で声優初挑戦!
東宝東和配給、アンジェリーナ・ジョリー、ジェームズ・マカヴォイ主演のアクション超大作『ウォンテッド』の日本語吹替版で、バンド「BREAKERZ」のほか、バラエティ番組などでも活躍中のロックミュージシャン、DAIGOさんが主人公ウェスリー役を演じることが決定した。今回が声優初挑戦となるDAIGOさんの役は、アンジェリーナ・ジョリー演じるヒロイン・フォックスに暗殺組織へと勧誘されるうだつの上がらない平凡な青年ウェスリー。彼女との出会いにより自分の中に眠る超人的な能力を覚醒させていく主人公ウェスリーのキャラクターが、無限の潜在能力を秘めたDAIGOさんに重なる部分があるということで、今回の起用が決定した。DAIGOさんは声優初挑戦について「未体験ゾーンですが、激熱(ゲキアツ)な映画だと聞いているので、シンクロ率100%で頑張りまうぃっしゅ。」とDAIGO録で意気ごみを熱く語っている。


6月27日に公開された北米で、本作は“新次元映像”と称される、まったく新しい映像感覚が10代、20代に受け入れられ、アンジェリーナ・ジョリーの主演作としては『Mr.&Mrs.スミス』を超える5093万ドルで歴代No.1のオープニング記録を樹立するなど、全世界で大ヒットとなっている。
DAIGO
ロックミュージシャン
2003年、氷室京介作曲『MARIA』でデビュー。
2007年、3人組ロックバンド「BREAKERZ」ボーカルとして活動開始。
母方の祖父は元首相で政治家の竹下登、実姉は影木栄貴。
血液型:AB型 誕生日:4月8日 出身地:東京都
ストーリー
ウェスリー(ジェームズ・マカヴォイ)は救いようのない人生を過ごす、存在すら無意味な若者。しかし、謎の美女フォックス(アンジェリーナ・ジョリー)との出会いにより、彼を取り巻く環境全てが激変してしまう。アキレスの時代から、神に代わって「運命の意志」を実践してきたスローン(モーガン・フリーマン)率いる秘密暗殺組織“フラタニティ”の王位継承者が、なんと彼自身であると云う。ウェスリーは自らの運命を受け入れ、新しい世界で戦い抜く決心をするのだが??。
監督:ティムール・ベクマンベトフ 『ナイト・ウォッチ』、『デイ・ウォッチ』
出演:アンジェリーナ・ジョリー、モーガン・フリーマン、
   ジェームズ・マカヴォイ
原題:WANTED
原作:マーク・ミラー「WANTED」
全米公開:2008年6月27日(北米配給:ユニバーサル・ピクチャーズ)
配給:東宝東和
協力:NTT DoCoMo、ジェネオン エンタテインメント
(C)2008 Universal Studios. ALL RIGHTS RESERVED.
『ウォンテッド』
9月13日(土)・14日(日)・15日(月・祝)3連休先行上映
9月20日(土)より全国拡大ロードショー