MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

『アクロス・ザ・ユニバース』CFナレーションにPUFFY登場

PUFFYの「Lucy In The Sky With Diamonds」がビートルズ33曲で構成された映画『アクロス・ザ・ユニバース』CFソングに決定!
TVスポットのナレーションにも挑戦!!
東北新社配給『アクロス・ザ・ユニバース』が、8月9日(土)より渋谷アミューズCQN、シネカノン有楽町、新宿バルト9ほかにて全国ロードショーされます。
本作はビートルズの曲を33曲使ったオリジナルミュージカルです。ビートルズが世界の音楽業界に多大な影響を与えたことは疑いようのない事実です。日本でも数多くのミュージシャンがその影響を受けてきました。そのため、ビートルズの曲を33曲使った本作品には、つんく♂や、チャットモンチー、ジェイク・シマブクロ、斉藤和義など、多くのミュージシャンが感銘をうけ、この作品への熱い想いを公式サイトのブログリレーに寄せています。
そしてこの度、国内外で活躍を続け、ビートルズの楽曲をカバーしているPUFFYが、CFナレーションに挑戦しました!! CFで使用される曲は、PUFFYによるビートルズカバー曲「Lucy In The Sky With Diamonds」です。もちろん、PUFFYも『アクロス・ザ・ユニバース』の公式サイトでのブログリレーにこの作品を観ての熱いコメントを寄せています。
PUFFYから『アクロス・ザ・ユニバース』へのコメント


ミュージカル……正直見たことがなかったので、ためらいつつ見始めました。
やばいっ! すごい面白いっ! こんな食わず嫌いな発想を持ってた自分のバカっ。
ストーリーもクルクルと展開してとっても見応えがあり、そして何よりもそこに乗っかってくるビートルズの楽曲。誰もが知ってるあんな曲やこんな曲が、映画の中でこんな風に変わるのかと、ほんとに飽きない約2時間でした。
追伸 ボノ様
“Lucy In The Sky With Diamonds”最高でした、しびれました。
CF使用曲 PUFFY「Lucy In The Sky With Diamonds」
映画『アクロス・ザ・ユニバース』CFソング:PUFFY「Lucy In The Sky With Diamonds」
PUFFYのコメントが見られるブログコメントリレー
「アクロス・ザ・ユニバース」使用 ビートルズ 楽曲33タイトル
1 Girl
2 Hold Me Tight
3 All My Loving
4 I Want To Hold Your Hand
5 With A Little Help From My Friends
6 It Won’t Be Long
7 I’ve Just Seen A Face
8 Let It Be
9 Come Together
10 Why Don’t We Do It In The Road?
11 If I Fell
12 I Want You (She’s So Heavy)
13 Dear Prudence
14 Flying
15 Blue Jay Way
16 I Am The Walrus
17 Being For The Benefit Of Mr. Kite!
18 Because
19 Something
20 Oh! Darling
21 Strawberry Fields Forever
22 Revolution
23 While My Guitar Gently Weeps
24 Across The Universe
25 Helter Skelter
26 Happiness Is A Warm Gun
27 A Day In The Life
28 Blackbird
29 Hey Jude
30 Don’t Let Me Down
31 All You Need Is Love
32 She Loves You
33 Lucy In the Sky With Diamonds
ビートルズのメロディと歌詞を、ストーリーや登場人物の心情を物語るメッセージとして再生。キャストはすべて吹き替えなしで、しかもライブ録音でセリフ同様に歌を歌っている。主人公のジュードには、『ラスベガスをぶっつぶせ』主演のジム・スタージェス。
ヒロインのルーシー役のエヴァン・レイチェル・ウッドはウディ・アレン監督新作でも主演。マックス役は、『コントロール』のジョー・アンダーソン。U2のボノやジョー・コッカーのカメオ出演も見逃せない。1960年代のアメリカと、そこに生きる若者たちの恋と青春をリアルに描く青春ラブストーリーでもありながら、ジュリー・テイモア監督ならではの独創的な映像イメージを散りばめたオリジナルミュージカルだ。
ストーリー
「ライオンキング」の天才演出家が仕掛けたのはなんと全篇ビートルズの曲を使ったオリジナルミュージカル!
誰も観たことのない宇宙規模のラブストーリーに酔いしれる!
1960年代。リバプールから父を探しにアメリカにやって来たジュード(ジム・スタージェス)。自由な大学生マックス(ジョー・アンダーソン)に出会い、2人はNY ・グリニッジ・ビレッジを目指す。彼らを待ち受けていたのはエネルギッシュな気質溢れるカウンター・カルチャー。
ミュージシャン仲間達との新しい生活が始まり、ジュードはマックスの妹ルーシー(エヴァン・レイチェル・ウッド)と恋に落ちる。しかしベトナム戦争が激化し、仲間たちはバラバラになっていく。混迷の渦に巻き込まれた彼らが再び心をひとつにするときはくるのだろうか?
監督:ジュリー・テイモア(映画『タイタス』『フリーダ』、ミュージカル「ライオンキング」、オペラ「魔笛」)
キャスト:エヴァン・レイチェル・ウッド(『サーティーン あの頃欲しかった愛のこと』)、ジム・スタージェス(『ラスベガスをぶっつぶせ』)、ジョー・アンダーソン(『敬愛なるベートーヴェン』、『コントロール』)、デイナ・ヒュークス、マーティン・ルーサー・マッコイ、T.V.カーピオ、ボノ(U2)、サルマ・ハエック、エディ・イザード、ジョー・コッカーほか
配給:東北新社
2007年/アメリカ/英語/カラー/131分/原題:Across the Universe
(C)2007 Revolution Studios Distribution Company, LLC.All Rights Reserved.
『アクロス・ザ・ユニバース』
8月9日(土)より渋谷アミューズCQN、シネカノン有楽町、新宿バルト9他にて全国ロードショー