MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

『レッドクリフ』アジア各国史上最大の大ヒット!

アクション・アドベンチャー超大作
『レッドクリフ』
新記録樹立の大ヒットスタートを受けて、監督・キャストの来日決定!
『M:I-2』のジョン・ウー監督が贈るアクション・アドベンチャー超大作『レッドクリフ』(配給:東宝東和/エイベックス・エンタテインメント)が7月10日より、中国、香港、台湾、韓国、シンガポール、タイで公開され、各国で、過去の記録を塗り替える史上稀な大ヒットを記録しております。
【アジア各国での公開状況(7月10日~7月13日時点)】


◎中国:RMB 108,000,000 = USD $15.8M=約16.9億円
◎香港:HK$ 10,600,000 = USD $1.36M=約1.4億円
◎台湾:NT$ 75,000,000 = USD $2.47M = 約2.6億円
◎韓国:800,000人 入場/ USD $5.6M
 (1チケット$7計算に基づき割り出した数字)=約5.9億円
◎シンガポール:S$ 1,029,290 = USD $760K=約8132万円
◎タイ:THB 13,441,806 = USD $402K=約4282万円
(※1USD107円換算)
各国の個別の記録として、中国では、これまで公開初日の興収記録を『トランスフォーマー』(2007年)が記録していた$330万ドルが最高となっていましたが、それを上回る$390万ドルの興収をあげ、さらには週末を含めた公開4日間の興収では、これまで『王妃の紋章』(2006年)が、記録していた$1400万ドルを大きく上回る$1580万ドルの興収をあげました。さらには、台湾では初日興収が$52.6万ドルと『インディ・ジョーンズ クリスタル・スカルの王国』『ナルニア国物語 第2章カスピアン王子の角笛』をしのぎ本年度の初日新記録を達成。韓国でも同様に、本年度初日動員新記録を作るなど、各国でオープニング成績No.1となっています。
この史上最大の盛り上がりを受けて、『レッドクリフ』の監督&キャストの8月5日~8月7日に、監督・キャスト来日が決定しました。
監督:ジョン・ウー
プロデューサー:テレンス・チャン/ジョン・ウー
アクション撮影:コリー・ユン
VFXプロダクション:The Orphanage
『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズ、『ダイ・ハード4.0』など)
出演:トニー・レオン、金城武、チャン・フォンイー、チャン・チェン、ヴィッキー・チャオ、フー・ジュン、中村獅童(特別出演)、リン・チーリン(映画初出演)
音楽:岩代太郎
主題歌:alan 「RED CLIFF ~心・戦~」(avex trax)
オリジナル・サウンドトラック:エイベックス・エンタテインメント
2008/アメリカ・中国・日本・台湾・韓国/35mm/145分/シネスコサイズ/ドルビー
デジタル/翻訳:鈴木真理子/字幕:戸田奈津子/監修:渡邉義浩(大東文化大学)
配給:東宝東和/エイベックス・エンタテインメント
提供:エイベックス・エンタテインメント/東宝東和/テレビ朝日/Yahoo! JAPAN
朝日放送/メ~テレ/北海道テレビ/九州朝日放送/新潟テレビ21
『レッドクリフ』
2008年11月1日より日劇1ほか全国ロードショー!