MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

『ハンコック』世界各国で初登場ナンバー1

『ハンコック』
世界各国で“Too much”な大ヒットスタート!!
☆全世界48テリトリーで、オープニング第1位☆
★ウィル・スミスは、前人未踏の主演8作品連続1億ドル越え★
ウィル・スミス主演『ハンコック』(原題:HANCOCK/ピーター・バーグ監督/日本配給:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント)が7月1日(水)から世界各国で封切され、北米では週末(7月4日~6日)の3日間で6,600万ドル(約70億6200万円)を稼ぎ出し、見事オープニング第一位となった。その他この週末に公開になった世界各国47テリトリーでも7,835万ドル(約83億8000万円)で海外第一位になった。北米の独立記念日ホリデー全体では1億732万2100ドル(約115億4000万円)を稼ぎ出し、北米プラス海外の全世界興行収入は全体で1億8532万1000ドルとなった!
※<1ドル=107.52ドル(7月7日現在)>
また、ウィル・スミス主演映画として、全米初登場ナンバー1は8本目、独立記念ホリデーとしては初登場ナンバー1は5本目となる。


自身の主演映画としては8作品連続で興行収入1億ドル越えを記録し、ハリウッドの並み居る大スターでも到達したことのない史上初、前人未踏の偉業を達成した! 独立記念日ホリデーのウィル・スミス主演作でも1位となった。
ウィル・スミス主演作は『幸せのちから』で28億円(興行収入)、『アイ・アム・レジェンド』で43億円(興行収入)と、日本でも大ヒットが続いており、この度の全世界での記録的大ヒットを受け、日本公開にも期待が集まる!
日本公開は8月30日(土)。※8月23日(土)、24日(日)先行上映
●全米週末記録(7月4日~6日 週末3日間)
1位 『ハンコック』6,600万ドル(約70億6200万円)
2位 『WALL-E』3,340万ドル(約35億7000万円)
3位 『ウォンテッド』2,060万ドル(約22億円)
●海外オープニング成績(北米を除く)※50テリトリー
『ハンコック』7,835万ドル(約83億8000万円)は、『トランスフォーマー』7,260万ドル、『アイ・アム・レジェンド』6,390万ドル、『スパイダーマン2』5,830万ドルを押さえ、世界各国(北米を除く)で空前の大ヒット!! 海外で3億ドル突破も確実!!
イギリス 第1位 1,930万ドル(約20億7500万円)
 
『スパイダーマン』より13%増。『カンフー・パンダ』よりも70%増。
ドイツ 第1位 1,240万ドル(約13億3300万円)
 ドイツの興行収入全体の61%を独占。『スパイダーマン3』の28%増。
韓国 第1位 850万ドル(約9億1400万円)
 『インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国』より1%増。
オーストラリア 第1位 730ドル(約7億8500万円)
 『スパイダーマン2』より7%増。
中国 第1位 550万ドル(5億9000万円) 
 『スパイダーマン3』より13%増。ハリウッド映画として歴代4位
ストーリー
<Too Much Power>の嫌われ者が、愛されるスーパーヒーローに!?
地球にたった一人、何千年も生きている、人間の姿をした<存在>、ハンコック。不死身の体で空を飛び、いやいやながら人助けをするものの、やりすぎパワーで街が破壊され、市民は大迷惑。でも、本人は反省する気もなく、その不良的態度が、さらにブーイングを受ける“Too Much Power”の嫌われ者ヒーロー。そんなハンコックにある人物から一言。「このままでは、惨めな人生が続く。皆から愛される真のヒーローにならないか?」慣れないヒーロースーツを身につけたハンコックは、悪質な銀行強盗事件を警察の筆頭に立って解決するなど、奮闘し、LA市民も彼に惜しげない賛美を送る。感謝され、愛される嬉しさを感じ始めた時、ハンコックの不死身のスーパーパワーに大きな異変が起こり始める!?
出演:ウィル・スミス『アイ・アム・レジェンド』
   シャーリーズ・セロン『告発のとき』
監督:ピーター・バーグ 『キングダム/見えざる敵』
プロデューサー:マイケル・マン他
2008年/アメリカ/原題:HANCOCK/字幕スーパー版/日本語吹き替え版92分
『ハンコック』
8月30日(土)丸の内ピカデリー1ほか全国ロードショー
<8月23日(土)・24日(日)先行公開決定!>