MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

サイコフレームの輝きが宇宙を駆け抜ける、ユニコーンガンダム

福井晴敏さんが原作を務めたことでも話題となった『機動戦士ガンダムUC』。その主人公機となったユニコーンガンダムは、ユニコーンモードからデストロイモードへと変形するガンダム。サイコフレームでモビルスーツの骨格であるムーバブルフレームのすべてを構築したことで、ニュータイプの能力を最大限に引き出すことができる。

ユニコーンガンダム


デストロイモード時に、露出したサイコフレームの光が発光し、これまでのガンダムとは違う魅力を持ったデザインで、非常に洗練されている気がします。
個人的には同作に出てきたシナンジュのほうがさらに惹かれたりはしますがw
2009年8月、「GUNDAM BIG EXPO」メディア内覧会にて撮影。
(C)創通・サンライズ
※写真は撮影時のものであり、変更されている場合があります。
●次の記事もオススメ ——————
お台場でG-セルフとユニコーンガンダム3号機「フェネクス」がコラボ!
『Gのレコンギスタ』最終話で「役を作りすぎ」な新人声優デビュー
実物大1/1ガンダムの集客力は桁違いだった
ガンダム「大地に立つ」富野総監督と観る『Gのレコンギスタ』最終話
『機動戦士ガンダムTHE ORIGIN I』567万円/1Scr. たった13館で7位!
→映画・アニメ・特撮写真館に戻る