MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

ウォシャウスキー姉弟最新作『ジュピター』映像革命の、新章はじまる。

ウォシャウスキー姉弟最新作『ジュピター』映像革命の、新章はじまる。 #tokusatsu
『マトリックス』から16年。ラナ&アンディ・ウォシャウスキー監督が『マトリックス』以来初の完全オリジナル・ストーリーで描く、新次元の超視覚体験『ジュピター』。
再び画期的なひらめきが舞い降りたウォシャウスキー姉弟監督が、同作以来初となる完全オリジナル・ストーリーを書き上げました。

ジュピター


地球で始まる物語は壮大な宇宙空間へと舞台を移し、巨大な王朝で戦いが繰り広げられます。神秘的で壮麗な宮殿、新時代を切り開く圧倒的な超スピード・アクション、まさにウォシャウスキーにしか成し得ないスタイリッシュな映像が怒涛のように押し寄せるなか、人類は王朝の“ある目的”のために生かされているという驚愕の展開に突入。
リメイク、シリーズ、コミック原作ものばかりが氾濫する停滞した全世界の映画界に、新たなる革命を起こすSFアクション超大作が完成しました!

ジュピター

クリエイティブ・チームには、ウォシャウスキー姉弟の前作『クラウド アトラス』をはじめ、長年コラボレーションをしてきたスタッフが集結。その要としてオスカー受賞のジョン・トール(『レジェンド・オブ・フォール/果てしなき想い』、『ブレイブハート』)が撮影、ヒュー・ベイトアップが美術、アレックス・バーナーが編集、キム・バレットが衣装、そしてジェレミー・ウッドヘッドがヘア&メイクを担当しています。音楽を手掛けるのはマイケル・ジアッキノ。
また、ウォシャウスキー姉弟が作品ごとにパワーアップさせてきた最新視覚効果は本作でも見どころであり、『マトリックス』3部作以来、ウォシャウスキー作品を支えてきたダン・グラス(『バッマン ビギンズ』、『クラウド アトラス』)が視覚効果監修を務めています。さらに、『マトリックス』の視覚効果でオスカーを受賞したジョン・ゲイターが視覚効果デザインを担当しています。

ジュピター

●ストーリー
全人類は、宇宙最大の王朝に支配されていた!
地球の危機を阻止するため、結ばれない運命の二人が宇宙最大の王朝に立ち向かう!
偉業を成し遂げる宿命を持つ星座に生まれたジュピターだが、現実は毎日ひたすら働いていた。ある日何者かに襲われ、突然現れた強靭な戦士に助けられたジュピターは、自分が宇宙最大の王朝の王族だと知らされる。彼の名はケイン、遠い星の遺伝子操作によって生まれた、身分は最下級だが戦いに勝つためだけに作られた究極の戦士だ。

ジュピター

王朝では今、3人の継承者たちが支配権を争っていた。彼らは亡き母と同じ遺伝子配列を持つジュピターが、生まれ変わりとして引き継ぐ地球を狙っていた。10万年前から支配してきた全人類を、今まさに滅ぼそうとしているのだ。
ジュピターとケイン、身分違いのため決して結ばれない運命の2人が今、人類の危機に立ち向かう──!

ジュピター

●スタッフ・キャスト
監督・脚本:ウォシャウスキー姉弟
製作総指揮:ロベルト・マレルバ AND ブルース・バーマン
製作:グラント・ヒル、ラナ・ウォシャウスキー、アンディ・ウォシャウスキー
出演:チャニング・テイタム、ミラ・クニス、ショーン・ビーン、エディ・レッドメイン、ダグラス・ブース
2015年アメリカ映画/原題:JUPITER ASCENDING
上映時間:127分/スコープサイズ
配給:ワーナー・ブラザース映画

『ジュピター』
3月28日(土)新宿ピカデリー、丸の内ピカデリー他全国ロードショー
(C)2015 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND VILLAGE ROADSHOW FILMS (BVI) LIMITED. ALL RIGHTS RESERVED.