MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

『牙狼<GARO>-炎の刻印-』第22話、巨大ホラーアニマ復活か?

好評放送中の『牙狼<GARO>-炎の刻印-』。第21話放送終了。
息子にとって父親は必ず超えなければいけない存在。親子であり、ライバルであり、師弟であり。自分では超えたと思っていても、どこかでかなわないと思っている父親の大きさ。今回のヘルマンの言動にそんな大きさを感じるとともに、ヘルマンの気持ちがわかる年になってしまったなぁとも思ったりw

牙狼<GARO>-炎の刻印-


さて、次回第22話のあらすじが届きました。
●第22話「結界 -DREADLY FOCUS-」
脚本:村越 繁
絵コンテ:三原三千夫
演出:松見真一
作画監督:UEC
神殿の地下深くで封印を解かれようとしている巨大ホラー アニマ。
メンドーサの思惑。空を覆うガルムの巨大魔導兵器。
月は欠け、アニマ復活を目前にそれぞれの思いが交錯する。

『牙狼<GARO>-炎の刻印-』公式サイト:http://garo-project.jp/ANIME
公式twitter:@anime_garo
(C)2014「炎の刻印」 雨宮慶太/東北新社
●次の記事もオススメ ——————
『牙狼<GARO>-炎の刻印-』第21話場面写 親子は剣で語らう
『牙狼<GARO>-炎の刻印-』第21話、ヘルマンとレオン、激突!
『牙狼<GARO>-炎の刻印-』第20話場面写 オクタビアの過去
『牙狼<GARO>-炎の刻印-』第20話、オクタビアの悲しい物語
『牙狼<GARO>-炎の刻印-』第19話場面写 エマ、叫ぶ!
→『牙狼<GARO>』特設ページ