MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

世界中の女性を魅了『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』世界興収No.1獲得

フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ世界59の国と地域でトータル2億ドル突破!
世界中の女性に支持され、週末全世界興収No.1を獲得!
50ヵ国以上で翻訳され、いまや全世界で累計1億部(電子書籍を含む)を超える大ベストセラー小説の映画化『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』が全世界一斉に公開となりました(一部地域、国を除く)。
世界中の女性ファンが待ちに待った本作は、女性ならば誰もが憧れずにはいられない巨大企業の若きCEOグレイと、それまで恋愛経験がなかった女子大生アナの特異な恋愛模様を描き、社会現象にまでなった衝撃的でロマンチックなシンデレラストーリーです。


13日に公開されたアメリカでは、週末興行8170万ドルを叩きだし、週末興行ランキング第1位を獲得。また、世界各国でも大ヒットスタートをしており、アメリカを除いた国と地域で週末興行収入1億5800万ドルにも上り、全世界トータルで週末興行収入2億3900万ドルを超える爆裂ヒットとなりました。
インターナショナルの週末興行収入が、R指定作品として、『マトリックス レボリューションズ』が持つ1億1700万ドルを抜き、最高記録を達成しました(その他のR指定作品、『300』(8900万ドル)、『ハングオーバー!! 史上最悪の二日酔い、国境を越える』(6030万ドル)、『セックス・アンド・ザ・シティ』(5900万ドル))。
また、33の国と地域で、ユニバーサル作品としての週末興行収入の最高記録を達成、 31の国と地域でR指定作品としての週末興行収入の最高記録を達成と記録づくめとなっています。公開された直後のアメリカでは、「素晴らしい!」、「言葉にできない」、「心を奪われた」など、絶賛コメントが相次いでいます。

フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ

同日に公開となった日本でも都心を中心に、10代後半から年配の女性、カップルを中心に好調に集客しています。
先日、続編である、「フィフティ・シェイズ・オブ・ダーカー」、さらに続く「フィフティ・シェイズ・オブ・フリード」の映画化も決定し、早くもファンたちが続編に期待を寄せています。
本作は、最終興行収入が世界で6億ドルを超えるのではないかと予想されており、新たな恋愛映画の伝説を生むのではないかと期待されています。
※興行収入は、2月16日付Box office analyst調べ

『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』
全国大ヒット公開中!!
(C)2014 Universal Studios
●次の記事もオススメ ——————
“エロマンス”を語る『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』バレンタイン祭
『ジュラシック・ワールド』、『テッド2』など2015年ラインナップ一挙発表!!
イケメン大富豪と恋愛経験なしの女子大生『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』
全世界累計1億部突破の大人のラブストーリー、待望の映画化!日本公開決定!