MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

橋本愛のサプライズで松岡茉優が涙!20歳の誕生日を祝う舞台挨拶!

ベルリン国際映画祭に正式招待された話題作『リトル・フォレスト 冬・春』がついに初日を迎えました。豪華キャストと監督の錚々たる面々が集結し、舞台挨拶を行いました。
そして2月16日に20歳の誕生日を迎える松岡茉優さんに、一足早くサプライズケーキ(リトル・フォレストにぴったりな農園をイメージしたケーキ)を用意し、約1年間の撮影で苦楽を共にした共演者一同がお祝いをしました。

リトル・フォレスト 冬・春


●『リトル・フォレスト 冬・春』初日舞台挨拶
日程:2015年2月14日(土)
登壇者:橋本愛、三浦貴大 、松岡茉優、温水洋一、桐島かれん、森淳一監督
場所:新宿ピカデリー スクリーン3
上映終了後、橋本愛さん、三浦貴大さん 、松岡茉優さん、温水洋一さん、桐島かれんさん、森淳一監督が登場すると、温かい拍手で迎えられました。
約1年間に渡って岩手県でオールロケを敢行した春夏秋冬の4部作がついに完結ということで、キャスト一同満足げな様子で会場を見渡していました。
バレンタインデーということで、ファンから「愛ちゃんの作ったチョコが欲しい!」と声がかかると、橋本さんは「ごめんなさい! 用意していません(笑)」と即答し、会場は大爆笑の渦に。
またサプライズで2月16日に20歳のお誕生日を迎える松岡茉優さんに、橋本さんが一足早くケーキと手紙を用意し、松岡さんを驚かせました。また橋本さんが手紙を朗読すると、松岡さんは涙を浮かべて感謝を述べ、プライベートでも仲の良い二人の、映画からそのまま飛び出してきたかのような微笑ましい様子に、会場は優しい空気に包まれました。

リトル・フォレスト 冬・春

MC:一言ずつご挨拶をお願いいたします。
森監督:1年に渡って撮影した作品がようやく公開になって感無量です。
橋本さん:休日の早い時間にこの映画を選んでくれてありがとうございます!
三浦さん:たくさんお客さんが来てくれてうれしいです。観ていただいたあとなので、わかると思いますが、(橋本さんより)2歳下(の役)に見えないですよね?(笑)
それだけ置いといたら楽しんでいただけたと思います(笑)
松岡さん:愛とは15、16歳で出会って3回目の共演で、やっと笑い合える役に巡り合いました。2人が岩手で実際に生活したら…こんな感じです。
温水さん:地元の人とたくさん触れ合えて、いい作品に出会えたなと思います。
桐島さん:私もこの映画が大好きです。生きていく上で「豊かな生活・生き方とは?」を考えさせられました。充電、デトックスされた気分になります。
MC:さて本作は、世界三大映画祭のひとつ、ベルリン国際映画祭「キュリナリー・シネマ部門」の正式招待作品として現地時間11日に上映されました。森監督、おめでとうございます。ベルリンでのお客様の反応はいかがでしたか?
森監督:岩手の郷土料理など興味を持ってもらえました。また、いち子と福子の母娘関係も、国は違えども理解できると言われて、通じるものがあったことにほっとしています。
橋本さん:みなさん、丁寧に感想を伝えてくださいました。
日本の特色が色濃く映し出された美しさや厳しさ、一人の女性が生きていく力強さが国境を越えて伝わったことがうれしいです。
MC:今週はベルリン映画祭での上映、そして公開初日とおめでたいことが続いていますが、「リトル・フォレスト」チームにとって、もうひとつおめでたいニュースがございます。明後日、2月16日はキッコ役の松岡茉優さんの20歳のお誕生日なんです!
松岡さん、おめでとうございます。
岩手県での1年間に渡る撮影で苦楽を共にしたスタッフ・キャストより特製バースディケーキの進呈です。

リトル・フォレスト 冬・春

松岡さん:この映画は主役のいち子、橋本愛が踏ん張っている作品なので、まさかなと思って、今「愛、誕生日いつだっけ?」と確認してしまいました(笑)。
ありがとうございます!
MC: ケーキは、チョコレートを畑の土に見立て、様々な野菜が育つ農園風デザインになっています。三浦さん、このケーキのデザインいかがですか?
三浦さん:すごいですね。この人参など何でできているのか原材料がわかりません(笑)
MC:「リトル・フォレスト」のスタッフ・キャストを代表して、映画の中だけでなく、プライベートでも非常に親しくなさっている橋本さんからお手紙で、お祝いメッセージをお願いいたします。
橋本さん:まだ出会って4年なのに、ずっと昔からの親友のようでした。
立派なので、やっと成人なんだと驚いています。
撮影期間中は何度も逃げたいと思ったけれど茉優がいてくれて頑張れました。
これからも茉優が輝くお手伝いをしていくつもりです。
いっしょに素敵な大人、女性になりましょう。これからもよろしくね。

リトル・フォレスト 冬・春

MC:松岡さん、橋本さんからのお祝いメッセージをお聞きになって、いかがですか?
松岡さん:ありがとうございます! 松岡、二十歳になりました!
●『リトル・フォレスト 冬・春』
物語の後篇となる「冬・春」でも、主人公・いち子(橋本愛)の食欲は旺盛です。
アズキのマフィン、凍み豆腐、手作り干し柿と大根のなます、野菜たっぷりのひっつみ、塩マスとノビルと白菜の蕾菜のパスタ、ジャガイモパン、つくしの佃煮、キャベツのかき揚げなど素朴で美味しい料理がたくさん登場します。
その一方で、突然失踪してしまった母との関係、いち子がひとりで小森に暮らすようになったいきさつが明かされ、自分を見つめ直し、一人の女性として成長するいち子が描かれます。

リトル・フォレスト 冬・春

原作:五十嵐大介(講談社 月刊アフタヌーン所載)
監督・脚本:森淳一「重力ピエロ」「Laundry」
プロデューサー:守屋圭一郎「永遠の0」、石田聡子
出演:橋本愛、三浦貴大、松岡茉優、温水洋一、桐島かれん
主題歌:FLOWER FLOWER「冬」「春」(gr8!records)
配給:松竹メディア事業部
『リトル・フォレスト 冬・春』
2月14日(土)全国ロードショー!
(C)「リトル・フォレスト」製作委員会
●次の記事もオススメ ——————
橋本愛『リトル・フォレスト 夏・秋』サン・セバスチャン国際映画祭出品にコメント