MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

監督自身、もしチャンスがあれば続きが観てみたいなと思えた作品

世界羨望の伝説的CGアニメ「アップルシード」の起源が、ここに
『アップルシード アルファ』
原作担当編集、荒牧監督、ボイスキャスト登壇!
スペシャルトークショー付特別上映会レポート
2004年にその革新的映像世界で国内外に衝撃を与えた「アップルシード」の待望の最新作『アップルシード アルファ』の大ヒットを記念してこの度、荒牧伸志監督、小松由佳(デュナン役)、諏訪部順一(ブリアレオス役)、そして原作「アップルシード」の担当編集小笠原成彦、ブリアレオスが登壇し、トークイベントが開催されました。

アップルシード アルファ


日時:2月7日(土)
場所:新宿バルト9
登壇者: 荒牧伸志監督、小松由佳(デュナン役)、諏訪部順一(ブリアレオス役)、小笠原成彦(青心社)、ブリアレオス(着ぐるみ)
2月7日、東京・新宿パルト9にて、スペシャルトークショーつき特別上映会が開催、デュナン役・小松由佳、ブリアレオス役・諏訪部順一、荒牧伸志監督、そして原作の発売元である青心社・小笠原成彦の4人が登壇しました。ちょうどこの2月で原作の発売から30周年を迎える『アップルシード アルファ』。まずは青心社の小笠原から、当時の思い出が語られました。
小笠原「最初は社長が『ブラックマジック』を持ってきたのがきっかけなんですが、まず驚いたのが原稿の完成度の高さ。また発売日からしばらく、書店から注文の電話が鳴り続けてたのを覚えています。その作品が30年を迎えて、こうして映画にもなって、多くのファンが集まる。そのことは「原作の面白さ」を証明し続けているんだな、と思いますね」。
また荒牧監督と原作者の士郎正宗さんは、デビュー当時、友人を介して顔を会わせたことがあったとのこと。
当時、一読者として原作に触れた諏訪部は「衝撃的でしたね。当時はまだ少年誌の漫画を主に楽しんでいたような時期だったので、ちょっと「難しい」と感じましたが、何度も繰り返し読むうちにそれが読みごたえに変わっていったんですよ」。
一方、弟に教えてもらったのがきっかけという小松は「同人誌の色が濃かったところが面白かったんですよね。あと、ファッションがオシャレ。メカと同じくらいに、ファッションにもこだわりを感じました」。

アップルシード アルファ

そこから話は、原作と今回の映画版の違いへ。
荒牧監督は、士郎先生とのやり取りについて。「士郎先生はすごく大胆でアグレッシブ。映画は新しい作品なので、どんどん変えてしまっていい、とおっしゃるんです。それこそブリアレオスに顔があってもいいんじゃないか、とか(笑)。そうしてやり取りも含めて、とても刺激的です」
さらに自身も原作のファンであることを公言している小松は「原作には、2人の恋人ならではのやり取りがある。例えば今回の映画でも、料理のシーンなんかは、そんな2人の関係を意識して、自分なりに気持ちを作って演じてみました」
一方の諏訪部は「原作の2人にはコミカルなやり取りも多い。今回の映画は、ストーリーがシリアスなこともあって、そういう会話が少なかったのが、ちょっと残念でしたね(笑)」。
トークショーのラストには、荒牧監督から「私自身も、もしチャンスがあれば続きが観てみたいなと思えたくらい、手応えを感じた作品。みなさんもぜひ、応援よろしくお願いします」とのコメントも飛び出しました。
本作は、新宿バルト9ほかにて絶賛上映中。新たな着想によってリブートされた『アップルシード アルファ』。その物語を、ぜひ劇場で観てください。

『アップルシード アルファ』
大ヒット上映中!
Blu-ray劇場限定版1月17日(土)発売
Blu-ray完全生産限定版2月18日(水)発売
配給・発売元:アニプレックス
Motion picture (C) 2014 Lucent Pictures Entertainment Inc./Sony Pictures Worldwide Acquisitions Inc., All Rights Reserved.
Comic book (C) 2014 Shirow Masamune/Crossroad
●次の記事もオススメ ——————
『アップルシード アルファ』30周年記念、士郎正宗トークつき上映決定
『アップルシード アルファ』荒牧監督、キャスト登壇初日舞台挨拶
大事なのは熱意!『アップルシード アルファ』荒牧伸志スペシャル講義
『アップルシード アルファ』驚愕映像の秘密が明らかに!
Gカップが揺れる!濡れる!五感で感じる『アップルシード』