MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

『牙狼<GARO>-GOLD STORM- 翔』がお披露目! 制作発表会開催

3月28日(土)から公開される劇場版『牙狼<GARO>-GOLD STORM- 翔』が完成。そのお披露目となるメディア向けの試写と、4月から放送開始となるTVシリーズのドラマ制作発表会が、秋葉原UDXシアターにて開催されました。
TVシリーズ『牙狼<GARO>~闇を照らす者~』の続きとなる本作は、劇場版を第0話として位置づけ、その後に続く物語が連続活劇としてTVシリーズとなります。
制作発表会には、道外流牙役の栗山航さん、莉杏役の南里美希さんのほか、原作・監督を務める雨宮慶太監督、それから新しいレギュラー出演者となる泉谷しげるさん、黒木桃子さん、井上正大さん、松野井雅さんが登壇し、撮影の裏側などを披露しました。
その様子をお届け……する前に、雨宮監督が「栗山君専用の牙狼を作ってあげたかった」と語った、初登場となる黄金騎士ガロ翔を紹介しましょう。
・黄金騎士ガロ翔
流牙、そして人類の危機にガロの鎧が戦闘的に進化した姿。

牙狼<GARO>-GOLD STORM-翔


●劇場版完成披露試写会&ドラマ制作発表会
日程:2月4日(水)
場所:秋葉原UDXシアター
登壇者:栗山航さん、南里美希さん、泉谷しげるさん、黒木桃子さん、井上正大さん、松野井雅さん、雨宮慶太監督

牙狼<GARO>-GOLD STORM-翔

劇場版『牙狼<GARO>-GOLD STORM- 翔』試写の後、劇場版に登場した栗山航さん、南里美希さん、泉谷しげるさん、黒木桃子さん、それから雨宮慶太監督が登壇しての挨拶となりました。まずは雨宮監督からご挨拶です。
雨宮監督:劇場版『牙狼<GARO>-GOLD STORM- 翔』がお披露目できてほっとしてます。牙狼として流牙の違う物語を描けるというのはすごくうれしいなと思います。
今回は、栗山君専用の牙狼を作ってあげたくて黄金騎士ガロ翔を作りました。この翔が、劇場版でお披露目、TVシリーズで主人公になります。

牙狼<GARO>-GOLD STORM-翔

●出演者から現場の雰囲気などをお伺いしました。
南里さん:『牙狼<GARO>~闇を照らす者~』の続きが必ずあると思っていたので、実際に出演させていただいてうれしかったです。その世界観を受け継ぎつつ、雨宮監督のファンタジー感とすごくマッチして、すてきな映画になったんじゃないかなと思います。
栗山君とまた一緒にお仕事できて楽しかったし、前回よりも息の合った撮影になったのでよかったです。

牙狼<GARO>-GOLD STORM-翔

栗山さん:僕も南里さんと一緒でよかったと思います。今、ドラマの撮影中なんですが、一緒にがんばっていきたいと思います。
それから、新キャストの泉谷さんがいつも現場をなごやかにしてくれるので楽しかったです。

牙狼<GARO>-GOLD STORM-翔

泉谷さん:俺はこういうイメージじゃないからよぉ~。しかも映画撮って、ドラマを撮るのはそれはいいけど、実は映画観させてもらってないんだよ。普通、試写とかあるだろ? 一回もお呼びがかからないんだよ。
だから監督に、「これ駄作なんじゃないか? これはもう、観せられない何かがあるな?」って言ったんだよw 今日の試写も記者に混ざって観ようとしたら止められちゃって、なんか問題あるんじゃないの?w
ただね、雨宮監督がスター監督なんですよ。彼が仕切っているのがすごく楽。ありがたいことにセリフをどんどん切ってくれるんですよ。もう名監督だね。

牙狼<GARO>-GOLD STORM-翔

黒木さん:『牙狼<GARO> -魔戒ノ花-』では重要なラスボス役を演じさせていただいたので、まさか2シリーズ連続で出演させていただけることになるとは思っていなくてすごく感激しました。

牙狼<GARO>-GOLD STORM-翔

雨宮監督:最初から泉谷さんにD・リンゴ役をやってもらいたいと思ってました。それでリンゴのかみさんを出したかったんだけど、泉谷さんのかみさんがやれるイメージの人がなかなかいなくて。どんな人がきてもたぶんダメだろうなと思って、うちの最終兵器・黒木桃子を出したら見事にはまりました。
泉谷さん:監督は、巨乳が好きだよねぇ。ほとんど巨乳じゃん。楽屋でもんでるんじゃねぇの?
雨宮監督:楽屋の話がそのまま続いてるw
泉谷さん:楽屋はもっとひどいですよ。南里いじめみたいなものがあってw ひっどいんだよ、NG女って言われてて。南里にこの衣装汗臭いなって言ったら怒り出したんだよね。大物だよ、お前はw

牙狼<GARO>-GOLD STORM-翔

●それぞれのキャラクターについて
栗山さん:気にしてたのは黄金騎士としての立ち居振る舞いです。でも流牙の色は落としたくない。流牙の色を出しつつ黄金騎士の大意振る舞いをするのはすごく考えたところです。アクションも、アクション監督と一緒に流牙っぽさを出しつつ、アクションするように考えてました。
南里さん:前作よりアクションがすごくて、映画入る前からアクション監督の方に鍛えてもらってがんばりました。流牙のパートナーとしてよりコンビネーションが描かれてるのかなと思ってます。

牙狼<GARO>-GOLD STORM-翔

泉谷さん:謎が多いリンゴだけど、謎も何も完成品を見てないからねぇ。嫌でも謎になっちゃうでしょw
ありがたいことにこの年齢でもアクションらしきものをさせてもらえるというのはいいね。この年齢になるとさ、痴呆老人か、ベッドで横たわっている役が増えちゃうわけじゃない。でも「走れー!」とか気持ちいいんだ。もう足腰立たなくなるんだけど。そういうところ容赦ないからね、この監督はw
NGはうるさいし、特にアクションはこだわるわな。普段の演技はわりとおまかせに近いんだけど、アクションはうるさいよね。
雨宮監督:アクション映画なんでw
泉谷さん:アクションは気持ちいいよ。日本の年寄りはアクションさせないからいけないんじゃないかなと思うよ。
黒木さん:リンゴのパートナーということで、泉谷さんと最初お会いする前はどんな怖い人が来るのかしらと半分びびり気味でした。でも、実際お会いしてみて、ものすごく優しく接してくださって、現場でもすごく勉強になります。
泉谷さん:おっぱいばっかり見てたw

牙狼<GARO>-GOLD STORM-翔

●ここで泉谷さんと黒木さんは一旦退場。TVシリーズのレギュラーとなる井上正大さんと松野井雅さんが登壇し、TVシリーズの話題となりました。
雨宮監督:井上に初めて会ったのは、牙狼の撮影の横で井上が撮影していて、その監督が知り合いだったんで話をしました。井上が牙狼好きだって言って、サインしてくれというので牙狼描いてあげたら喜んでくれて。代わりに、僕が持ってた仮面ライダーのカードにサインしろと言ってサイン好感をしました。たまたまディケイドのレアカードを持ってたんだけど、サインしたせいでスキャンできなくてゲームが遊べなくなりましたw
井上さん:牙狼の敵ジンガ役です。金に対抗できるのは銀ということで銀髪に染めました。頭皮が痛いです。最終話までに頭皮がはがれてないか心配なので、頭皮をかけてがんばっています。

牙狼<GARO>-GOLD STORM-翔

銀髪ってキープが難しくて4日間で金髪に戻ってしまうんです。だから、4日に1度染めてるんですよ。ものすごくたいへんです。
栗山さん:その話必要?
井上さん:頭皮かけてるんで!w
もちろん撮影スケジュールもタイトで、撮影スタッフさんも夜遅くまでやってるんですが、僕はひたすら頭皮の心配をしていますw
スタッフのチームワークがよくて、自分でも役作りをしてきたんですけど、スタッフも一緒に役作りをしてくれます。みんなで作ったジンガが放送されるのが楽しみです。
松野井さん:『牙狼<GARO>~RED REQUIEM~』の時に牙狼の世界を体感して、すごく感動して、そのインパクトが忘れられないままいました。今回テレビドラマシリーズが2クールあるので、監督・スタッフと長い期間ご一緒できるんだなと思うとうれしくて楽しみにしてました。

牙狼<GARO>-GOLD STORM-翔

莉杏ちゃんもそうですが、足を出していたり、腕を出していたり、出すとこ出しています。アクション練習から入れると夏からスタートしてるんですが、いま撮影の時期が極寒なので寒くて気合いが逆に入ります。
南里さん:私は冬のほうが好きで、夏の暑さが好きじゃなかったんです。でも今は、ほんとに命の危険を感じるくらい寒い撮影日があって、何よりつらいです。
栗山さん:魔戒騎士の衣装は冬も夏も最悪なんです。冬は寒いし、夏は暑い。こう見えて、意外と寒いんです。冬は体が固まっちゃうのでそれがたいへんです。

牙狼<GARO>-GOLD STORM-翔

●最後にお一人ずつメッセージをいただきました
松野井さん:ジンガとアミリはまだまだ謎が多いキャラクターです。これから1話1話観ていく中で、どんなことを考えているのかとか、性格とかもわかってきます。1話たりとも見逃せない作品になっているので、毎週観ていただきたいと思います。
井上さん:連続2クールなので、半年間、頭皮のことを心配しながら、誠心誠意がんばっていきたいです。一人でも多くの人に観ていただきたいと思っています。
栗山さん:頭皮を?
井上さん:頭皮は逆に観てほしくないですw ちょっとはげたなと言われてしまうと心が折れてしまうのでジンガを観てください。

牙狼<GARO>-GOLD STORM-翔

南里さん:『牙狼<GARO>~闇を照らす者~』を観ていた人も観ていない人もどちらも楽しめる作品になっていると思います。そして、いままでにないような展開やアクションが見どころになっています。よろしくお願いします。
栗山さん:劇場からつながっている作品なので、劇場版を観ていただいてからドラマに入っていただけたらより楽しんでいただけると思います。ぜひ劇場に足を運んでください。
雨宮監督:『牙狼<GARO>-GOLD STORM- 翔』は流牙と莉杏、ジンガとアミリの2組の男女の戦いの物語と考えてます。牙狼だからこういうふうにしようとかいうことはなく、血肉の通ったペア同士がぶつかりあうというところを大事にして撮影しています。それがうまくアクションとつながってると思うので、そういうふうに観てもらえるとうれしいです。
井上については、特撮ヒーロー物の中で、史上最悪というか、いちばん悪いやつにしようと思っています。
これまで牙狼の名前は知ってるけど観たことがない人がまだまだいます。今作は、そういう人がいちばんとっつきやすいというか、わかりやすく、見せ場がたくさん入ってる作品になっています。
劇場版を観なくてもTVシリーズのお話がわかるようにはなっていますが、できれば劇場版から観てほしい。今回連続活劇というのを目指してます。その連続活劇のおもしろさをスタッフ一丸となって作っていますのでよろしくお願いします。

牙狼<GARO>-GOLD STORM-翔

この後、黄金騎士ガロ翔を含めたフォトセッションが行われ、発表会は終了しました。

劇場版『牙狼<GARO>-GOLD STORM-翔』
3月28日(土)新宿バルト9他、全国32館ロードショー!
TVシリーズ『牙狼<GARO>-GOLD STORM-翔』
4月よりテレビ東京系、BSスターチャンネル、CSファミリー劇場にて放送
(C)2014「GOLD STORM」雨宮慶太/東北新社
(C)2015 雨宮慶太/東北新社
→『牙狼<GARO>』特設ページ