MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

破竹の勢いで『ビリギャル』55万部突破! 有村架純、学年ビリの金髪ギャルに!?

55万部突破の奇跡の実話、遂に実写映画化!
今年もっとも書店で目を惹いた、あの金髪ギャルの制服女子高生の書影が印象的な「学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話」が監督・土井裕泰、脚本・橋本裕志、主演・有村架純で映画化決定!
中学、高校と全く勉強しなかった学年ビリのギャルが、1年で偏差値40を上げいかにして慶應義塾大学現役合格という奇跡を勝ち取ったのか―。

ビリギャル


子どもを伸ばすノウハウも織り込みながら、軽妙な笑いを交えたタッチで感動の実話を描き、新聞やテレビで話題となっている『ビリギャル』。「ビリギャル」さやかの受験奮闘記、そしてそれを支える家族の物語として楽しめるだけでなく、子供の教育、さらにはビジネスシーンでの部下の教育などでも参考にされている本作が、ついにスクリーンに登場します!
●学年ビリ、超ミニスカ、金髪ギャルを演じるのは若手人気No.1女優の有村架純!
主演をつとめるのは、NHKの朝ドラ『あまちゃん』(2013年)でみずみずしい好演が話題を呼び一躍人気女優となった有村架純。近年ではジブリ作品の『思い出のマーニー』のヒロイン役の声優、舞台『ジャンヌ・ダルク』でも主演を務め、今後も主演作が目白押しで若手人気No.1女優と呼び声も高い。これまで「清純派」というイメージの強い役柄が多かったが本作では、原作本の表紙にもある「金髪ギャル」に変身。成績学年ビリ、超ミニスカート、金髪ギャルである“さやか”という役どころをどのように演じるのか期待が高まります!
●監督は『ハナミズキ』の土井裕泰、脚本は『テルマエ・ロマエII』の橋本裕志
この奇跡の実話を映画化するにあたってメガホンを取るのは『いま、会いにゆきます』、『涙そうそう』、『ハナミズキ』など数々のヒット作を生み出している土井裕泰。脚本には『テルマエ・ロマエII』の大ヒットが記憶に新しい橋本裕志。監督、脚本ともにヒットメーカーが揃い、理想のタッグが実現しました。
●この奇跡は、あなたにも起こる! 1人の教師との出会いが、金髪ギャルとその家族の運命を変えた。感動の嵐を呼んだ笑いと涙の実話
「聖徳太子」を「せいとくたこ」と読み、東西南北も知らず、地球が丸いことも知らない成績学年ビリ、金髪ギャルのさやか。高校2年生にしてその学力は小学4年生レベルの女子高生が、一人の教師との出会いから「慶應大学合格」という無謀とも言える目標に挑戦する。
一時はグレてしまったが、一心不乱に勉強に励むさやかの姿が、周囲を変え、やがて家族をも変えていく。そこには、心から信頼できる教師との出会い、そしてユニークな指導法があった。“ゼッタイ無理”に挑んだある女の子と一人の教師、そしてそれを支える友人と家族。感動の嵐を呼んだ笑いと涙の実話!
これはあなたにも起こる奇跡の物語。
●ストーリー
名古屋の女子高に通うさやかは、勉強は一切せず毎日朝まで友達と遊びほうける日々。
このままでは大学への内部進学すら危ういと心配した母・ああちゃんは、さやかに塾へ通うことを提案する。そこで入塾面接に行ったさやかは、教師の坪田と運命の出会いを果たす。
金髪パーマ、厚化粧に耳にはピアス、極端に短いミニスカートにへそ出しというギャル全開の姿で現れたさやかに一瞬面食らう坪田だったが、見た目はハデでも素直な性格だとすぐに気付いた坪田はさやかと打ち解け、ふたりは慶應大学への受験合格を約束することに!
しかし当のさやかの成績は偏差値30の学年ビリ。学力テストをしても、聖徳太子を“せいとくたこ”と読み、「太った女の子だからこんな名前付けられたんでしょ?」と言う始末で、高校2年生にして小学4年生の学力しかなかった。
そんなさやかの教室大爆笑の珍解答の連続にも、「君の発想は天才級だね」と褒める坪田。「日本地図くらい描けるよね?」、「無理っしょ普通」、「東西南北わからない!?」、「そういうの私、ホント無理だわ~。私の友達絶対知らないから」
一体どうやって生きてきたのか理解できない知識の欠如。しかし坪田だけは、この愛すべきアホぶりの中に、すごい可能性が秘められていると踏んだのだった―。
「さやかが慶應とかチョーウケる!」と、はじめはノリで慶應大学合格という目標を掲げたさやか。当然、絶望的な高い壁に何度もぶち当たるが、やがて自分のために必死になる坪田の姿を見て、ガッカリさせないために、そして愛情を注ぎ応援してくれる母・ああちゃんの為に、さやかファンの不良少年レイジの励まし、ギャル仲間の友情にも支えられ、さやかは本気で勉強に取り組むようになっていった。
果たして、偏差値30のギャル・さやかは偏差値70!の慶應大学にいかにして現役合格を果たせたのか!?
●登場人物:工藤さやか(くどうさやか)(17)― 有村架純
名古屋の女子高に通う女子高生。なかなか友達ができない幼少期を過ごし、中学・高校でやっとできた友人と遊びに明け暮れた結果、成績は学年ビリの落ちこぼれ。友人の影響で金髪ミニスカートのギャルになり、「この家族は失敗だ!」と言い放つ父親との激しい対立もあり、素行不良で何度も停学に。学校の校長には「人間のクズ」と言われたことも―。
高校2年生の夏、小学4年生レベルの学力しかないという状況の中、坪田先生との出会いを機に日本最難関レベルの私大・慶應義塾大学の現役合格を目指すことになる。持ち前の超前向きな性格を武器にへらず口をたたきながら必死に努力した結果、1年で偏差値を40上げ、慶應義塾大学に現役合格する。
・有村架純コメント
「ギャル」という役柄が果たして自分にできるのか、とお話をいただいたときは驚いたのですが、実際に原作や台本を読ませていただくと「ギャル」という言葉のイメージとは異なってとても素直で一途な女の子だったので、やらせていただくのが楽しみになりました。
お話も単に慶應を目指して受験に奮闘する女の子の話というよりは、さやかさんが一生懸命頑張って、一途に「思う」気持ちが先生、家族、友達の心を動かしていくというお話なので、その中で人との関係性、さやかさん自身の成長などを私なりにまっすぐに一途に演じられればと思います。ドキドキしていますが、撮影を楽しみにしています。
・土井裕泰監督コメント
さやかちゃんと坪田先生、家族の起こした小さな奇跡の物語は、私たちに明日から「頑張る」勇気とヒントを与えてくれます。汗と涙と笑いのいっぱいつまった、とびきりの青春映画にしたいと思います。
ビリギャル・原作者・坪田信貴コメント
この度、拙著「学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話」が、映画化されることを光栄に思っています。さやかちゃんとは、当時、「君が慶応に受かったら本になるよ、映画になるよ!」という話をしていました。
今をときめく有村架純さんが主演、名監督の土井さん、素晴らしい脚本家の橋本さんと名プロデューサーの那須田さんという最高のチームが映画ビリギャルを制作してくださる。これ以上にワクワクする事はございません。
ビリギャルは「受験の話」でもありますが、それ以上に「ある家族の愛と成長の話」です。多くの人にとって、家族のありがたさを再確認する機会になると幸いです。ぜひ映画ビリギャルを応援してくださると嬉しいです。
●スタッフ・キャスト
出演:有村架純
監督:土井裕泰(『いま、会いにゆきます』、『涙そうそう』、『ハナミズキ』ほか)
原作:坪田信貴「学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話」(株式会社KADOKAWA アスキー・メディアワークス刊)
脚本:橋本裕志(『テルマエ・ロマエII』ほか)
『ビリギャル』
5月1日(金)全国ロードショー!
(C)2015映画「ビリギャル」製作委員会