MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

新世代の注目若手俳優が織り成す青春ストーリー『あしたになれば。』公開日決定

若手注目俳優・小関裕太と、次世代のヒロインとして期待を寄せられる女優・黒島結菜がW主演し、三原光尋監督が大阪の南河内地区を舞台に描いた映画『あしたになれば。』が2月14日(土)より大阪府あべのアポロシネマにて先行公開、3月21日(土)より角川シネマ新宿ほかで全国順次公開されることが決定しました。
本作は、ひょんなことから地元の町おこしのためのグルメコンテストに出場することになった高校生達が、恋や友情に悩みながらも成長をとげていく青春ストーリー。物語の舞台は、大阪市から電車でわずか20分程度の南河内地区。古墳や寺社仏閣で知られ、広大なぶどう畑が広がる羽曳野市・藤井寺市・太子町の全面的な協力のもと、撮影が行われました。

あしたになれば。


夏の甲子園予選に負けたことが原因で野球部から足が遠のいている、主人公で高校2年生の大介は、夏休みにひょんなことから友人の元や、健二、昭吾とともに町おこしのためのグルメコンテストへの参加を勧められる。当初は渋っていた4人だったが、隣の女子高に通う玉子、そして美希の参加により、思春期の高校生の心に火が灯される。
現在放送中のドラマ「ごめんね青春!」(TBS/2014)や映画『ぶどうのなみだ』に出演の小関裕太が主人公の大介を演じ、思春期特有のモヤモヤした高校生役を好演。ヒロインの美希役を、来年3月公開の映画『ストロボ・エッジ』や来年公開予定の『ストレイヤーズ・クロニクル』にも出演し、注目度が急上昇している黒島結菜が演じます。
さらに来春放送予定の、朝の連続テレビ小説「まれ」(NHK/2015)にも出演が決まっている期待の若手俳優・葉山奨之や、赤井秀和・清水美沙といったベテランが脇を固めています。監督は、13年前に同じ南河内地区を舞台にした映画『あしたはきっと・・・』でもメガホンを取った三原光尋が務めました。

あしたになれば。

●人気シンガーソングライター奥 華子が主題歌を書き下ろし!
奥華子が映画『あしたになれば。』の主題歌“君がくれた夏”を書き下ろしたことが明らかになりました。
奥華子は2006年公開の劇場版アニメーション『時をかける少女』の主題歌“ガーネット”で注目され、心に染み入るキャッチーなメロディと歌詞で、幅広い層から支持を受けるシンガーソングライター。

奥華子

この度、主題歌を書き下ろした奥華子は「映画を観終わった時、心の中にあった瑞々しい青春時代の記憶が蘇りました。そんな物語の最後に流れる音楽として、何度も映像を観ながら作らせて頂きました。映画と一緒に楽しんで頂けたら嬉しいです。」とコメントを寄せました。
また映画の予告編では、思春期まっただ中の高校生たちが、グルメコンテストという目標に向かって団結しようと意気込む様子や、友達や家族との関係に悩みながらも奮闘する姿が瑞々しく映し出されています。そこに奥華子の真っ直ぐに届く歌声がマッチし、いつの時代も普遍的な青春像に花を添えています。

●ストーリー
大阪府南東部に位置する南河内市。ぶどう畑に囲まれた自然豊かな郊外を舞台に、高校2年生の大介(小関裕太)は、夏の甲子園予選に負けたことが原因で野球部から足が遠のいてしまう。
夏休み、暇を持て余す大介だったが、ひょんなことから友人の元(葉山奨之)や、健二(小川光樹)、昭吾(山形 匠)、そして隣の女子高に通う美希(黒島結菜)と玉子の6名で、地元の町おこしのためのグルメコンテストに出場することになる。

あしたになれば。

当初は美少女の美希が目当てで参加していた大介たちだったが、徐々に料理の奥深さに気づきはじめる。同時に、大介と元が抱く美希への思いも強くなっていく。
そんな中、美希が突如練習に来なくなる。いったい美希が抱える悩みとは……。果たして彼らは無事にコンテストを迎えることができるのか。そして大介、美希、元の三角関係の行方は……。

あしたになれば。

●キャスト・スタッフ
出演:小関裕太 黒島結菜
葉山奨之 小川光樹 山形匠 富山えり子
赤間麻里子 / 清水美沙 赤井英和 ほか
監督:三原光尋
脚本:三原光尋 小森まき
音楽:きだしゅんすけ
主題歌:奥 華子「君がくれた夏」(ポニーキャニオン)
挿入歌:佐々木友里/タカハシコウスケ「タリナイオモイ」
製作:丸山勇雄/村田亮/長田安正/菅谷英一/山国秀幸
企画:村田亮
プロデユーサー:吉見秀樹
撮影:鈴木周一郎
照明:濱田博史
録音:光地拓郎
編集:宮島竜冶
整音:西山 徹
音響効果:中村佳央
衣装:池田友紀
ヘアメイク:宮崎智子
助監督:土岐洋介
製作担当:三島翔一
製作協力:羽曳野市/藤井寺市/太子町
後援:羽曳野市教育委員会/藤井寺市教育委員会/太子町教育委員会
製作:「あしたになれば。」製作委員会
制作プロダクション:サモワール
配給・宣伝:ユナイテッドエンタテインメント
2015年/日本/カラー/ステレオ/98分
『あしたになれば。』
2月14日(土)より、大阪・あべのアポロシネマにて先行公開!
3月21日(土)より、角川シネマ新宿ほか全国順次公開!
(C)「あしたになれば。」製作委員会