MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

ジュラシック・パークにようこそ!日本版予告編第一弾解禁!

ジュラシック・ワールドあのテーマパークが20年の時を経て、ついに《オープン》を迎える!!
『ジュラシック・ワールド』衝撃の第一弾予告映像WEB解禁!
さらにテーマパークサイト日本版がオープン!
『ジュラシック・パーク』(約1030億円)、『ロスト・ワールド/ジュラシック・パーク』(約620億円)、『ジュラシック・パークIII』(約370億円)と、3作合計で全世界興行収入累計2000億円を超える超メガヒットシリーズの最新作『ジュラシック・ワールド』が2015年8月7日(金)より全国公開されます。
この度、本作の第一弾日本版予告編をWEB解禁!
さらに22日、太古の琥珀に閉じ込められたDNAから遺伝子工学によって蘇った恐竜たちが生息する“究極のアミューズメント・パーク”を案内するテーマパークサイト日本版を公開されました。


スティーヴン・スピルバーグ製作総指揮!
恐竜が《エンターテインメント》となった世界!!
本シリーズの第1作・第2作で監督を務めたハリウッドのヒットメーカー:スティーヴン・スピルバーグが製作総指揮をつとめ、これまでのシリーズの迫力をそのままに、壮大なスケールで世界最高のテーマパーク、そして新たな恐竜の世界を作り上げました。
主人公には『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』で一躍知名度を上げたクリス・プラット、さらに『ターミネーター4』のブライス・ダラス・ハワードらが名を連ね、初の長編作がサンダンス映画祭で高く評価された気鋭の新人コリン・トレボロウがメガホンをとります。
今回解禁となる映像では、かつてない程極秘裏に製作され全てがベールに包まれていた本作の一部が明らかに。
これまでのシリーズではオープンにまで至らなかったあのテーマパークがついにオープン。巨大な恐竜の姿を間近で楽しむ姿や、巨大なプールで行われる恐竜へのエサ付けシーンなど、迫力ある場面が次々に登場します。

さらに本日公開されたテーマパークサイトでは、その安全性と最新技術、各エリアで楽しめるアトラクションについて紹介。「私たちは、イスラ・ヌブラル島を人間と恐竜たちにとって安全にするための出費を惜しんだことはありません。」という創始者ジョン・ハモンドの挨拶をはじめ、ニュース・フィードではパークの最新情報を更新、マップでは「モササウルス、エサやりショー」や「ハモンド・クリエーション・ラボ」、「Mr.DNAのガイドツアー」といったパーク内にある施設について案内。その他にもパークのレストランメニューや、パーク内にいる恐竜の詳細などを説明しています。
これまで様々なトラブルに見舞われ、オープンを断念していたパーク。今回は最新システムにより安全が保たれ、なんの問題もなくお楽しみいただけるはずですが、果たして…?
また、製作総指揮を務めるスティーヴン・スピルバーグからは「皆さん、ついにオープンを迎えるジュラシック・パークにようこそ!」というコメントも届いています。
『ジュラシック・ワールド』
原題:Jurassic World
監督:コリン・トレボロウ
製作総指揮:スティーヴン・スピルバーグ
原案:マイケル・クライトン(『ジュラシック・パーク』、『ロスト・ワールド/ジュラシック・パーク』、『ジュラシック・パークIII』)
出演:クリス・プラット(『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』)、ブライス・ダラス・ハワード(『ターミネーター4』、『お気に召すまま』)、タイ・シンプキンズ、ニック・ロビンソン
配給:東宝東和
『ジュラシック・ワールド』
2015年8月7日(金)、遂にオープン!
(C) UNIVERSAL STUDIOS & AMBLIN ENTERTAINMENT, INC.