MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

講談社「ITAN」連載中『昭和元禄落語心中』TVアニメ化決定!

昭和元禄落語心中第17回「文化庁メディア芸術祭」マンガ部門優秀賞
第38回「講談社漫画賞」一般部門受賞作品
『昭和元禄落語心中』がTVアニメ化決定!
さらに新作OADの第一弾メインキャスト発表!
講談社「ITAN」にて連載中、繊細な人間描写で高い評価を得る雲田はるこ原作による『昭和元禄落語心中』。昭和の落語界を舞台にした噺家の愛おしき素顔と業を描く本作が、この度TVアニメシリーズ化されることが12月5日発売の「ITAN」23号内にて発表されました。
また、2015年3月6日(金)発売の最新コミックス第7巻特装版に付属となる新作OAD「昭和元禄落語心中」『与太郎篇・前編』の第一弾メインキャストも発表となりました。


本作の主人公であり、ムショ時代に聴き惚れた落語家・八雲に弟子入りを志願する元チンピラの与太郎役に関智一、「昭和最後の名人」と評されるも、苦悩に満ちた半生を送る孤高の落語家・八代目有楽亭八雲役に石田彰、八雲に養女として育てられながらも、八雲とは深い因縁関係を持つ小夏役に小林ゆうといった、豪華声優陣が揃う。
本格落語作品のアニメ化とあって、追って発表となる第二弾メインキャストの発表にも期待がかかる。さらに、「ITAN」23号ではアニメ第一弾キービジュアルも初公開。
●あらすじ
刑務所の落語慰問会で見た大名人・八雲の「死神」が忘れられず、出所した与太郎が真っ先に向かった先は、寄席だった。拝み倒して八雲の住み込みの弟子となった与太郎だが、八雲の元では小夏という女性が暮らしていた。八雲と小夏には他人が容易に触れられない因縁があるらしく……。
繊細な人間描写で高い評価を得る雲田はるこ原作による、昭和の落語界を舞台にした噺家の愛おしき素顔と業を描く期待の一作。
第17回「文化庁メディア芸術祭」マンガ部門優秀賞受賞。第38回「講談社漫画賞」一般部門受賞。
『DVD付き 昭和元禄落語心中 第7巻特装版』
2015年3月6日(金)発売
新作OAD『与太郎篇・前編』メインキャスト
与太郎:関 智一
八代目有楽亭八雲役:石田 彰
小夏こなつ役:小林ゆう
※2015年8月7日(金)新作OAD「与太郎篇・後編」付き特装版第8巻発売!
※その後のTVアニメシリーズ化決定!
※さらなるキャスト・スタッフ情報は次号のITAN24号(2月6日(金)発売)にて発表予定!