MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

『牙狼<GARO>-炎の刻印-』第10話、クライマックス突入!

好評放送中の『牙狼<GARO>-炎の刻印-』。第9話放送終了。
実写版だったらもうラスボスクラスのホラーがどーんと登場。
修業の仕上げの試練として戦うアルフォンソの目に、魔戒騎士たちの戦いはどのように映ったのでしょうか。

牙狼<GARO>-炎の刻印-


さて第10話のあらすじが届きました。いよいよクライマックス突入!
ここから3話、見逃せませんよ!
●第10話「破戒 -FALLEN BLOOD-」
脚本:小林靖子
絵コンテ:林祐一郎
演出:武藤健司
作画監督:福田ノリユキ、武内 啓、雀ふみひで
ヘルマンがかつて友と呼んだ男ベルナルド・ディオン。遠き日、共に過ごした懐かしい時間。ロベルトとベルナルド、そしてアンナ…彼らの身に何があったのか?
そして語られる宿敵メンドーサの過去。それぞれの想いが交差する時、哀しい物語が幕を開ける。全ては守りし者であるが故。

『牙狼<GARO>-炎の刻印-』公式サイト:http://garo-project.jp/ANIME
公式twitter:@anime_garo
(C)2014「炎の刻印」 雨宮慶太/東北新社
→『牙狼<GARO>』特設ページ