MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

【ろこどる】×流山白味淋200年祭コラボイベント開催!

TVアニメの放送が終了した『普通の女子校生が【ろこどる】やってみた。』が千葉県の流山でイベントを開催!
『普通の女子校生が【ろこどる】やってみた。』は、そもそも架空の都市・流川市を舞台として繰り広げられるお話だが、実は千葉県の流山市をモデルにした描写が随所に登場する。そのため、流山市の市役所やファンの方々から多数のお声をいただき流山市商工課流山本町・利根運河ツーリズム推進室と流川市ふるさと振興課の業務提携が決定した。その業務提携記念として10月13日には流山市内にて多数の【ろこどる】イベントを開催することとなった。

普通の女子校生が【ろこどる】やってみた。


まず実施されたのが、流山キッコーマン工場の駐車場を中心として行われた「流山白味淋200年祭」でのステージショーや、グッズの販売などだ。流山白味淋が誕生して今年がちょうど200年ということで開催されたこのイベントに【ろこどる】も参加させていただき、流山の方々や、【ろこどる】ファンの方々が交流できるような企画を実施した。
作品の舞台である流川市でも「味淋」が名産であることから、会場内では「白みりん」と大きくプリントした限定Tシャツや会場限定アイテムを販売。多くの方々が訪れ、物販ブースは終始待機列が途切れず、賑わいを見せていた。
会場内の特設ステージでは、千葉のマスコットキャラクターであるチーバくんや、キッコーマンのマスコットキャラクターなあにちゃんなどの着ぐるみたちが登場する「粋なゆるキャラショー」が開催され、そこに流川市のマスコットキャラクター魚心くんも参戦!ステージには大勢の方々が訪れ、キャラクターたちのパフォーマンスに歓声があがっていた。ステージ終了後は来場者との記念撮影会となったが、撮影タイムとなるとキャラクターの周りに多数の方々が詰めかけ、大撮影会となっていた。

普通の女子校生が【ろこどる】やってみた。

そして、同じイベント内で【ろこどる】のキャスト陣が登場するトークステージも開催された。こちらのステージは、流山キッコーマン工場の向かいにある流山小学校の体育館で開催され、宇佐美奈々子役の伊藤美来さん、三ケ月ゆい役の吉岡麻耶さん、名都借みらい役の水瀬いのりさんが出演した。出演者陣も、会場で限定販売されていた「白みりん」Tシャツを着用してイベントに臨んだ。
会場の体育館が満員になるほどのファンの方々が来場し、キャスト陣がステージに登場すると、大きな歓声に包まれた。出演者は全員小学校の体育館という場所でのイベントが初めてだったとのこと。作品のモデルとなった流山市でイベントができたらとずっと思っていたとのことで、こうして実現できてとても嬉しいと、各々の感想を語っていた。

普通の女子校生が【ろこどる】やってみた。

ステージの途中では、魚心くんも壇上に登場! 現在エントリーしている「ゆるキャラグランプリ」のPRもしたところで、出演者陣みんなでTVアニメの挿入歌である「あぁ流川」のライブ披露となった。作品を象徴する曲でもあり、会場のファンも一緒に歌っての大合唱となった。
その後、前日が誕生日であった伊藤美来さんへのサプライズとして、流山白味淋誕生200年記念の白味淋を、アニメの製作員会からプレゼント。伊藤さんはとても驚いた様子ながら、白味淋を今後使って行きたいと思いを語った。最後に、ファンへのメッセージを一言ずつ頂いたところで、トークショーは終了した。
「流山白味淋200年祭」が終了すると、今度は会場を移動して流山おおたかの森S.C内にあるTOHOシネマズにて、TVアニメの第10話~12話、OVA「流川、案内してみた。」の上映会が開催された。上映された話数では、TVアニメの終盤で主人公の奈々子たちのユニット「流川ガールズ」が参加する「ロコドルフェスタ」というイベントに関わるお話が描かれている。Blu-ray&DVDVol.1にのみ収録されたOVAではその「ロコドルフェスタ」の後日談のお話だ。
その映像を大スクリーンでみんなで見ようと、多くの方々がつめかけ、会場は満員となっていた。しかも、この上映会を開催した「流山おおたかの森S.C」とそっくりのショッピングがTVアニメの中にも登場するため、来場したファンはその点も魅力的なイベントだったようだ。

普通の女子校生が【ろこどる】やってみた。

上映会の前には、またもキャストの伊藤美来さん、吉岡麻耶さん、水瀬いのりさんが登場し、上映される話数に関するエピソードなどを語った。3人とも、今度は「流川市」と大きく文字がプリントされたTシャツを着用していた。TVで放送された最終回の12話では、全員で「あぁ流川」を歌うシーンがあるのだが、その日アフレコ現場にいたメンバーみんなで歌ったそうで、とってもレアな声優陣の大合唱となっていることを明かし、この後本編を見るファンの方々の期待を煽った。
また「ロコドルフェスタ」は名古屋で開催されている設定から、同じく名古屋で開催された世界コスプレサミットというイベントに参加した伊藤さんや吉岡さんは、その時の思い出を語っていた。TVアニメでも登場する「ナナちゃん人形」との記念撮影が特に記憶に残っているようだ。そして、その世界コスプレサミットに参加できなかった水瀬さんは、別のイベントなどで名古屋に伺った際にたくさん美味しいものをいただいた、というような話を繰り広げ、ファンのみなさんの興味を誘っていた。
トークコーナーの最後には、前日誕生日であった伊藤さんへ、再度サプライズが!奈々子の顔が描かれたケーキが会場内に登場すると、出演者と来場者みんなでバースデーソングを大合唱。伊藤さんの嬉しそうな表情が印象的であった。

普通の女子校生が【ろこどる】やってみた。

その後、これから上映をご覧になる来場者に向けて、見所などを語った出演者たちは退場し、映像上映会となった。
上映会の途中では、拍手や笑いが起きたり、時にはライブシーンに合わせて手拍子が行われたりと、会場が一体となって作品を楽しんでいる姿が伺えた。上映会が終わると、「流山白味淋200年祭」を終えて駆けつけた魚心くんが登場! 来場者全員を見送り、イベントは幕を閉じた。
出演者とファンが一緒になって作品を楽しんだ、温かいイベントであった。
TVアニメ公式サイト:http://www.tbs.co.jp/anime/locodol/
オフィシャルTwitter:@locodol_anime
(C)小杉光太郎・一迅社/流川市ふるさと振興課
→2014年7月アニメ新番組特設ページ