MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

The SALOVERS&蛭子能収“犬レイプ”「百姓勃起」フルバージョンPV解禁!

松竹配給にて11月22日(土)より公開となる、爆音ムチャぶりエンターテイメント映画『日々ロック』。この度、劇中で異彩を放つ超アングラ系バンド“犬レイプ”が歌う「百姓勃起」のフルバージョンPVが解禁されました。
犬レイプは蛭子能収とロックバンドThe SALOVERSのメンバーによって結成された劇中バンド。ボーカル・犬飼佑一郎役の古舘佑太郎をはじめ、藤井清也(ギター)、小林亮平(ベース)、藤川雄太(ドラムス)とThe SALOVERSの全員が本作に参加、さらに犬レイプの象徴である“犬を掲げる”パフォーマンスを担当の象徴さんを蛭子能収が担当しています。

日々ロック


犬レイプは主人公・日々沼拓郎(野村周平)たちのバンド”ザ・ロックンロールブラザーズ”と共にライブハウス・モンスターGOGOでライブ活動をしており、拓郎たちの良き理解者。
そんな彼らのライブシーンとなる本映像は、どこか切なげな表情で「年貢米…年貢米…」と歌う犬飼の歌声に、感動するような、やっぱりしないような…。ちなみに、蛭子さんの抱っこしている犬はライブハウスという独特な撮影環境にもかかわらず、ほとんど吠える事もなく、まるで蛭子さんの腕の中で安心しきっているかのようだったそうです。
劇中で観ることのできる彼らのライブシーンは一部のみのため、フル尺で彼らのパフォーマンスが観られるのは本映像のみ!
・犬レイプ「百姓勃起」
タイトルの時点で好き嫌い、というか、「これはありなのか?」という疑問が涌くだろうが、それはそれとして、映画を観ればきっと多くの人が、ボーカル・犬飼佑一郎のアホさと熱さにやられてしまうはずである。そして、もう一度この曲を聴くとあら不思議。オムライスと年貢米を歌ったシュールな描写に人生賛歌的な「肯定」が聞こえてくる(んじゃないかなと思う)。
The SALOVERSを追いかけてきたリスナーからすれば、古舘の焦燥感と人恋しさは来るところまで来た、それがこの映画だった――という物語には妙に納得できるものがある。壮絶なラストシーン含め、古舘の演技がむちゃくちゃいい。

公式Facebook:https://www.facebook.com/hibirock.movie
公式Twitter:@hibirock_movie
『日々ロック』
11月22日(土) 全国ロードショー
(C)榎屋克優/集英社 (C)2014「日々ロック」製作委員会