MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

『暗殺教室』葵わかなが原作にないオリジナルキャラで出演決定!

葵わかな映画『暗殺教室』
若手注目女優・葵わかな
映画オリジナルキャラクターで出演決定!
少年漫画誌「週刊少年ジャンプ」(集英社刊)にて2012年連載開始直後から話題となり、2014年には「この漫画がすごい!2014」オトコ版1位を受賞。2012年11月に第一巻発売後、約2年弱という驚異的なスピードで累計発行部数1100万部(既刊11巻)を突破するコミックス『暗殺教室』。
“暗殺×教育”という相容れない二つの要素を掛け合わせた斬新な設定と、“殺せんせー”をはじめ、ユーモア過ぎる(!?)キャラクターたちが子供から大人まで、まさにあらゆる世代に受け、今や「ONE PIECE」「NARUTO-ナルト-」に匹敵する超人気漫画となりました。そんな『暗殺教室』が、いや……、“殺せんせー”がまさかまさかの「実写」映画化!


笑って、共感して、そして、ビックリする新しいコミカル教育エンタテインメントが来年の春、いよいよ開校します!
山田涼介を主演に迎え、菅田将暉、山本舞香、竹富聖花、優希美青、上原実矩をはじめとするフレッシュな俳優陣が3年E組の生徒たちに。
さらに、防衛省から派遣され、E組の副担任として生徒たちの暗殺技術面をサポートする烏間先生役に俳優、椎名桔平。外国語教師・ビッチ先生役として女優、知英(ジヨン)が出演。
さらに、メガホンをとるのは、『海猿』シリーズ、『MOZU』シリーズなどを手掛けた、
羽住英一郎監督。先日、実写版“殺せんせー”のビジュアルも解禁となり早くも話題を集めている本作。
そして今回、先日発表された3年E組の豪華俳優陣に加え、若手注目女優・葵わかなの出演が決定!! 唯一、原作には登場しない、映画オリジナルキャラクターとなっています。
主人公・潮田渚の幼なじみという役どころで、E組になった渚を心配するもなかなか話しかけられずに気まずくなってしまう……。
フレッシュなキャストが加わり更に勢いを増す映画『暗殺教室』にご期待ください!
・斎藤綾香(葵わかな)
椚ヶ丘中学校3年B組の生徒で潮田渚の幼なじみ。
E組になってしまった渚を心配する。
なかなか話しかけられず気まずくなってしまうが、E組で活き活きと過ごす渚の姿を見守っている。
・葵わかなコメント
暗殺教室の映画に出させていただけてとても嬉しく思っています。
私が演じさせていただく斎藤綾香は渚の幼なじみという役なのですが、出てくるキャラクターの中で数少ない3年E組以外のクラスの生徒です。
渚役の山田さんをはじめとする3年E組の生徒のみなさんには優しくしていただいて、すごく仲がよくて楽しそうで羨ましいな、なんて思ったりしながら撮影をしていました。
私が感じたこんな気持ちをみなさんも感じながら楽しんでいただけるのではないかなと思っています。
完成がとても楽しみです!
●ストーリー
「殺せるといいですねぇ、卒業までに」
僕らの先生は超生物=標的(ターゲット)
進学校「椚ヶ丘中学校」の落ちこぼれクラス3年E組に、どう見ても人間ではない謎の生物が突如担任教師として現れた。
その生物は月を7割破壊し、1年後の3月に地球を破壊すると予告したタコ型の超生物。
最高移動速度はマッハ20! 多くの暗殺者や軍隊が暗殺を試みたものの、逆に“お手入れ=ピカピカに更生”される始末。
地球破滅へのタイムリミットが近づく中、自ら、政府に椚ヶ丘中学校3年E組の担任となる事を提案したという……。
その授業は国家機密!
世界を救うため、国から謎の生物=通称・殺せんせー(ころせんせー)の暗殺任務を秘密裏に託されたE組の生徒たち。なんと、成功報酬は100億円。
潮田渚たちE組の生徒は戸惑いながらも、あの手この手で暗殺を試みるのであった。
「先生には“見捨てる”という選択肢はありません!」
超高速で生徒たちの“暗殺”を回避していく殺せんせー。
生徒の教育と心の“お手入れ”を忘れない生徒想いの一面も。
周囲から見放され、他人を信じる事、そして自信を持つことを忘れていた生徒たちは、意外なまでに“担任”として真っ直ぐと向き合う殺せんせーの姿に、少しずつ“ヤル気”が芽生えてくるのであった。
はたして、生徒たちは卒業までに目的を果たせるのか?
そして、謎の超生物“殺せんせー”の意外な目的とは?
原作:『暗殺教室』松井優征(集英社「週刊少年ジャンプ」連載)
脚本:金沢達也
監督:羽住英一郎
『暗殺教室』
2015年3月21日全国東宝系にてロードショー!
(C)2015松井優征/集英社・映画「暗殺教室」製作委員会