MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

ぜひ続編に出演したいね!『ドラキュラZERO』ワールド・プレミア開催!

これまで描かれることのなかったドラキュラの英雄伝説を、最新VFXを駆使し壮大なスケールで描くアクション・エンターテイメント超大作『ドラキュラZERO』が東宝東和配給にて、10月31日(金)より公開されます。
膨大な数の世にあふれるドラキュラ物語のモデルとなった実在の男、ヴラド・ドラキュラ。歴史に名を刻む〈英雄〉であり、15世紀半ばにトランシルヴァニア地方を治め、人々から敬愛された君主だった彼は、いったいなぜ21世紀の今日に至るまで、恐怖と共に語られる存在となったのか? そこには、今まで描かれることのなかった、驚愕の英雄伝説が隠されていた──。

ドラキュラZERO


実在のモデルをベースに描かれるこの物語では、これまでのドラキュラのイメージを一新。VFXを駆使した今まで見たことのないスタイリッシュさを放つ、アクション・エンターテインメント超大作に仕上がっています。
この度、本作のワールド・プレミアが10月1日現地時間ロンドンのレスター・スクウェアで開催され、主演のルーク・エヴァンスほか、サラ・ガドン、チャールズ・ダンス、ゲイリー・ショア監督らが出席しました。

ドラキュラZERO

黒のスーツに身を包み、会場に集まった大勢のファンへのサインや写真撮影に快く応じたエヴァンスは、完成した本編を観て「1400年代にこの世に実在していた“串刺し公”ヴラド・ツェペシュが主人公で、彼の父親、戦士、君主、そして夫としてのストーリーを中心に描かれているから、みんなが慣れ親しんだ話ではないんだ。正直、僕は大体どんな感じになるか把握できていると思っていたけど、全く違ったよ。すごく驚かされたし、実に見事だよ。」と興奮した様子でコメント。

ドラキュラZERO

ガドンは白いレースに黒いスカートのシックなスタイルで会場を魅了し、人々がドラキュラに惹かれる理由について「それは、セクシーだからよ。それに、人間として本質的に興味があるテーマについて考えさせられるからじゃないかしら。たとえば、愛、誘惑、支配欲、自制心について。飽きることはないわ。」と自身の想いを語りました。
また、ヴラドと契約を交わす闇の存在を演じたチャールズ・ダンスは、エヴァンスを大絶賛。「ルークは、イケメンで素晴らしい才能の持ち主であるだけではなく、ものすごく優しかったよ。彼に爪を立てたり、年寄りの息を顔に吹きかけたりしても一度も文句を言わなかったんだ!」
さらに、続編の可能性を問われたエヴァンスは「もしみんなが望むのであれば、ぜひ続編に出演したいね!」と出演に意欲を見せていました。
ドラキュラZERO・ルーク・エヴァンス コメント
1400年代にこの世に実在していた“串刺し公”ヴラド・ツェペシュが主人公で、彼の父親、戦士、君主、そして夫としてのストーリーを中心に描かれているから、みんなが慣れ親しんだ話ではないんだ。正直、僕は大体どんな感じになるか把握できていると思っていたけど、全く違ったよ。すごく驚かされたし、実に見事だよ。
出演したすべての作品で習得したあらゆるスキルが、次の作品に活かされてる。今回の場合も『ホビット 決戦のゆくえ』の撮影を終えたばかりだったから、そこで得た剣術はすべて活かせたし、新しい技も覚えたよ。
もし観客が望むのであれば、ぜひ続編に出演したいね!
・サラ・ガドン コメント
ドラキュラ伝説のモデルとなった実在の人物であるヴラド・ツェペシュについて色々と勉強したことが、ルークと私にはとても役に立ったわ。彼の残虐的で暗い過去があったことを知った上で私達は本当のスタートラインに立てたと思うし、お互いにそこから役作りを展開して現代の人々にも親しみやすくリアルな人物像を作り上げていったの。
撮影中は大体どのような感じになるかを模型や絵コンテで説明してもらっていたんだけど、完成した本編を見た時には本当にビックリしたわ。VFXは最高よ! スゴイとしか言いようがないわ。
監督との仕事はすごく楽しかった。誰かの初めての作品に出演できることはとても特別なことだと思うの。すべての始まりに携わることができて、とてもエキサイティングだったわ。
ドラキュラZERO・チャールズ・ダンス コメント
ブラム・ストーカーが創り上げたヴァンパイアは、とても奥深い。人は背筋がゾクゾクする話が好きなんだよね。
ルークは、イケメンで素晴らしい才能の持ち主であるだけではなく、ものすごく優しかったよ。彼に爪を立てたり、年寄りの息を顔に吹きかけたりしても一度も文句を言わなかったんだ!
・ゲイリー・ショア監督 コメント
実在したヴラドが生きていた時代は、ちょうど印刷機が発明された時期と重なり、彼が血を飲む話はセンセーショナルなホラーストーリーとして初めて世界的に出回った話なんだ。この作品の背景となる歴史に基づいた話と、フィクションである誰もが知っているブラム・ストーカー原作のドラキュラと結び付けたんだ。
ドラキュラは、おそらく外側のイメージと内面とのギャップが人を引きつけるんじゃないかな。ヴラドの場合、彼は上品で礼儀正しい君主なのに、実は危険で恐ろしいヴァンパイアであることが、複雑な人間性を上手く捉えていて、興味が尽きないんだと思うよ。

配給:東宝東和
『ドラキュラZERO』
10月31日(金)TOHOシネマズ 日劇他全国ロードショ―
(C)Universal Pictures