MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

南果歩、イ・ウンウ、廣木監督『さよなら歌舞伎町』釜山映画祭レッドカーペット

染谷将太×前田敦子×監督:廣木隆一×脚本:荒井晴彦
『さよなら歌舞伎町』
南果歩、イ・ウンウ、廣木隆一監督参加
第19回釜山国際映画祭レッドカーペット
9月14日(日)に終了した第39回トロント国際映画祭のワールドプレミアでも高い評価を得ました話題の映画『さよなら歌舞伎町』(東京テアトル配給:2015年1月24日(土)公開)。

さよなら歌舞伎町


本作はトロント国際映画祭に続きアジア最大級の国際映画祭、第19回釜山国際映画祭(会期:10月2日(木)~10月11日(土))の「アジア映画の窓」部門に出品されました。華々しく映画祭の幕開けを飾った開幕式の司会を俳優の渡辺謙が務めたことでも話題となりました。
10月2日(木)18:00(現地時間:日本同時刻)より行われました同映画祭のオープニングセレモニー・レッドカーペットに、本作から時効を待つラブホテルの清掃員という個性的な役を印象的な演技で魅了する南果歩とキム・ギドク監督最新作『メビウス』も話題のイ・ウンウ、そして廣木隆一監督が参加しました。

さよなら歌舞伎町

●『さよなら歌舞伎町』第19回釜山国際映画祭 オープニングセレモニー・レッドカーペットイベントレポート
日時:10月2日(木)
場所:Busan Cinema Center
出席者:南果歩、イ・ウンウ、廣木隆一監督
アルベルタ フェレッティの赤いロングドレスとショーメのハイジュエリーをまとい、会場内でもひときわ華やかな装いを魅せ登場した南果歩。場内からの「果歩さーん」という熱い声が鳴り響くなか、メディアの取材にも笑顔で「参加できて嬉しい」と応えていました。フォトコールにはイ・ウンウ、監督、南果歩の順で登壇。
並びは左から南、監督、イ・ウンウ。女優のふたりは小さくカメラマンに手を振るが、監督は右腕を大きく突き上げてアピール。3人とも満面の笑みで報道陣に応える。降壇時にイ・ウンウがモニタに映し出されるが、変わらない笑顔で最後まで会場を沸かせた。
南果歩コメント:ずっと来たかった釜山国際映画祭に初めて参加できて嬉しいです。廣木監督と一緒に仕事をしたのも初めてですが、現場でとても丁寧で細やかな演出をされていて、監督の映画に出演したいと思っていたので、こうやって一緒にレッドカーペットを歩けて嬉しいです。毎年、祖父母のお墓参りに釜山経由で来たり、この街自体に愛着があるので『さよなら歌舞伎町』を公開前に釜山国際映画祭で観てもらえるのが嬉しいです。親戚も観に来ているんです。

さよなら歌舞伎町

廣木隆一監督コメント:アジアのナンバー1の映画祭だけあって観客のすごく温かい空気でいっぱい。
(ふたりの女優とレッドカーペットを歩いたことについて)このアジアのプレミア上映の場で南果歩さんとイ・ウンウさんふたりと一緒にいられて嬉しいです。南さんは撮影以来、イ・ウンウさんとは久々に再会できて、本当にみんなでつくった映画がここにいるというのは幸せな気持ちにさせてくれる。
『さよなら歌舞伎町』
2015年1月24日(土)、テアトル新宿ほか全国順次公開!
(C)2014『さよなら歌舞伎町』製作委員会1