MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

愛あるウ○コチ○チ○・ウェスタンに感動!(みうらじゅん談)

絶賛のコメ…ントじゃないけどなんか気になる!
有吉弘行に続き、みうらじゅんからもコメント到着
全世界で550億円というR指定オリジナルコメディ映画史上No.1のヒットを記録し、日本でも40億円を超える大ヒットで空前のブームを巻き起こした映画『テッド』のセス・マクファーレン監督最新作『荒野はつらいよ ~アリゾナより愛をこめて~』が、シンカ/パルコ配給にて10月10日(金)より公開となります。

荒野はつらいよ ~アリゾナより愛をこめて~


『テッド』でファンタジー映画の常識を打ち破ったセスが次に選んだのは、歴史上最高レベルにイカれていた(?)であろう西部開拓時代の田舎町。「古き良きワイルド・ウエスト」なんてロマンチックに語り継がれるフロンティア伝説をセスは真っ向否定し、地味で冴えない羊飼いの“西部劇らしからぬ”生きざまを、斬新な視点で描きます。
テッドの日本語吹替えを担当した有吉弘行さんが「テッドとは違うんだろう。下ネタやマニアックなギャグはないきんちょう感のある西部劇だと思った自分が恥ずかしい。下品な映画じゃねえかよ(笑)!!」とコメントしていた本作。この度、そんな有吉さんに引き続きイラストレーターのみうらじゅんさんからも絶賛ならぬ絶妙なコメントが到着しました。
セス・マクファーレンの映画がただの西部劇で終わるわけがない!と、公開を心待ちにしている方も多いかと思いますが、実際問題どんな展開が待っているのか? そんなみなさんの疑問に答えるように、みうらさんは絶妙な一言で本作の魅力を表現しています。
●みうらじゅんコメント
オレもかねがね荒野はつらいと思っていたので 愛あるウ○コチ○チ○・ウェスタンに感動! みうらじゅん(イラストレーターなど)
どうでしょう? いろんな意味で映画に興味がわく、前代未聞の素晴らしいコメントではないでしょうか?
この一言に本作の魅力が凝縮されています!
有吉さん、みうらさんのコメントの意味は、ぜひあなたの目でお確かめください。

『荒野はつらいよ ~アリゾナより愛をこめて~』
10月10日(金)TOHOシネマズ シャンテ他全国ロードショー
(C)Universal Pictures