MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

岡田将生、本格アクション初挑戦!『ストレイヤーズ・クロニクル』2015年公開

『MOMENT』、『真夜中の五分前』、『WILL』など多数の作品を発表、独自の世界観を築き上げ、幅広い世代から支持を得る鬼才・本多孝好氏が手がけた新感覚アクション巨編『ストレイヤーズ・クロニクル』が、鮮烈な映像表現と超実力派俳優たちが高次元の融合を果たし、完全実写映画化され、2015年全国公開が決定しました。
2012月4月に「ACT-1」が刊行され、同年10月に「ACT-2」、翌2013年4月に完結編となる「ACT-3」を発表。デビュー時から「生と死」を主題とした作品が多かった氏が、「今までとは違うものを書く」という言葉通り、生まれながらにして特殊能力をもった若者たちの心の動きや、スピード感のあるバトルシーン、さらには、挿絵を漫画家の田島昭宇氏が担当するなど、娯楽性を重視した作品となっています。

ストレイヤーズ・クロニクル


哀しき宿命を背負う若き異能者たちと、それに立ちはだかる強烈な存在感を魅せる政治家たち。多くの際立ったキャラクターが登場する群像劇を『桐島、部活やめるってよ』で日本アカデミー優秀脚本賞を受賞した喜安浩平がフレッシュにまとめあげ、『ヘブンズストーリー』(ベルリン映画祭国際批評家賞受賞)や『アントキノイノチ』など、国内外から高く評価される瀬々敬久監督がソリッドな演出で描き出します。
キャスト陣には、岡田将生をはじめ、染谷将太や成海璃子など、映画、テレビ、舞台などで活躍を続ける若き実力派が集結。視覚、視神経、脳伝達速度が高度に発達し、視覚で得た情報のみですべての体術を駆使できる最強の男・昴を岡田将生が演じ、自身初となる本格アクションに挑みます。
また、車イスでの生活を余儀なくされるも、最凶のウィルスとその抑制抗体を体内に併せ持つ、昴と敵対する[アゲハ]のリーダー・学を染谷将太が演じ、成海璃子が超聴覚力により昴や仲間たちを窮地から救う沙耶を瑞々しくも丹念に演じます。さらに、『仮面ライダーウィザード』で主演を務めた白石隼也や、『渇き。』で衝撃的な役柄に挑んだ清水尋也、『クローズ EXPLODE』 でハードなアクションに挑んだ栁俊太郎、「劇団EXILE」のメンバー鈴木伸之、本作で映画デビューを果たす瀬戸利樹ら、フレッシュなキャストが名を連ねます。

ストレイヤーズ・クロニクル

また、本作の鍵を握る外務副大臣・渡瀬を伊原剛志が担い、石橋蓮司、豊原功補が渋みのあるアクションを披露します。極限を超えた能力≪ハイパーエクストリーム≫VS遺伝子操作による異種混合能力≪ハイブリッドアブノーマル≫VS暗躍する政治家たちの野望≪ダークポリティクス≫ 三つ巴の戦いの行方はいったい!?
・岡田将生さんコメント
今回お話を頂いて、驚いたのは瀬々監督がアクションを撮るんだ!ということでした。今回の作品のようなイメージが監督にはないですし、僕もアクションをやったことがなかったので、なんでやったことのある人にオファーしないんだろうって。(笑)
アクションに関しては時間がある限り練習させてもらって、基本の動きであったり見せ方であったりをイチから教えてもらっていました。アクションの撮影は現場でどう変わるか分からないですし、その変化に負けないように一生懸命ついていこうと思っています。楽しみです。
この作品は若者たちの疾走感があって、社会派のメッセージ、ある意味、社会派アクションという意識が常に頭の中にあります。 僕演じる昴が葛藤しながらも前を向いて生きていこうとする思いも分かるので、演じがいがあるなというふうにも感じています。『アントキノイノチ』でご一緒させて頂いてからすごく信頼してますし、自分の命を削っているような瞬間をかいまみることがある監督のもと、現場で感じたものを演じていければいいなと思っています。
今までも、自分ではチャレンジ精神を持ってやってきているので、アクションも役柄も含めて、こういう役を与えて頂けたことはすごく嬉しいですし、これまでとは違った一面を見せられるよう、それに応えたいと思っています。
・染谷将太さんコメント
特異な役は多い方なのですが、今回は車椅子に乗っていて、いきなり突拍子もないことを言い出して、かなり感情が不安定な役なんです。それをどうやろうかと思っています。撮影初日に、瀬々監督から「素っぽい感じでギリギリな感じでそこに居て欲しい」と言われてこれはかなりハードルが高いぞと思いました(笑)。
素っぽく、いかれてるって事は、俺がいかれてないといけないって事かなって思い、しびれました(笑)。大変だぞって。だからキャラクターを決めつけずこのシーンでは凄いダウナーだけど、このシーンでは凄い楽しそうと、全然読めない不安定さをやっています。自分の中では新しいチャレンジですし、自分も何が出てくるかわからないっていうのが楽しみです。
・成海璃子さんコメント
瀬々監督の作品は拝見していたのでいつかご一緒したいなと思っていました。なので、監督が瀬々さんというだけで、やりたいなって思いました。あとは経験したことがないくらい若い同世代のキャストが多くて、ご一緒する人も面白そうな人が多そうだなって思って興味が沸きました。
特殊能力を持った孤立した存在なので、より仲間の絆が凄く深いな、と脚本を読んで感じたので、絆の強さと見た目は普通だけど、普通じゃない、という事を意識しています。私の役は岡田さん演じる“昴にぃ”が大好きな役なので、「大好きな昴にぃだ」と自分に言い聞かせてやっています。(笑)

ストレイヤーズ・クロニクル

・瀬々敬久監督コメント
原作は、世代闘争のようなところがあります。渡瀬というボス的な人たちと、彼らみたいな若者たちが戦ったり、共鳴し合ったりするのですが、自分たちが生きている場所について不安を持っている、それでも生きていかなければならない。今を生きる上でとても大事なテーマが根底にあるので、そういう意味で岡田くんたち若い世代の息吹を吸って撮りたいなと。
アクションにしても、お芝居にしても、それぞれが持っている感情、エモーションを大事にしていきたいと一番に思っています。大変な時代だろうけど若者が頑張って生きている感じをチャーミングに描きたい。岡田くんに関してはピュアで、誰も見たことのない岡田将生をここで見せる!というのがテーマです。
・アクション監督 下村勇二さんコメント
岡田将生さんにはアクションのセンスを感じます。フォームが非常にキレイで1、2回練習するだけで形になる。頭で理解するのと同時に、そのまま身体で体現できる貴重な才能があります。
日本映画では珍しい題材のアクションだと思います。 登場人物がそれぞれ違う特殊能力を持って戦うので、アクションのバリエーションは豊富です。キャストの皆さんは運動神経が良い方が多いので、アクショントレーニング中に生まれた動きをそのままアクションシーンに取入れたものもあります。 今回はアクションを構築する上で「能力」の定義や表現方法が難しく悩みどころですが、その分日本映画にはあまり見られないタイプのアクションになると思います。
・原作者 本多孝好さんコメント
『映像では体験できない映像体験』をしてもらいたい。そんな思いを込めて書いたのが、この『ストレイヤーズ・クロニクル』シリーズです。映像ではなく、小説だからこそ『見せられる』物語がある。この小説を書くに際して、私の中にはそんな対抗意識が確かにありました。
映像を超えようと書かれたこの小説をベースに、熟練の監督と若く才能あふれるキャストたちがどんな映像を作り出していくのか。それはきっと、私の頭の中にはなかった新しい『ストレイヤーズ・クロニクル』であるはずです。今はその誕生をわくわくしながら待っています。
・佐藤貴博プロデューサー コメント
映画『桐島、部活やめるってよ』を制作している最中に本多先生の『ストレイヤーズ・クロニクル』を読みました。先行き不透明で将来に夢を持つことも困難な時代を生きている若者たちを至近に感じていたところだったので、運命に翻弄されながらも懸命に生き抜く若者をアクション満載に描ききる本多先生の小説は抜群に面白くて、すぐに実写映画化の提案をしました。
『桐島~』の喜安さんによる鮮烈にして瑞々しいセリフ、『桐島、部活やめるってよ』『私の男』『そこのみにて光輝く』を手掛け世界の注目を集める撮影・近藤さん&照明・藤井さんの美しく物語的な映像、『GANTZ』のアクション&VFXチームによる斬新にして衝撃的なアクション。この日本最高最強の才能をベルリン映画祭など世界の映画人から尊敬を集める瀬々監督が情熱と哲学性を持ってまとめあげてくれています! これまでの日本映画では見たことのない、美しく衝撃的な青春アクションエンターテイメントが生まれようとしています。
キャストも岡田くんが初の本格アクションに挑み、クールな格好良さを存分に魅せてくれています。さらに染谷くん、成海さんら若手実力派と、伊原さん、石橋さん、豊原さんらの重厚な俳優陣の演技世代間闘争もシビレます。またオールロケーションにこだわり、お台場・汐留・日本橋・秋葉原・代官山・西新宿など東京の今を切り取り、ナイター撮影での美しいTOKYOを舞台に激しいアクションを展開しています。才能が集結し、ぶつかり合い限界超えて撮影現場は突っ走っています! ハイパーな青春アクションをお楽しみに!!!

ストレイヤーズ・クロニクル

●ストーリー
1990年代の始め、バブル経済に踊る日本で秘密裏にある実験が行われていた。
……ヒトは自らの意志で進化することが可能なのだろうか……。
実験には二つの方法が選択された。一つは両親に強いストレスをかけ生まれた子供に突然変異を促し、極限まで人間の能力を発達させる方法。もう一つは遺伝子操作によって動物や昆虫の能力を持つ子供を生み出す方法。この忌まわしき実験により生まれた二組の若者たちが、20歳になろうとしていた……。
視力・聴力・筋力などを異常発達させられた昴(スバル:岡田将生)ら若者たちは、その力の代償として「破綻」と呼ばれる精神崩壊の危険を抱えていた。その「破綻」解消のカギを握る衆議院議員・外務副大臣の渡瀬(伊原剛志)からの裏の仕事を、その異能力を活かして渋々解決していた。
そんな時、渡瀬を狙う殺戮集団“アゲハ”が現れる。アゲハもまた異能力者たちだった。同じ宿命を抱えながら闘いあうことになる二組の若者たち。戦いの過程で彼らの出生の秘密が、人類進化の鍵であることをつかむ。
しかし、それは同時に人類滅亡につながる危機も内包していることが判明する。彼らを利用しようとするもの、排除しようとするもの。あらゆる世代、思惑が絡み合いながら、異能力を持った若者たちは戦い傷つけあう。彼らの未来は、そして人類に残された道とはいったい……。
●キャスト
昴(スバル):岡田将生 《超高速処理・超視神経発達=未来が見える》
主人公。視覚、視神経、脳伝達速度が高度に発達し、相手の動きの先を読み反応するため、すべての攻撃をかわすことができる。またその神経発達により、視覚で得た情報のみですべての体術を駆使できる最強の男。いわば「未来が見える」力を持つ。
学(マナブ):染谷将太 《最凶のウィルスとその抑制抗体を体内に併せ持つ・アゲハリーダー》
アゲハリーダー。車イス。その体内に致死率80%を超えるウィルスを保持し、学が死ぬとそのウィルスが拡散してしまう。「僕の能力は感染する」
沙耶:成海璃子 《超聴覚力》 スバルチーム
亘:白石隼也 《超腕力・無痛》 スバルチーム
良介:清水尋也 《超記憶力》 スバルチーム
隆二:瀬戸利樹 《超高速移動》 スバルチーム
モモ:(未発表) 《鉄鋲発射》 アゲハチーム
静:(未発表) 《幻惑毒婦》 アゲハチーム
ヒデ:栁俊太郎 《身体硬化》 アゲハチーム
壮:鈴木伸之 《超高速移動》 アゲハチーム
碧(アオイ):(未発表) 《高周波レーダー機能・唯一の希望》 アゲハチーム
渡瀬浩一郎/伊原剛志
衆議院議員・外務副大臣。昴やアゲハのプロジェクトを秘密裡に引き継ぎ暗躍する。その真意は謎に包まれているが、圧倒的な行動力とカリスマ性で絶大な力を誇る。
●スタッフ
監督:瀬々敬久(『ヘブンズストーリー』、『アントキノイノチ』など)
原作:本多孝好「ストレイヤーズ・クロニクル」集英社刊
キャスト:岡田将生 染谷将太 成海璃子
白石隼也 清水尋也 栁俊太郎 鈴木伸之 瀬戸利樹 豊原功補 石橋蓮司 伊原剛志
脚本:喜安浩平(『桐島、部活やめるってよ』“第37回日本アカデミー賞優秀脚本賞受賞”)、瀬々敬久
撮影:近藤龍人(『私の男』『桐島、部活やめるってよ』ほか)
アクション監督:下村勇二(『GANTZ』、『プラチナデータ』、『図書館戦争』)
企画製作:日本テレビ放送網
制作プロダクション:ツインズジャパン
配給:ワーナー・ブラザース映画
『ストレイヤーズ・クロニクル』
2015年全国ロードショー
(C)2015「ストレイヤーズ・クロニクル」製作委員会