MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

日本中が笑って泣いた『最強のふたり』の監督と主演が再タッグ!『サンバ』12月公開

第27回東京国際映画祭 特別招待作品決定!
日本中が笑って泣いた、『最強のふたり』の監督と主演が再タッグ!
『サンバ』邦題&公開決定!

サンバ


本国フランスをはじめ、全世界で驚異的な大ヒットを記録、日本でもミニシアター公開ながら135万人を動員し、興行収入16億円を記録した奇跡の映画『最強のふたり』。
その監督と主演オマール・シーが再びタッグを組んだ待望の最新作『SAMBA(原題)』が、早くも第27回東京国際映画祭特別招待作品に選ばれました。
本作の邦題が『サンバ』と決定し、日本公開が12月よりTOHOシネマズ シャンテ、新宿武蔵野館ほか全国順次ロードショーが決定しました。
今回、オマール・シーが演じるのは10年間暮らしたフランスから国外退去を命じられた、ついてない男サンバ。悲惨な境遇にいながらも、その笑顔とユーモアで周囲の人たちを明るくしていく不思議な青年だ。前作『最強のふたり』でもみせたそのキラースマイルで、観るもの全てを魅了する。
共演は、フランスの名女優シャルロット・ゲンズブール。サンバにひかれる“燃え尽き症候群”の女性アリスを、時に優しく、時に激しく演じる。サンバの相棒、ウィルソンを演じるタハール・ラヒムとオマール・シーのコミカルなやりとりは、まさに新たな『最強のふたり』。粗野で短気で女好き。だけどみんなを明るくする。本作にご期待ください!
●あらすじ
アフリカからフランスに来て10年、料理人を目指して真面目に働く青年サンバに、ある日突然、国外退去命令が出される。ビザ更新通知にうっかり気付かず、拘束されるはめに。そんな絶体絶命の彼の前に現れたのは、移民協力ボランティアの女性、アリス。
大企業のキャリアウーマンだったが、“燃え尽き症候群”となりドロップアウトした過去を持つアリスは、窮地の中でも屈託ない笑顔を向けてくるサンバに興味を持ち、彼を救おうと尽力することに。
さらに、陽気なブラジル移民ウィルソンや、破天荒な法学生マニュなど、サンバの周りには彼の不思議な魅力にひかれた人たちが集まってくる。皆、心に傷を抱えているが、笑顔を忘れないサンバといると、楽しい気持ちになっていく。生まれも境遇も全く違う人たちのおかしくも風変わりな関係はいつまでも続くかに思えたが、ある日、サンバの身に思いもよらぬことが起こり―。
監督・脚本:エリック・トレダノ、オリヴィエ・ナカシュ『最強のふたり』
出演:オマール・シー『最強のふたり』、シャルロット・ゲンズブール『メランコリア』、タハール・ラヒム『ある過去の行方』
配給:ギャガ
『サンバ』
12月26日(金)TOHOシネマズシャンテ、新宿武蔵野館ほか全国順次ロードショー
(C)2014 Splendido-Quad Cinema/Ten Films/Gaumont/TF1 Films Production/Korokoro