MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

デンゼル・ワシントン初のシリーズ化?全米初登場No.1!

『トレーニング デイ』のデンゼル・ワシントン(アカデミー賞主演男優賞受賞)とアントワーン・フークア監督の強力タッグにあわせ、クロエ・グレース・モレッツ初の娼婦役で注目されていた最新アクション・エンタテインメント作品『イコライザー』が先週9月26日(金)北米3,236スクリーンで公開され、3500万ドル(約38億1500万円/1ドル=109円換算)の成績を収め、週末成績No.1に輝きました。またIMAX 352スクリーンでも公開され、歴代IMAX公開9月作品の中で最高の数字を叩き出しました。

イコライザー


特筆すべきはデンゼル・ワシントン主演の公開作品が12作連続で2000万ドル越えのオープニング数字をあげ、そのうち10作品がR指定作品であるということから、デンゼルは多くのハリウッドスターの中でも安定した成績を上げ続けられ、かつ大人の鑑賞に耐える作品の主演を張れるビッグスターという認識がより確固たるものとなったことです。
また、今回の大ヒット前にすでに脚本家は続編執筆に着手しており、デンゼル演じるマッコールが人知れず悪を抹消する闇のヒーローであることから、US版“必殺仕事人”シリーズがデンゼル・ワシントン初のアクションシリーズになりそうなことも大いに話題となっています。

イコライザー

公式Twitter:@equalizerjp #映画イコライザー
『イコライザー』
10月25日(土)新宿ピカデリー、丸の内ピカデリー他全国ロードショー