MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

『新劇場版「頭文字D」Legend1 -覚醒-』ドライバーズミーティング開催

新劇場版 頭文字D Legend1何度でも楽しめる作品! プロドライバー太鼓判! 藤原拓海もリアルに実在!?
『新劇場版「頭文字D」Legend1 -覚醒-』の大ヒットを記念し、9月22日(月)新宿ピカデリーにて、音響監修に携わったグッドスマイルレーシングのレーシングドラバー谷口信輝選手、片岡龍也選手、本作のCG クリエイティブプロデューサー松浦裕暁氏を招いての「ガチだ!『頭文字D』ドライバーズミーティング」が開催されました。
日時:9月22日(月)12:40~13:10
場所:新宿ピカデリー スクリーン8
登壇者:レーシングドライバー 谷口信輝、片岡龍也(GOODSMILE RACING & TeamUKYO)、CGクリエイティブプロデューサー 松浦裕暁暁(サンジゲン代表) ※敬称略
MC:本郷仁(ベストカー編集長)

新劇場版「頭文字D」Legend1 -覚醒-

1995年から18年間の長きにわたり「ヤングマガジン」(講談社)に連載され、累計発行部数4860万部を誇る壮絶な公道最速バトルを通して“走り屋”たちの青春群像を描いてきた、しげの秀一原作の『頭文字D』が8月23日(土)に公開され、堂々のミニシアターランキング1位を獲得しました。
『新劇場版「頭文字D」Legend1 -覚醒-』が絶賛公開中のなか、制作陣からのガチンコトークが聞けるとあって、多くの「頭文字D」ファンが駆けつけた。音響監修に携わったグッドスマイルレーシングのレーシングドラバー谷口信輝と片岡龍也、本作のCGクリエイティブプロデューサー松浦裕暁が登場すると、鑑賞後で興奮気味な観客から大きな拍手が上がった。
率直な映画の感想を聞かれると谷口は「新劇場版ということで、よりマニアックな作品になった。ドライバーの間でもマニアックだねぇとツボに入るところがあった。たとえば、拓海がなつきとのデートが終わって、愛車のハチロクに『お前のこと可愛いってさ』と車に語りかけるシーンがあるんですが、そこでエンジンを止めた時に出るチキチキっという音。この音はみなさん気づきますか? 気づいた人は古い車のことを知っている人! 今の車にはない音なんですよ! こういったマニアックなところも楽しめる!」と熱く語った。
片岡は「シフトをガチャガチャ変える時の音も、ハチロクとFD、FCすべて異なっていて、こだわっているなと思いました。音だけでなくCGも監修させていただいたので、車の動きに違和感なく楽しめると思います。」、松浦は「原作に忠実に描こうとこだわりました。音は筑波サーキットでハチロク、FD、FC、シルビア、ランタボなど出てくる車すべてを集めて、収録しました。当初2日間の収録を予定していたのですが、雨で1日間になるというハプニングもありました。ですが無事、本物感のある音が録れました。」と答え、谷口は、「筑波サーキットでは、古い車が集まっているのがすごいと思いました。車を集めるだけでも大変。」と本作の魅力を語った。
実際に峠の下りでハチロクとFDが戦ったら、ハチロクは勝てるのか?と聞かれると谷口は「ほとんど不可能。拓海と啓介のドライバーテクニックに相当の差があるか、ハチロクが相当作りこんでいてFDがドノーマルな場合なら、なくはないかもしれない。」と答え、片岡も「FDは、カーブも早いし下りも得意だから、ハチロクが勝つのは相当厳しい」とガチ解説をしてくれた。
また、本作に出てくる紙コップや溝落としなどのテクニックは実際に可能か聞かれると、谷口は「頭文字Dに影響を受けて、試す人も多いですよね~。紙コップの水は、発進した瞬間こぼれます!(笑) 溝落としも危険です!」と答えた。片岡は「頭文字Dの影響といえば、藤原拓海になりたくてドライバーになった、群馬出身の有名ドライバーの方もいます!」言い、谷口は「実は僕も藤原拓海と大きな共通点があるんです! 初めて買った車がハチロクで、毎晩峠を走っていて、豆腐の配達もしていたので、「頭文字D」の連載が始まったときは友達から「藤原拓海ってお前のこと?」と聞かれていました。実際は、豆腐は2トントラックで配達していたので全然違うんですが(笑)」とリアル藤原拓海とも言える意外な共通点を語った。
最後に谷口は「マニアックなところまでこだわった作品なので、何度でも楽しめる作品になっていると思います! お友達やご家族皆さんで観てもらえたらうれしいです! 作品をきっかけに車を好きになってもらって、レーシングサーキットにも応援来てください!」と熱いメッセージを送った。
●「頭文字D」4DX上映決定!
揺れる! 回る! 煙も出る!! 予測不能の新体験!
この臨場感公道以上!「頭文字D」4DX上映決定!!
この度、作品の臨場感を体感するのに最適な最新上映システム、4DXでの本作の上映が10月4日(土)よりシネマサンシャイン平和島ほか全国5館にて公開することが決定しました。これにより、劇中の車と座席がリンクし、観客にリアルな「頭文字D」体験がご提供可能となります。
車の動きのほか、風、水(ミスト)、香り、煙りなど、各種演出も体感できるアトラクション効果もあり、車のバトルシーンではエンジン音の振動、加速、シフトチェンジ時に感じる動きまでリアルに再現。これまでにない、「新劇場版 頭文字D」体験をお楽しみ頂けます!
・4DX上映館
「シネマサンシャイン平和島」(東京)/「小田原コロナシネマワールド」(神奈川)/「中川コロナシネマワールド」(愛知)/「福山コロナシネマワールド」(広島)/「小倉コロナシネマワールド」(福岡)にて公開。

配給:松竹
『新劇場版「頭文字D」Legend1 -覚醒-』
全国公開中!
(C)しげの秀一/講談社・2014新劇場版「頭文字D」製作委員会