MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

福田、平丸、中井。映画『バクマン。』登場漫画家の配役発表!

映画『バクマン。』
追加キャスト情報解禁
桐谷健太×新井浩文×皆川猿時
実力派俳優陣が個性豊かな漫画家を熱演!

バクマン。


2008年より週刊少年ジャンプに連載され、連載開始と同時に一般読者から業界関係者にまで幅広い層から熱狂的な支持を受け、全20巻で累計発行部数1500万部超の大ヒットを記録。「デスノート」の大場つぐみ×小畑健コンビの最新作、傑作漫画「バクマン。」が実写映画化!
『モテキ』で日本映画の新たな地平を切り開いた鬼才・大根仁監督がメガホンを執り、メインキャストには、週刊少年ジャンプ連載を目指す高校生漫画家(作画担当)・真城最高役として、若手人気No.1俳優の佐藤健。佐藤演じる真城とコンビを組む(ストーリー担当)同級生・高木秋人役を、様々な作品で幅広く活躍中の若手実力派、神木隆之介。そして、最高&秋人のクラスメイトであり、最高が恋心を抱くヒロイン・亜豆役を若手注目度No.1女優の小松菜奈が演じます。
公開を来年に控え早くも話題沸騰中の本作ですが、この度、主演の佐藤&神木コンビの脇を固める、漫画家役の豪華俳優陣3名を一挙解禁! 原作を忠実に再現したキャラクターと衣装に身を包んだ役姿を初披露します。
長髪にニット帽がトレードマークの漫画家・福田真太役に絶大な存在感と個性的な演技力に定評の実力派俳優、桐谷健太。異色系漫画家・平丸一也役には『まほろ駅前狂騒曲』、『寄生獣』など話題作への出演が続く新井浩文、無精ひげに肥満体型、遅咲き漫画家・中井巧朗役に連続テレビ小説「あまちゃん」で北三陸高校潜水土木課の教師役として出演し注目を集めた皆川猿時。最高(佐藤)&秋人(神木)と一緒に、ジャンプ連載を目指す仲間(ライバル)の漫画家役として、各キャラクターを個性豊かに熱演し、本作を盛り上げます!!
現在絶賛編集作業中、年内の完成予定となります。今後も豪華キャスト陣を順次発表予定です! 是非ご期待ください!
●桐谷健太(福田真太役)コメント
福田は、実は友情とか仲間ということに関して一番思いが強い人間で、同じ道を目指しているライバルであり仲間との友情を強く感じているところが好きです。勢いがあって周りを巻き込んで引っ張っていくエネルギーがあるキャラクターだったので、動物的というか、感覚で入ってやれたので演じていてすごく気持ちが良かったです。
漫画を描くところも本番になると少し硬くなったりして、線の感じが難しかったりしたんですけど楽しんで演じれました。みんなとの一体感、グルーヴ感がいい感じでちゃんと映像で表現できていたらいいなと思っています。きっと面白い作品になると思うので、ご期待ください!
●新井浩文(平丸一也役)コメント
今までにいろんな原作の映画を、過去にやってきましたが、これだけ原作が好きで、なおかつ一番好きなキャラクターを演じたのは、今回の映画『バクマン。』が初めてでした。平丸は、屈折していてとっつきにくいんだけど、お金や女の子が大好きだったりする意外な面白さがあって、憎めないところが好きです。
演じるにあたっては、思い入れが強すぎるので原作に引きずられ過ぎないように心掛けました。映画『バクマン。』は、原作の魅力を余すことなく大根監督が料理してくれて面白い作品になると思いますので、多くの人に観て欲しいです!
●皆川猿時(中井巧朗役)コメント
中井は、漫画家になる夢を追い続けるアシスタント歴15年の不遇な男です。すごく真面目だし一生懸命なんだけど、まったく報われない感じが好きです(笑)。演じるにあたって、文化系のなよっとした男性をイメージしながら、ちょっと女性的な感じも端々に入れてみました。細かい背景を描くのが得意なキャラなので、ペン入れのシーンは苦労 しました。ちょっと力入れると線が太くなっちゃうし、どんどん手がびちょびちょになっちゃって(笑)。
映画『バクマン。』は、夢を追いかける姿を正直に描いたまっすぐな青春映画だと思います。年齢関係なく皆さん楽しめるんじゃないかなと思います。是非ご覧ください!
●ストーリー
高校生の真城最高(ましろもりたか)は、高い画力がありながらも将来に夢を持たず、ただ流されて普通に生きていくだけの日々を送っていた。最高の叔父は、かつて週刊少年ジャンプに連載し、その作品がアニメ化もされた漫画家・川口たろうであった。だが結局は連載打ち切りとなり、その後叔父は過労により亡くなった。そのことが最高の心に暗い影を落としていた。
ある日、些細な出来事をきっかけに、秀才のクラスメイトで漫画原作家志望の高木秋人(たかぎあきと)に、「俺と組んで漫画家にならないか」と誘われる。はじめは一緒に漫画を描くことを拒絶していたが、声優を目指している片想いのクラスメイト亜豆美保(あずきみほ)と、「漫画家として、声優として、お互いの夢が実現したら結婚する」と約束したことから、漫画家への道を志すことになる。
最高と秋人はコンビを組み、夢の週刊少年ジャンプの連載を目指して日々漫画づくりに明け暮れる。編集者の服部に見出され、ようやく光明が見えてきたとき突然ライバル――新妻エイジが現れる。弱冠17歳で手塚賞入選を果たした天才・エイジは瞬く間にジャンプ連載を決めて遥か先を走り始める。そして次々と現れる新進気鋭のライバルたち。
はたしてふたりはジャンプ連載を勝ち取ることができるのか!?
『バクマン。』
2015年 全国東宝系にて公開!
(C)2015映画「バクマン。」製作委員会 (C)大場つぐみ・小畑健/集英社