MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

『6才のボクが、大人になるまで。』国際映画批評家連盟賞 最優秀作品賞受賞!

世界各国の批評家が絶賛!!
『6才のボクが、大人になるまで。』
本年度国際映画批評家連盟賞 最優秀作品賞を受賞!
『恋人までの距離(ディスタンス)』から始まるビフォア・シリーズで知られるリチャード・リンクレイター監督最新作にして、最高傑作との呼び声も高い映画『6才のボクが、大人になるまで。』(原題:『Boyhood』)が11月14日(金)より公開となります。
この度、本作が本年度国際映画批評家連盟賞(FIPRESCI)グランプリに選出されました!

6才のボクが、大人になるまで。


2014年2月、第64回ベルリン国際映画祭で上映されるやいなや世界を驚かせた『6才のボクが、大人になるまで。』。同映画祭でリンクレイター監督に2度目の監督賞(銀熊賞)をもたらした本作は、6歳の少年メイソンとその家族の変遷の物語を、同じ主要キャストで12年に渡り撮り続けた画期的なドラマです。これまでどんな映画作家も試みたことのない斬新な製作スタイルと、歳月の力を借りながら少年の成長の過程を画面に焼き付けていく、みずみずしい作風が高い評価を受け、米映画評集計サイトのRotten Tomatoesで、驚異の高評価100%を獲得。「21世紀に公開された作品の中でも並外れた傑作の1本」(NYタイムズ)と評される、映画史に残るマスターピースです。
あどけない少年から凛々しい青年へと成長していくメイソンを演じたのは、12年前にリンクレイターがオーディションで見出した逸材、エラー・コルトレーン。さらに、メイソンの母親役のパトリシア・アークエット、父親役のイーサン・ホーク、姉役のローレライ・リンクレーターも、12年に渡りそれぞれの役の変化と成長を演じきりました。
国際映画批評家連盟賞は1999年に設立されたもので、連盟に名を連ねる世界各国の批評家の投票によって毎年1作品を選出。これまでの受賞者にはミヒャエル・ハネケ、ポール・トーマス・アンダーソン、ヌリ・ビルゲ・ジェイラン、ジャン=リュック・ゴダール、ジャファール・パナヒ、ペドロ・アルモドバルなど、各国の錚々たる監督が名を連ねています。
今回、2013年7月1日以降に公開された全世界の映画作品を対象に各国の会員が投票を実施。受賞候補作として『グランド・ブダペスト・ホテル』、『イーダ』、『Winter Sleep (原題)』等の注目作品が並ぶ中、見事本作が受賞を果たしました。
授賞式は、9月19日のサンセバスチャン映画祭の開会式で行われます。
すでに本作はアカデミー賞最有力候補として名が挙がっており、賞レースの行方を予想するサイト「Gold Derby」では、現段階で最優秀作品賞、最優秀監督賞および最優秀助演女優賞(パトリシア・アークエット)において、批評家のトップの得票数を獲得しており、早くもそのノミネートの行方に期待がかかっております。
世界中の批評家が絶賛する『6才のボクが、大人になるまで。』に、ぜひ引き続きご注目ください。

『6才のボクが、大人になるまで。』
11月14日(金)TOHOシネマズ シャンテ他にて公開
(C)2014 boyhood inc./ifc productions i, L.L.c. aLL rights reserved.