MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

園子温監督作品『TOKYO TRIBE』過去最高の興収で公開スタート!

常にセンセーショナルな作品を放ち続ける園子温監督が挑む最新作は、近未来の“トーキョー”を舞台に、ストリートギャングたちが大暴れする『TOKYO TRIBE』。90年代ストリートカルチャー&ファションを牽引した累計250万部超え、井上三太による伝説的コミックの映画化です。
主演には、朝ドラで人気急上昇中の鈴木亮平と、本職がHIP HOPアーティストのYOUNG DAIS。ヒロインに大抜擢された清野菜名の他、佐藤隆太、染谷将太、でんでん、窪塚洋介、竹内力、大東駿介、石田卓也、市川由衣、叶美香、中川翔子、といった同じスクリーンには二度と収まらないであろう豪華キャストでお贈りする前代未聞! 世界初!のバトル・ラップ・ミュージカル。
本作『TOKYO TRIBE』が、8月30日に無事公開初日を迎え、園子温監督作品の中で過去最高のスタートを切りました。

TOKYO TRIBE


●園子温監督作品、過去最高の興収で公開スタート!
興収ランキング12位も、公開規模300館超の夏休み超大作に堂々の仲間入り!
園子温監督の最新作にして、バトル・ラップ・ミュージカルという映画の枠を超えたエンタ―テイメントな挑戦作である『TOKYO TRIBE』が、初週の土日2日間の成績として『ヒミズ』(2012年公開)、『地獄でなぜ悪い』(2013年公開)、を押さえ、過去最高記録を更新。公開規模も、園作品としては最大規模となる120館でスタートし、渋谷のシネクイントでは2日間、全回満席、新宿バルト9では舞台挨拶回以外も、深夜のレイトショーの興行まで、ほぼ満席の状態が続く、好成績でスタートを切った。
夏休み興行の300館~700館の大規模公開作品が興収ランキングを占める中で、順位こそ惜しくも12位となったが、規模300館~700館超えの夏休みの超大作に堂々と肩を並べる形となった。
●園子温監督『希望の国』『地獄でなぜ悪い』につづき、3年連続受賞の快挙なるか!?
トロント国際映画祭は、米アカデミー賞の前哨戦といわれ世界から注目される北米最大の映画祭。最近では、トロント映画祭でワールドプレミア上映を行う作品も多く、開催時期が近いベネチア国際映画祭より重要視され、世界各国のメディアや映画関係者が集まる。
同映画祭は、1976年に創設されたノン・コンペティションの映画祭で「映画祭のなかの映画祭」と呼ばれ、主な賞として、審査員が決めるコンペ形式ではなく、映画祭に参加し上映作品を鑑賞した観客の投票によって決まる<観客賞>がある。
本映画祭のミッドナイト・マッドネス部門は、中でも<世界でもっとも熱い映画ファンが集う>といわれる部門。これまでの日本作品の受賞は、2003年に北野武監督の『座頭市』が観客賞を受賞。2012年に園子温監督の『希望の国』が、NETPAC審査委員賞を受賞、2013年に園子温監督の『地獄でなぜ悪い』がミッドナイト・マッドネス部門で観客賞を受賞。園作品としては『冷たい熱帯魚』が第35回に出品されて以来、5年連続トロント映画祭で作品が上映されている。今年、『TOKYO TRIBE』がなんらかの賞を受賞すると3年連続の快挙に。
日本発のバトル・ラップ・ミュージカルが、どのような評価をうけるのか?
映画祭には、園子温監督、YOUNG DAISが参加予定!
『TOKYO TRIBE』
大ヒット上映中
(C)2014 INOUE SANTA / “TOKYO TRIBE” FILM PARTNERS
→映画ニュースはこちら