MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』2014年度興行収入全米No.1に!

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー宇宙のはみだし者達が銀河存亡をかけた戦いに挑むアクション・アドベンチャー超大作『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』!
2014年度公開作品で興行収入全米No.1ムービーに!


9月13日(土)より公開される映画『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』。8月1日に全米4,080館で公開され、週末興行収入9,430万ドルという8月公開作品ではオープニング興収新記録を樹立。
公開3週目にして全米興行成績2億2,554万ドル(Box office Mojo調べ)に達し、『アメイジング・スパイダーマン2』を抜き、サマーシーズンのNo.1映画となった本作は、公開4週目には異例の首位返り咲きを果たすなど、この夏一番の盛り上がりを見せています。
そして全米での公開5週目を迎えた先週末、興行収入は274,610,000ドルに達し、2014年に公開されたマーベル作品はもちろん、『トランスフォーマー/ロストエイジ』や『X-MEN:フューチャー&パスト』といったシリーズ作品を抑え、見事2014年全米No.1ムービーに躍り出ました!
この勢いはアメリカのみならず各国に広がっており、全世界の興行収入合計は547,710,000ドルに。日本での公開が目前に迫る中、 “ガーディアンズ旋風”は、まだまだ留まるところを知りません!
ヒットの要因は、何と言ってもその作品評価の高さ。全米映画批評家サイト”Rotten Tomatoes”では、驚異の作品満足度93%を獲得し、2014年公開作品の中で『トランスフォーマー/ロストエイジ』の18%、『GODZILLA』の73%を大きく引き離すダントツの高評価を得ており、あのアイアンマンことロバート・ダウニーJr.も「マーベルの中で最も素晴らしい作品だよ!」と絶賛しているほど!
そして、ヒットを支えるもうひとつの魅力が、圧倒的インパクトのあるちょっと変わったキャラクターたち。主人公の宇宙一運が悪いトレジャー・ハンター、ピーター・クイルをはじめ、セクシーな暗殺者、復讐に生きる破壊王、さらに凶暴なアライグマ&歩く植物といった、史上最もヒーローらしくない “宇宙最凶チーム”が、銀河存亡を懸けた無謀すぎる戦いと、ありえない冒険に挑みながらだんだんと絆を深めていく姿、そして冒険の途中で繰り広げられる様々なドラマが、笑いと、観客を魅了するハラハラドキドキ感、そして涙を誘う最高のエンターテイメントムービーとして完璧な仕上がりをみせており、男性のみならず、全米のティーンたちや女性の観客をも熱狂させています!

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー

●『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』が達成した偉業の数々!
・全米4,080館で公開され、公開3日間で興行収入9,430万ドル記録。8月公開作品オープニング興収新記録を樹立!
・全米興行収入274,610,000ドル突破!(8月31日現在/Box Office Mojo調べ)2014年No.1ムービーに!
・全世界興行収入547,710,000ドル突破!(8月31日現在/Box Office Mojo調べ)
・全米映画批評家サイト“Rotten Tomatoes”で驚異の作品満足度93%を獲得!

『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』
9月13日(土) 2D/3D全国ロードショー
(C)2014 Marvel. All Rights Reserved.
→『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』の記事を探す
→特撮ニュースはこちら