MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

楳図かずお監督&片岡愛之助、公開記念展示会「マザー展」に来場

恐怖漫画の巨匠が映画界へ進出!!
恐ろしくもせつない最恐ホラー誕生
『マザー』
大阪・梅田ロフトにて大好評実施中の公開記念展示会「マザー展」
会場に楳図監督と片岡愛之助さんが来場!!

マザー


「おろち」、「洗礼」、「漂流教室」など独特の世界観を持つ数々の作品で社会現象を巻き起こし、日本を代表する漫画家楳図かずおが77歳にして映画監督としてデビューを果たす映画「マザー」が、9月27日(土)新宿ピカデリー他ロードショーとなります。
公開に先駆け、8月23日(土)より、大阪・梅田ロフトにて映画公開記念展示会「マザー展」を開催(~9月16日迄 梅田ロフト5Fロフトフォーラム 入場無料)。
映画撮影時に使用したリアルすぎる小道具や、楳図かずお役を演じた片岡愛之助さん着用の劇中衣装、そして映画場面パネルなどを展示し、初日から多くの楳図ファンの皆様にご来場頂いています。
そんな中、8月27日(水)の夕方、会場に楳図かずお監督と、主演の片岡愛之助さんが来場!
映画の世界観が再現された会場の中を見てまわりながら、思い出話に花を咲かせました。

マザー

実施日:8月27日(水) 17:00~17:25
場所:梅田ロフト 5階 ロフトフォーラム
ゲスト:楳図かずお監督、片岡愛之助さん(楳図かずお役)
この展覧会、最大の見どころは、映画撮影の為に、楳図監督自らが描き下した絵コンテの数々!
楳図先生は現在休筆中のため、ファン垂涎の直筆画です!!
愛之助さんはその絵コンテを見ながら「撮影現場では、台本を読んで愛之助さんが感じたとおりに演じてくださいと言われましたが、微妙な表情など難しい部分は、先生のお描きになった絵コンテをみせて頂いたことで、演出意図が非常にわかりやすくなりました」と撮影時を振り返りました。
そんな愛之助さんの演技について、楳図監督は「非常にてきぱきやってもらってよかったです。今回の映画はありえないお話なのですが、リアルなお芝居をされても見ている人がわからないところもあると思うので、メリハリのついた演技をしてくださるのは、歌舞伎役者さんならではだと思いました。」とコメント。
つめかけた取材陣に初監督作品「マザー」の見どころを聞かれた楳図監督は「やはり、怖いシーンでしょうか。タイトルロールであるお母さんが、優しいけれど豹変する落差が何と言っても見どころです。
また、撮影している時は、そんなに気づかなかったのだけれど、優しい、美しいお母さんのシーンが逆にすごく怖くなっていて。何かを内に秘めて、それを隠してにっこり笑うシーンがものすごく怖い(笑)。女性の怖さが感じられるシーンになりました。」と力説。
熱く語るエネルギッシュな楳図監督の姿に、愛之助さんは「楳図監督は、ほんとうにまじめな方。そしておしゃべりが大好き。(笑)そしてとても心の大きな温かい方です。映画のお母さんじゃないけど、表には出さない、内に秘めたエネルギーがすごいんです」と感心しきりでした。
最後は、ふたりで「グアシ」ポースで記念撮影。
愛之助さんは「こんなに笑顔でグアシポーズしてますけど(笑)、映画はホラー映画です。見るとほんとに怖いですよ」とアピールしていました。
会場では、原作ノベライズ本や映画のオリジナルグッズのTシャツ、クリアファイルなども販売され、来場した方々が買い求めていました。

『マザー』
9月27日(土) 新宿ピカデリー他 ロードショー
(C)2014松竹株式会社
→『マザー』の記事を探す