MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

この素晴らしい場所を世界に見せなければいけない『聖者たちの食卓』監督来日会見

大人数の食事を作る姿に感動し、この素晴らしい場所を世界に見せなければいけない、と思い制作することにしました。
『聖者たちの食卓』
ウィチェス監督来日ティーチイン・レポート
9月27日(土)に渋谷アップリンク、新宿K’s cinemaにて公開となる『聖者たちの食卓』のフィリップ監督の来日し、8月27日(水)にティーチインが行われました。

聖者たちの食卓


Q:『聖者たちの食卓』を制作したきっかけはなんですか?
黄金寺院に訪れたのは全くの偶然でした。2010年に『Sarega』というインドの伝統的な音楽についてのドキュメンタリー映画の制作にあたり、インドとパキスタン国境の街、アムリトサルに滞在しました。そこで、国境の国旗降納式を待つ間、黄金寺院を訪れました。
私はシェフなので、この大量の食事を作るキッチンが気になり、覗かせてもらいました。大人数の食事を作る姿に感動し、この素晴らしい場所を世界に見せなければいけない、と思い制作することにしました。
Q:無料食堂のキッチンで働く人はどういう人たちですか?
この黄金寺院は、とてもオープンな場所で誰でも入れます。宗教や階級は関係ありません。巡礼者や心の平安を求めて訪れる人も大勢います、普段の生活に疲れた人が訪れた…。中には、訳アリでこの寺院にこなくてはならない人もいます。例えば、結婚で問題を抱え居場所を失った女性や駆け込み寺のように身を寄せたり、金銭的に非常に困っている家族たちが、一時的に食べるものと眠る場所を求めて黄金寺院を訪れたりもします。
いろんな事情を抱えた人々のシェルター的な役割も持っています。逆に、犯罪者が身を隠すために利用したりする人もいるそうです。
Q:黄金寺院の無料食堂(ランガル)は、現代社会の大量消費システムや、効率至上主義とまったく逆に位置するシステムですね。
そうですね。働いている人たちは、みなボランティアで、自分の意志で働いてます。彼らは仕事に対して、それぞれの役割、それぞれの能力、それぞれのペースで出来る範囲でやればいい、そして大いなる目標として10万食というたくさんの食事を用意する、という考えのもと取り組んでいます。
中には一つのニンニクを20分もかけて皮を剥く人もいたり、生産性は重要視されていません。効率至上主義とは、まったく正反対のものです。しかし、それでもきちんとシステムは機能している。スローなペースでも成り立っています。

聖者たちの食卓

Q:労働する人々の生き生きとして表情から、人間らしくい温かい感情や助け合いの心も感じられて、全体的にスローな時間が流れています。
私は、観光ガイドをしていた時代がありますが、欧米でも日本でも、観光地に行くといろいろなものを見たいという気持ちで、極端なことを言うと数時間しかその場所にいない、分刻みのようなスケジュールで動く人もいます。
しかし、そんなにあわてないで、もっとひとつの場所の魅力をじっくり味わうような、その場所の空気を楽んだり、昼と夜で違う街の顔を発見したり、時間をかけて旅行を楽しんでもらえればと思っていました。だから、この作品でも、特別な寺院に流れている神聖な空気と、スローなペースを感じてもらえるように作りました。
Q:説明やナレーションがない構成にした理由はなぜですか?
私自身がドキュメンタリーなどのナレーションは苦手というのもあります。それに、この黄金寺院はとても神聖な場所です。その場所に対して、自分がどんなことを言っても何か違うと思って、ナレーションは入れませんでした。

監督:フィリップ・ウィチュス,ヴァレリー・ベルトー(2011年/ベルギー/65分/Color/16:9/原題:Himself He Cooks)
『聖者たちの食卓』
2014年9月27日(土)より、渋谷アップリンク、ほか全国順次公開
→『聖者たちの食卓』の記事を探す