MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』全米新記録樹立&入場料500円!

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー9月13日(土)より映画『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』が全国公開されます。8月1日に全米4,080館で公開され、週末興行収入9,430万ドルという8月公開作品ではオープニング興収新記録を樹立。
現在、公開3週目にして、既に『アメイジング・スパイダーマン2』を抜き、全米興行成績は2億2,554万ドル(8月18日現在:Box office Mojo調べ)に達し、アメリカのメディアによると、『トランスフォーマー/ロストエイジ』や『X-MEN:フューチャー&パスト』といったシリーズ作品を抑え2014年公開作のトップムービーとなることは確実とされています。


ヒットの要因は、何と言ってもその作品評価の高さ。全米映画批評家サイト”Rotten Tomatoes”では、驚異の作品満足度93%を獲得(8月4日現在)し、2014年公開作品の中で『トランスフォーマー/ロストエイジ』の18%、『GODZILLA ゴジラ』の73%を大きく引き離すダントツの高評価を得ています。また、これまでのマーベル作品と比較して、圧倒的な女性層の支持を受けていることも特徴のひとつです。
運の悪いトレジャー・ハンター、戦術の天才にして凶暴なアライグマ、穏やかなエコキャラだけどブチ切れると手におえない樹木型ヒューマノイド、野獣のような強靭な肉体だけが取り柄の荒くれ者、孤独な美しき女暗殺者…といった“ヒーロー”と呼ぶにはほど遠い「宇宙のはみだし者たち」。

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー

“キョーレツに濃い”キャラクターの魅力も去ることながら、彼らから発せられるシュールで乱暴なセリフの数々、成り行きで出会いお互いに反目し合っていたのに次第に「友情が芽生えてくる」になっていく姿、そしてスケール感溢れるアクション・シーン…と、笑い、興奮、感動とすべてのエンターテイメント要素がぎっしり詰まっているところが多くの観客を惹きつけた理由と言えます。
さらには、主人公ピーター・クイルを演じたクリス・プラットの魅力も女性観客の動員に一躍買っています。彼は、『ゼロ・ダーク・サーティ』(2012)や『her/世界でひとつの彼女』(2014)に出演し、2015年公開の話題作『ジュラシック・ワールド(原題)』の主演に決定するなど、ハリウッドで最も注目されている俳優の1人です。
プレイボーイで楽観的、一見ふざけているけど“キメときはキメる”ピーターのキャラクターと相まって、女性からの支持が急上昇中! また、本作のストーリー展開や登場するキャラクターから“次世代の『スター・ウォーズ』”と評するメディアもあり、クリス・プラット演じるピーター・クイルは、『スター・ウォーズ』のハン・ソロ(ハリソン・フォード)を彷彿とさせると話題に!

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー

●『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』偉業の数々!!
・全米4,080館で公開され、公開3日間で興行収入9,430万ドル記録。8月公開作品オープニング興収新記録を樹立!
・全米興行収入2億2554万ドル(8月18日現在 /Box Office Mojo調べ)。既に『アメイジング・スパイダーマン2』の興行収入を超え、2014年No.1を獲得しそうな勢い!
・全世界興行収入4億2194ドル突破!(8月18日現在 /Box Office Mojo調べ)
・全米映画批評家サイト”Rotten Tomatoes”で驚異の作品満足度93%を獲得!(8月4日現在)
●サウンドトラックがビルボードのアルバムチャートで2週連続首位を獲得!
本作において音楽は、特大ヒットを記録したあの『アナと雪の女王』同様に、壮大な冒険とストーリーを物語る重要な要素のひとつです。カラっとしたノリのいいサウンドが映画の面白さを引き立てていると同時に、70年代の懐かしいヒット曲が挿入歌として使われていることが話題となり、サウンドトラック発売からたった1週で11万枚セールスを突破。映画のヒットと共に勢いに乗り、2週連続で首位を獲得しました。
主人公ピーター・クイルが肌身離さず持ち歩く、亡き母の形見である母のカセットテープと同じ内容が収録されたこのサウンドトラックには、「ウガチャカ、ウガウガ、ウガチャカ、ウガウガ…」のフレーズが耳から離れないブルー・スウェードの“ウガ・チャカ(フックト・オン・ア・フィーリング)” や、10ccの“愛ゆえに(アイム・ノット・イン・ラブ)”、ジャクソン5の“帰ってほしいの(アイ・ウォント・ユー・バック)”など、懐メロの数々が満載!

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー

このカセットひとつを持ったまま宇宙に連れ去られたピーターは、言わば音楽だけが地球との唯一のつながり。彼やその仲間たちが抱える様々な想いを表すかのように、その場面にピッタリなタイミングでメロディが流れてくることで、観客はより物語に引き込まれ、彼らの心情に共感を覚えます。
映画オリジナルの新曲は収録されておらず、過去発売された楽曲だけを収めたサウンドトラックアルバムがビルボードの1位を飾ったのは、史上初めてのことです。
●全世界大ヒット記念! 500円均一キャンペーン緊急実施決定!
この全米大ヒットを受け、ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン史上初の試みとなる、初日3日間限定で高校生以下の観客を対象に「500円均一キャンペーン」を緊急実施することとなりました。
世界中で記録的な大ヒットを続ける『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』。各国のメディアは、“新しい世代に向けた『スター・ウォーズ』”など若い世代が映画の大ヒットを支えている事を明言。実際に世界各国で10代の若者が中心のマーケットになっており、USではこのハチャメチャで可笑しいアクション・アドベンチャーにティーンたちが大熱狂!
さらに、女性の観客が40%を超えるというアクション色の強いマーベル作品では異例の数字を記録し、今までにない客層が本作の興行を支えています。
誰もが楽しむことができるアクション・アドベンチャー作品であることに加えて、作品のクオリティも高く、全世界の批評も高評価、観客の高い満足度を得て、高校生以下の観客の皆さんに本作を存分に楽しんでいただきたいと、キャンペーン実施を緊急決定。
初日3日間(9月13(土)、14(日)、15(月・祝))のみ、高校生以下のお客様は全員ワンコイン(500円)で映画をご鑑賞いただけます。
実施期間:9月13日(土)・14日(日)・15日(月・祝)の3日間
対象者:高校生/中学生/小学生以下
キャンペーン内容:ディズニー初の入場料金500円均一キャンペーン!
初日~3日間、高校生以下は全員500円で本作品が鑑賞可能
注意点:
1:3D版をご鑑賞の際は、別途3D鑑賞料金が発生します。
2:IMAX 3D版、4DX版は特別興行のため、本キャンペーン対象外となります。
3:前売券、ムビチケカードとの差額は返金しません。
4:他の割引との併用はできません。
5:日本語吹き替え版は3D上映のみとなります。

『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』
9月13日(土) 2D/3D全国ロードショー
(C)2014 Marvel. All Rights Reserved.
→『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』の記事を探す
→特撮ニュースはこちら