MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

新たなる冒険に旅立った100歳のアラン『100歳の華麗なる冒険』特報映像到着

100歳の華麗なる冒険スウェーデンの大ベストセラー小説の映画化作品で、本国ではあの『アナと雪の女王』を越える大ヒットを記録した『100歳の華麗なる冒険』。その特報映像が届きました!
本作は、かつて爆弾の専門家としてスターリン、ゴルバチョフ、レーガンら各国要人と渡り合い、知らず知らずの間に、数々の歴史的事件の修羅場をくぐり抜けてきた奇跡的な経歴の主人公アランが、100歳の誕生日に老人ホームを抜け出すところからはじまる、奇想天外なアドベンチャーコメディ!


本作の原作となった、「窓から逃げた100歳老人」(英題:The 100-Year-Old Man Who Climbed Out the Window and Disappeared/西村書店より発売中)は、当時人生のどん底の時期にあったという原作者のヨナス・ヨナソンが新人作家ということもあり、発売当初まったく宣伝されなかったが、口コミによりその面白さが伝わり、人口約900万人のスウェーデンで100万部以上を売り上げる驚異のベストセラーに!
さらにヨーロッパを中心に40ヵ国で翻訳され、なんと800万部を突破。この大反響に、本国では映画化のオファーが殺到、いくつもの製作会社が権利を奪い合いあったという。
結果的に本国で最も愛されている人気テレビドラマ「Solsidan」を監督し、自身も俳優として活躍するフェリックス・ハーングレン監督が選出され、スウェーデン映画界では異例の製作費約10億円、約1年の月日をかけて完成した。フェリックス監督は、「これが失敗したら自分に映画人生は終わる」と膨大なプレッシャーにおしつぶされそうになったというが、2013年のクリスマスにスウェーデンで公開され、大ヒットを記録! 2000年以降、同国で公開された作品の中で最高の観客動員数を記録しました。
そして、この度、日本公開にむけて、特報映像と日本オリジナルポスタービジュアルが完成、解禁となりました!

ポスターは、スウェーデンの国旗色をイメージした配色で、100歳のアランが劇中なぜか一緒に旅することになる象とのツーショットが中央に配され、一筋縄ではいかぬアランの人生を感じさせます。
さらに初解禁となった特報映像は、アランが潜り抜けてきた歴史、そして新たなる冒険に旅立った100歳のアランの行方に興味を覚えずにいられない、ワクワク感たっぷりの映像となっています。
“ミレニアム・シリーズ”だけじゃない、スウェーデンの新たな魅力、ブラック・コメディの要素が存分に楽しめる、北欧版『フォレスト・ガンプ』とも称された本作。破天荒だけどどこか憎めない、映画史上最高齢ヒーローともいえる“100歳の老人”が日本の観客もたちまち虜にするでしょう。
『100歳の華麗なる冒険』
11月8日(土)新宿ピカデリー 他 全国ロードショー
(C)NICE FLX PICTURES 2013. All Rights Reserved
→『100歳の華麗なる冒険』の記事を探す