MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

『トランスフォーマー/ロストエイジ』夜の日本橋がオプティマスカラーに

『トランスフォーマー/ロストエイジ』
日本の伝統美とハリウッド超大作のコラボレーション!
夜の日本橋がオプティマスカラーで艶やかにトランスフォーム!
ジャパンプレミアイベント開催
絢爛豪華! 前代未聞! 史上初の日本橋“江戸桜通り”ジャパンプレミア!
バンブルビーが! オプティマスが! 総額1億円以上のスーパーカーが集結!!
ハリウッドの新星ジャック・レイナーと新シリーズのヒロイン、ニコラ・ペルツ登場!
中川翔子、武井壮も鮮やか浴衣姿にトランスフォーム!!!
さらに今井華、菅谷哲也、真剣佑ら豪華ゲストも続々カーペットに登場!

トランスフォーマー/ロストエイジ


今年、全世界で興行収入No.1! 今この瞬間も記録驀進中、世界にトランスフォーマー旋風を巻き起こしている『トランスフォーマー/ロストエイジ』。日本では8月8日(金)に日本公開されますが、この度、『トランスフォーマー/ロストエイジ』の世界中の大ヒットと、日本での公開を記念して、本作のヒロインで、トランスフォーマーと人類を再び結びつけるきっかけを作る重要な役を演じる主人公ケイドの娘、テッサ役のニコラ・ペルツと、そのテッサの恋人で、今最もハリウッドが注目する期待の新星ジャック・レイナーが来日、東京都中央区・日本橋の江戸桜通りでジャパンプレミアを行いました。
日本橋の江戸桜通りを80mに渡って完全封鎖し、赤と青の“オプティマスカラー”のカーペットを敷き詰められたプレミア会場。中央区日本橋江戸桜通りでのプレミアは、なんと今回が初。日本の文化の発祥地として都市開発の最先端を行く日本橋と、日本で誕生してから30年。“トランスフォーム”し続け、ついにはハリウッドで27億ドル以上のコンテンツに育った”トランスフォーマー”のコンセプトが合致し、今回の初実施に至りました。
また、オプティマス総司令官の弟分のバンブルビー(シボレー・カマロ)や、シリーズ最強の敵ロックダウン(ランボルギーニ・アヴェンタドール)、そしてシリーズの顔にして、オートボットの総司令官オプティマスプライム(ピータービルド)など、総額1億円以上の劇中車が勢ぞろいするという、絢爛豪華、前代未聞のジャパンプレミアとなりました。
この日集まったマスコミは、スチール70台、ムービー40台、合計130という、異例の数。マスコミの熱気が会場全体に漂う中、セレモニーは、日本の最先端カルチャーとエンターテインメントを牽引するゲストたちが登場。今井華、菅谷哲也、真剣佑、秋元梢、石田ニコル、鈴木あや、植野有砂、住岡梨奈叶姉妹という超豪華なメンバーとなり、レッドカーペットに華を添えました。
続いて、“トランスフォーマー”のコスプレコンテストで全国各地から応募したトランスフォーマーファン達が登場。自らをトランスフォームしてしまった強者や、記念すべきこの日の為にオプティマス仕様へトランスフォームし初めてその姿をお披露目した北海道・旭川市のキャラクター“あさっぴー”らが次々と登場。バンブルビーとオプティマスらに扮装した子供達が登場すると、会場からは「カワイイ?!!」の声が沸き上がりました。
続いてテッサの声優役を演じた中川翔子さんが赤い花柄の浴衣姿で登場。そして、トランスフォーマー30周年記念大使の武井壮さんが夏の男らしい紺の浴衣姿で登場すると、お二人の登場に集まったマスコミから一斉にまばゆいばかりのフラッシュが焚かれました。中川さんと武井さんも、この前代未聞の規模で行われるプレミアに興奮を隠せないようで、暑さも吹き飛ばす熱狂的なファンたちに応えるように丁寧にファンサービスを行いました。
オレンジ色のプラダのドレスに身を包んだニコラ・ペルツとシックなグレーのスーツ姿のジャック・レイナーが会場に現れると、来日ゲストの登場を待ちわびたファンから大声援が巻き起こった。黄色いカマロの前でのフォトセッションでは、まるで劇中から飛び出してきたかのような構図に、ファンの興奮はさらに上がり、眩いばかりのフラッシュが一斉に焚かれました。
その後のサウンドバイツとファングリーティングでは、多くのマスコミからの質問に真摯に答えつつ、集まった500人ものファン達に丁寧にファンサービスをする2人。サイン、写真、握手、そして抱擁にまで笑顔で応える2人の姿に、ファン、そしてマスコミからも感嘆の声が上がった。いつまでも拍手と歓声が鳴りやまぬ、真夏の暑さを超えるほどに熱狂的なジャパンプレミアとなりました。
その後の舞台イベントでも、ファンとマスコミの熱狂は衰えることなく、会場全体がニコラとジャックの登場を熱烈に歓迎した。ニコラは「来てくれて本当にありがとう。ぜひ、楽しんで観てください!」と本作の公開を待ち望むファンに応えるコメント。作品の中で登場する危険な運転シーンについて聞かれたジャックは「運転はとても面白く楽しくできました! ニコラは信頼して僕の車に乗ってくれると思いますが、マークは信用してくれないかもしれないね。」と冗談まじりにコメント。会場全体を笑いの渦に包みました。
今回の目玉でもある点灯式へと移ると、「3、2、1、日本をトランスフォーム!」という会場全体のかけ声と同時に、一気に会場全体がオプティマスカラーにライトアップ。日本橋のトランスフォーム姿に会場のファンやマスコミが感嘆の声を挙げ、夜の日本橋を豪華で荘厳に彩る前代未聞のプレミアとなりました。
●ジャパンプレミア・登壇ゲスト コメント
・ニコラ・ペルツ
『トランスフォーマー』シリーズは、子供の頃から大ファンだったので、4作目で出演することになって非常に嬉しいです。
私はマイケル・ベイ監督のことを天才だと思っていますので、ぜひ本作に期待してください。
・ジャック・レイナー
この『トランスフォーマー』の生まれ故郷に来ることができて非常に嬉しいです。
日本に来ることができてとてもワクワクしています。
・中川翔子
世界中が待ち望む究極の進化の最先端の形が本作です。そのヒロイン役の声優を務めるということで、あらゆる意味で全身全霊を懸けて挑まなければならないという気持ちにさせられました。
・武井壮
本当は本作に出演する予定で撮影地の香港まで行ったのですが、撮影の時間が押してしまい出演できなかったという経緯がありました。次回こそ出演させてもらえるようベイに直接、「出させてくれ」と言ったら「OK」と返ってきました。次回までにボディやテクニックを進化させておきます。
配給&宣伝:パラマウント ピクチャーズ ジャパン
『トランスフォーマー/ロストエイジ』
8月8日(金)より、3D/2D IMAX3D夏休み全国公開
(C)2014 Paramount Pictures. All Rights Reserved. HASBRO, TRANSFORMERS, and all related characters are trademarks of Hasbro. (C)2014 Hasbro. All Rights Reserved
→『トランスフォーマー』の記事を探す
→特撮ニュースはこちら