MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

東京国際映画祭観客賞受賞『レッド・ファミリー』邦題&公開日決定!

キム・ギドク脚本!
東京国際映画祭観客賞受賞の感動作『レッド・ファミリー』邦題&公開日決定!
鬼才キム・ギドクが南北の統一を願い、描いた、温かくも切ない衝撃に嗚咽がとまらない、異色の感動作誕生!
-第26回東京国際映画祭 観客賞受賞-
この度ギャガ配給にて、韓国の鬼才キム・ギドクがエグゼクティブ・プロデューサー、脚本、編集を務め、第26回東京国際映画祭観客賞を受賞した映画『RED FAMILY』の邦題を『レッド・ファミリー』と決定し、10月4日(土)新宿武蔵野館他全国順次公開されることが決定しました。

レッド・ファミリー


鬼才キム・ギドクが南北統一の思いを込めて描いた脚本は、彼の秘蔵っ子・新人監督イ・ジュヒョンに託された。その暖かい衝撃は、圧倒的絶賛を受け、第26回東京国際映画祭(2013)にて観客賞受賞という快挙を達成しました。
●ストーリー
誠実な夫、美しい妻、優しい祖父、愛らしい娘。人も羨む理想の家族。
しかし一度家に入れば全てが一変。妻役をリーダーに、祖国の為に非情な任務を遂行する、北朝鮮のスパイチーム。隣の家からは犬も食わない家族げんかが、日々垂れ流されてくる。“資本主義の馬鹿どもが”と罵りながらも、喧嘩をしたり笑い合うお隣<ダメ一家>の自由な様に、スパイたちは淡い憧れを抱き、瞼の家族像を重ねていく──。
そんな中、祖国の家族の犯した重罪が故に追い詰められていくスパイたち。
リーダーは、名誉挽回、スタンドプレーに走るも、逆に大失態を犯してしまう。
絶体絶命の4人に下された指令は「隣の家族の暗殺」だった―。
全てを覆すべく彼らが仕掛けた、切ない芝居とは?

レッド・ファミリー

監督:イ・ジュヒョン
エグゼクティブ・プロデューサー、脚本、編集:キム・ギドク
出演:キム・ユミ/チョン・ウ『宿命』/ソン・ビョンホ『グッド・バッド・ウィアード』 /パク・ソヨン
配給:ギャガ
原題:RED FAMILY/2013年/韓国/100分/カラー/ビスタ/5.1chデジタル
字幕翻訳:朴 理恵
『レッド・ファミリー』
10月4日(土)新宿武蔵野館 他 全国順次公開
(C)2013 KIM Ki-duk Film. All Rights Reserved.
→『レッド・ファミリー』の記事を探す