MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

1945年、世界は傷ついていた。ブラッド・ピット主演『フューリー』特報解禁

フューリードイツの大軍を相手に戦い抜いた、5人の兵士の絆
ブラッド・ピット主演で贈る感動の戦争ドラマ超大作の邦題が『フューリー』(原題:FURY)に決定し、KADOKAWA配給で今年11月の日本公開が決定しました。
日本版ティザーポスターでは、部隊のリーダー、ブラッド・ピット演じるウォーダディ―が、“FURY”と書かれた戦車の砲身に寄りかかり深思する、哀愁ある姿を捉えています。
“フューリー”とは、“激しい怒り”を意味し、ウォーダディ―の部隊が自分たちの戦車に名づけた名前。一瞬一瞬に命を懸けた極限状況の中、彼らは戦車“フューリー”にどのような思いを込めたのか―。無謀ともいえるミッションを与えられたブラッド・ピットが、4人の兵士たちと共に戦いぬく決心をした時、彼らの覚悟の果てに起こる感動のラストとは―。


「1945年、世界は傷ついていた。」というコピーが、苦渋の決断をしたブラッド・ピットの表情と共に胸に深く訴え、感動を予感させます。

フューリー

そして、日本初公開となる63秒の特報映像の中では、リアリティを追及し本物の戦車も使用し撮影された、ブラッド・ピットの部隊が乗る米シャーマン戦車と独ティーガー戦車の壮絶な戦車戦アクションと、過酷なミッションに立ち向かい、みんなで生きて故郷に帰ることを誓う彼らの熱い思いを描いています。
本作でメガホンを取るのは、『エンド・オブ・ウォッチ』など臨場感あるアクション描写に定評のあるデヴィッド・エアー。ブラッド・ピットからの熱い信頼のもと、今回の強力タッグが実現しました。出演は、主演ブラッド・ピットを筆頭に、シャイア・ラブーフ、ローガン・ラーマン、マイケル・ペーニャ、ジョン・バーンサルなど豪華実力派俳優たちが顔を揃えています。
●ストーリー
1945年4月、ナチス占領下のドイツ。侵攻を進める連合軍に“ウォーダディー”(ブラッド・ピット)と呼ばれるという米兵がいた。長年の戦場での経験を持つリーダー格の存在であるウォーダディ―は、自身が“フューリー”と名付けたシャーマンM4中戦車に、3人の兵士と共に乗っていた。
ある日、彼の部隊に新兵のノーマン(ローガン・ラーマン)が配属されるが、彼はこれまで戦場を経験したことがなく、銃を撃つこともできない。その中で、ぶつかりあいながらも、絆を深めていく5人だったが、ドイツ進軍中に攻撃を受け、他部隊がほぼ全滅してしまう。
なんとか彼らの部隊は生き残るが、その先には、死をも意味する過酷なミッションが待っていた。彼らの覚悟の果てに起こる、感動のラストとは―。
監督:デヴィッド・エアー
出演:ブラッド・ピット、シャイア・ラブーフ、ローガン・ラーマン、マイケル・ペーニャ、ジョン・バーンサル
配給:KADOKAWA
●特報30秒バージョン

●特報60秒バージョン

公式Facebook:https://www.facebook.com/fury.jp
公式Twitter:@fury_jp
『フューリー』
11月 全国超拡大ロードショー
(C)Norman Licensing, LLC 2014
→『フューリー』の記事を探す
→ブラッド・ピットの記事を探す