MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』ワールドプレミア開催!

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー宇宙最凶、映画史上最も型破りな作品に、各界のNo.1達が集結!
『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』
ワールドプレミアにファン大熱狂!
ウォルト・ディズニー・スタジオ配給にて9月13日(土)公開となる『アベンジャーズ』『アイアンマン』のマーベル・スタジオが贈る待望の最新作にして、宇宙が舞台の壮大なるアクション・アドベンチャー『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』。
描かれるのは、神秘の宝“オーブ”を巡る宇宙存亡を懸けた戦いに巻き込まれた宇宙一運が悪いトレジャー・ハンター、ピーター・クイルと宇宙最凶の仲間達の冒険。今、型破りなヒーロー達が、宇宙で旋風を巻き起こす!
全世界注目の中、現地時間7月21日(月)、アカデミー賞の授賞式が行われることでも有名な、客席数3400のロサンゼルスのコダック・シアターにて『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』のワールドプレミアが大々的に開催されました。


豪華絢爛のプレミアには、型破りな本作に相応しい、各界のNo.1達が集結! 登場したのは、命知らずなトレジャー・ハンター“ピーター・クイル”役を演じる今ハリウッドで最も注目されている新星クリス・プラット。キュートなルックスとは裏腹の宇宙最凶のアライグマ“ロケット”の声優を演じ、『世界にひとつのプレイブック』でオスカー候補にもなり、11年にはピープル誌において史上最もセクシーな男にも選ばれたブラッドリー・クーパー。
ロケットの相棒で、心優しき樹木型ヒューマノイド“グルート”の声優を演じ、“ワイルド・スピード”シリーズで神がかり的なドライブテクニックを披露しているハリウッドきってのNo.1ドライバー、ヴィン・ディーゼル。宇宙最強の暗殺者“ガモーラ”役で、史上最もヒットした作品『アバター』や、金字塔『スター・トレック』など、SF作品には欠かせない存在となったゾーイ・サルダナ。
そして破壊王“ドラックス・ザ・デストロイヤー”役で、WWE最強の怪力プロレスラー、デイヴ・バウティスタなど、最凶且つ最も型破りなヒーローがハリウッド大通りを通行止めにして設営された巨大なレッド・カーペットに次々に現れると、集まったファンたちのボルテージは一気に上昇し、割れんばかりの拍手と声援で会場の盛り上がりは最高潮に達しました。
特にヴィン・ディーゼルは、本作への出演が、彼の代表作ともいえる“ワイルド・スピード”シリーズで共演し、昨年交通事故で亡くなったポール・ウォーカーの死に対して癒しを与える特別な体験だったと胸の内を告白。「グルートのキャラクターは自然というものを代表していて、命を祝福しているんだ。この映画は彼が亡くなって初めての映画で、この役を演じることでとても心が癒されたんだよ」とこの映画がポール・ウォーカーに対する哀悼の意を表したものであったことを明かしました。
レッド・カーペットには公開を待ちわびるファン2000人が朝早くから列をなし、中には思い思いのガーディアンズのコスプレを楽しむ熱いファンの姿もみられ、本作の人気の高さが伺えました。
また、この日の盛大なプレミアを取材する為に世界中から集結したのは、TVカメラ43台、スチールカメラ82台ものマスコミ。ハリウッド大通りに敷き詰められたレッド・カーペットは200mにも及び、会場はイベントスタートを今や遅しと待ちわびるファンとマスコミの熱気に包まれ、映画史上最も型破りなヒーロー達が集う本作に相応しい盛大なプレミアとなりました!

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー

●ワールドプレミアに登場した主なキャストコメント
クリス・プラット:この映画は、コメディ、ドラマ、アクションと全ての要素が盛り込まれた作品になっています。そういった意味では今までになかった映画だと思います。映画の撮影は大変なこともありましたが、他のキャストとはとても仲良くなりましたし、家族のように近い存在になりました。小さいころから、ヒーローとしてアライグマや木のキャラクターといっしょに戦うことは夢だったんです(笑)。でももしそんな夢が実現すると分かっていたら、頭がおかしくなっていたかもね!
ブラッドリー・クーパー:この映画ではクリス・プラットやゾーイ・サルダナなど優れた俳優のリアクションに合わせてアフレコをした。(アライグマの)ロケットはカッコいいキャラだね。彼の持つ声やエネルギー、態度を正確に実現するために努力したんだ。みんなに気に入ってもらえるといいな。グルートとは最高のコンビだし、その関係も素晴らしいよね。アライグマにしては、僕はタフな外見だけど、ロケットは実際に強いのさ。僕だったら、ロケットが怖くて、変なことはしないだろうね。
ヴィン・ディーゼル:(たった一種類のセリフである「私はグルート」を)1000回以上は言ったね。グルートというキャラクターはこのセリフを繰り返し口にするだけなのだけれど、その一言に表現したい言葉や思いを持っているんだ。録音スタジオに入った時に、50ページくらいの台本が用意されていたんだ。左側には「私はグルート」とだけ書いてあり、右側にはどういった思いで言っているかという説明文が記載されていたんだ。スタジオで一週間過ごしたけど、限られたセリフのなかで、声やそのニュアンスだけで、隠された思いや感情を表現することは新たなチャレンジだったね。
僕は、(ポール・ウォーカーの死を)嘆き悲しむ過程にいたんだ。僕にとってとても大事な人を亡くしたからね。死と取り組んでいる真っ最中に、命を祝福する。考えてみれば、このキャラクターは、自然というものを代表しているんだ。自然というのは、何よりも命を祝福するものだからね。誰かを失ったり、死というものに向き合っている人なら誰もが、生きているものは何でもなんと素晴らしいんだろうと思うものだ。それがたとえ、誰もが見落としてしまう「木」であってもね。そこにはどこかスペシャルなところがある。
ゾーイ・サルダナ:映画のキャラクターとして強い女性が望まれているのは、多くの人の望みだと思います。そして強い女性の存在はセクシーでもあります。今回のキャラクターも、犯罪ととなり合わせの状況にいながら、そこから抜け出すために誰かを頼ったりはしません。彼女は自立した女性の象徴だと思うのです。(SF映画の女優として有名であることに関して)なぜ皆がそう言うのか、その理由は分かりません。もちろんSF映画にはいくつか出演しましたけど、それだけのことですよ。
デイヴ・バウティスタ:この映画の一番素晴らしい点は様々な要素を持つキャラクターが登場することです。それぞれ問題があり、短所もありますが、どんな人にも共感できるものを持っていると思います。撮影ではチームとしての相性も良く、同じゴールを持って、共に取り組みました。仕事をしているというよりは毎日楽しい時間を持つという感じでした。
ドラッグス役のメイクには4時間も費やしました。でも音楽をかけながら、チームのみんなと笑って話したりと、楽しく過ごしたのであっという間に過ぎてしまいました。

『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』
9月13日(土) 2D・3Dロードショー
(C)2014 Marvel. All Rights Reserved.
→『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』の記事を探す
→特撮ニュースはこちら