MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

『私の男』第36回モスクワ国際映画祭 最優秀作品賞&最優秀男優賞W授賞の快挙!

浅野忠信・二階堂ふみ主演『私の男』
第36回モスクワ国際映画祭コンペティション部門
最優秀作品賞&最優秀男優賞 W受賞の快挙!!
男優賞の浅野忠信は、31年ぶりの快挙! 作品賞は15年ぶり!
6月14日より全国72館で公開し、中規模公開ながら好成績で絶賛公開中の熊切和嘉監督、浅野忠信・二階堂ふみ主演『私の男』(日活配給)が、6月19日~6月28日(モスクワ現地日時)に開催された第36回モスクワ国際映画祭コンペティション部門へ正式出品され、最優秀作品賞と最優秀男優賞のW受賞の快挙となりました。

私の男


●第36回モスクワ国際映画祭コンペティション部門最優秀作品賞&最優秀男優賞
授賞式日程:モスクワ6月28日(土)18:00~19:30(日本:6月28日(土)23:00~24:30)
授賞式会場:Theatre “Rossiya”(1500人収容)
・浅野忠信/最優秀男優賞(”Silver George”for the best actor)
1983年(第13回)の『ふるさと』(神山征二郎監督)の加藤嘉、以来31年ぶりの快挙!
最優秀男優賞の発表:19時5分(日本24時5分)
授与の理由:控えめさと力強さ、一人の男が堕ちていく様子を 非常にうまく表現していた。
・『私の男』熊切和嘉/最優秀作品賞(グランプリ)(Golden George)
1999年(第21回)の『生きたい』新藤兼人監督、以来15年ぶりの快挙!
最優秀作品賞の発表:19時15分(日本24時15分)
授与の理由:複雑で解決できない問題を抱える男と女の愛について、挑発的に、かつ素晴らしい才能を発揮し描ききった監督を評価した。
難しい主題を扱っているが、監督は俳優たちと素晴らしい作品を作り上げた。(審査員長のグレブ・パンフィロフ監督)
●在ロシア日本大使館参事官・日下部陽介氏のコメント(映画関係者の代理として授賞式にご登壇)
モスクワ国際映画祭という栄誉ある映画祭で日本の作品が2つも賞を受賞したのは大変誇らしく嬉しい。
●監督:熊切和嘉監督コメント
『私の男』は企画段階から完成に至るまで、様々なトラブルに見舞われた映画でした。 それが、モスクワ国際映画祭でグランプリ&主演男優賞だなんて、神様もいたんだなあと! 最高です!
映画監督になって15年になりますが、 結果的に『私の男』が今までで一番、「やりたい放題」やらせていただいた映画でした。映画を志していた少年時代に抱いていた想いが、確信に変わりました。これからは、より気合いを込めて「やりたい放題」やっていこうと思います。スタッフ、キャストはじめ、この映画に関わった全ての人に感謝いたします! 本当にありがとうございました。
●主演:浅野忠信コメント
とても嬉しいです! この作品に対しての意気込みや思い入れは、誰にも負けないものでしたし、役作りに関しても、与えられた時間を活かし見えてくるものが大きかったため、力が入ってました。正直思い入れが強すぎて、焦ってしまったり、熱くなりすぎてしまうことがありました。まさかこんな形で報われるとは思っていなかったので、今は素直に皆さんに感謝しております。
自分はまともでない時もありますが、自分の好きなことに対しての情熱を強く信じております。ですからどうかこれからも見続けていただけると嬉しいです。
●主演:二階堂ふみコメント
熊切監督おめでとうございます。浅野さんおめでとうございます。映画『私の男』おめでとうございます。モスクワの地でこの作品が評価された事を幸せに思います。この作品に関われたことを誇りに思います。

『私の男』
絶賛公開中
(C)2014「私の男」製作委員会
→『私の男』の記事を探す