MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

その男、悪にして英雄。『ドラキュラZERO』10月公開決定!

ドラキュラZEROZEROから生まれる、新たなドラキュラ伝説
この映画がドラキュラのイメージを覆す。
アクション・エンターテインメント超大作『ドラキュラZERO』、10月31日(金)公開決定。
これまで描かれることのなかったドラキュラの英雄伝説を、最新VFXを駆使し壮大なスケールで描くアクション・エンターテイメント超大作『Dracula Untold(原題)』の邦題が、『ドラキュラZERO』に決定し、東宝東和配給にて、10月31日(金)より公開されることが決定しました。


本作は、15世紀に実在した一国の君主であり、“ドラキュラ”の起源とされた男、ヴラド・ドラキュラの物語。横暴な大国オスマン帝国の侵略から、民衆と愛する妻、そして幼い息子を守るため、強大な闇の力と契約を交わすこととなるウラド・ドラキュラ。だが、それと引き換えに耐えがたい代償を払う。果たして、恐るべき悪と化しても、なお英雄でいられるのか――?
愛する者のため、悪にその身を捧げたヴラド・ドラキュラ。実在のモデルをベースに描かれるこの物語では、これまでのドラキュラのイメージを一新。VFXを駆使した今まで見たことのないスタイリッシュさを放つ、アクション・エンターテインメント超大作に仕上がっています。
ヴラドを演じるのは、『ワイルド・スピード EURO MISSION』、『タイタンの戦い』への出演で知られるルーク・エヴァンス。近年話題作に出演し続けている彼が、全く新しい英雄像を見事に作り上げており、さらに『コズモポリス』、『危険なメソッド』のサラ・ガドン、『リンカーン/秘密の書』、『マンマ・ミーア!』のドミニク・クーパー、『レ・ミゼラブル』のサマンサ・バークスが顔を揃えています。
今回、公開決定と併せて解禁となったティザービジュアルには、「愛する者のため、悪にこの身を捧げよう―」という言葉と共に佇む、ヴラド・ドラキュラの姿が描かれています。悪に染まることを決意しながらも、どこか切ない表情を見せるヴラド。その頭上に描かれる“その男、悪にして英雄”という言葉からも、今までの“ドラキュラ=悪”のイメージから一線をかす内容となっていることを予感させるビジュアルに仕上がっています。
●スタッフ・キャスト
監督:ゲイリー・ショア
出演:ルーク・エヴァンス『ワイルド・スピード EURO MISSION』、『タイタンの戦い』
サラ・ガドン『コズモポリス』、『危険なメソッド』、ドミニク・クーパー『リンカーン/秘密の書』『マンマ・ミーア!』、サマンサ・バークス『レ・ミゼラブル』
提供:ユニバーサル・ピクチャーズ/レジェンダリー・ピクチャーズ
配給:東宝東和
『ドラキュラZERO』
10月31日(金) 全国ロードショ―
→『ドラキュラ』の記事を探す