MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

世紀のラブ・ストーリー『美女と野獣』待望の実写映画化! 公開決定!

美女と野獣囚われの身となったベルは、恐ろしい野獣の、悲しい瞳に惹かれていく。
彼が野獣になった本当の理由
――その秘密は“真実の愛”だけが、解き明かす――
この度、ギャガ配給作品『La Belle et La Beta(原題)』の邦題が『美女と野獣』に決定し、11月1日(土)よりTOHOシネマズ スカラ座他にて全国公開されることが決定しました。


醜い野獣と、身も心も美しい娘ベルが織り成すファンタジーの傑作「美女と野獣」。世界中が愛してやまないこの物語は小説、絵本、アニメーション、映画、ミュージカルと、その形を変え語り継がれてきましたが、そのほとんどの作品の中で、描かれていないことがあります。なぜ王子は野獣に身を落としたのか? 彼は一体どれほどの罪を犯し、そこにはどんな秘密が隠されているのか――?
フランスで生まれたこの物語の深淵に挑むのは、気鋭監督クリストフ・ガンズ。1740年に書かれたヴィルヌーヴ夫人の原作小説を元に、野獣の<隠され続けてきた>過去に光を当てます。美しきヒロイン・ベルにカンヌ国際映画祭史上初の主演女優へのパルム・ドールにも輝いたレア・セドゥ。野獣には『ブラック・スワン』のヴァンサン・カッセル。おとぎ話でありながら、大人をも魅了し続ける傑作が、新しい驚きを息吹に、かくも切なく、かくも豪華に生まれ変わります──。
●ストーリー
バラを盗み、命を差し出せと言われた父の身代わりに、野獣の城に囚われた美しい娘ベル。死を覚悟するも、野獣はディナーを共にすること以外、何も強要しない。やがてベルは、野獣の恐ろしい姿の下にある、もう一つの姿に気付き始める。かつてその城で何があったのか、野獣が犯した罪とは?いま、真実の愛が、隠された秘密を解き明かしていく――。
監督:クリストフ・ガンズ
出演:レア・セドゥ、ヴァンサン・カッセル、アンドレ・デュソリエ
配給:ギャガ
提供:アミューズソフトエンタテインメント、ギャガ
原題:La Belle et La Beta/2014年/仏独合作/113分/カラー/5.1chデジタル/シネスコ/字幕翻訳:丸山垂穂
『美女と野獣』
11月1日(土)TOHOシネマズ スカラ座ほか全国ロードショー
(C)2014 ESKWAD – PATHE PRODUCTION – TF1 FILMS PRODUCTION  ACHTE / NEUNTE / ZWOLFTE / ACHTZEHNTE BABELSBERG FILM GMBH – 120 FILMS
→『美女と野獣』の記事を探す