MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

石井隆監督作『GONIN』新たな物語が幕を開ける。『GONIN サーガ』公開決定

キレたら止まらない! 日本映画界を席巻した伝説のバイオレンスアクション大作
『GONIN』19年の時を経て--待望の続篇が製作決定!
『GONIN』で死闘を繰り広げた男たちが遺したそれぞれの家族–
血と宿命に抗うため、新たな物語が幕を開ける。
『GONIN サーガ』プロジェクト発表

GONIN サーガ


1995年に公開され、石井隆監督作品の中でも絶大な人気を誇り、バイオレンスアクションの傑作として国内のみならず海外での評価も未だに高く、ファンの間から長きにわたり続編の制作を希望する声が絶えない映画『GONIN』。19年の時を経て、遂にあの『GONIN』の新たな物語が再び幕を開けます。
本作のメガホンをとるのは前作『GONIN』(1995)をはじめ、『死んでもいい』(1992)『ヌードの夜』(1993)、近年では『甘い鞭』(2013)など独自の世界観で国内のみならず海外でも多くの映画ファンを惹きつける日本映画界傑出の鬼才・石井隆。本作でも脚本・監督を務め、前作『GONIN』から繋がる壮大な物語を並々ならぬ想いで描き、自らの集大成と位置付ける渾身の最新作です。
そして本作の主演は、『桐島、部活やめるってよ』(2012)で鮮烈なデビューを飾り、数々の新人賞を受賞、今後も主演作の目白押しの若き逸材東出昌大。前作の『GONIN』に襲撃を受け、命を落とした大越組若頭・久松(鶴見辰吾)の息子・勇人を演じます。
そして同じく前作で命を落とした久松の組長・大越(永島敏行)の息子・大輔には桐谷健太。さらに前作の大越組を束ねる五誠会2代目に出生の秘密を握られ、愛人になり下がってしまった元グラビアアイドル・麻美に土屋アンナ。19年前のGONIN事件の真相を追うルポライターとして、自らも19年前の事件に深い因縁を持つ・森澤に柄本 佑。そして、今回のGONINの敵役となる、前作の五誠会会長・式根(室田日出男)の孫であり、麻美を愛人として囲う、五誠会三代目・誠司に安藤政信。前作を上回る豪華実力派のキャストが集い、『GONIN』に対する各々の熱い想いとともに、物語を盛り上げます。
本作は6月1日に横浜にてクランクイン、6月末日にクランクアップ、2015年に全国公開を予定しています。今回のGONIN最後の一人はまだシークレットですが、ファンがあっと驚くキャスティングを予定しています。前作で死闘を繰り広げた男たちが遺したそれぞれの家族–血と宿命に彩られた新たな物語に是非ご注目ください。
●前作『GONIN』からのSTORY
19年前、1995年―。バブル経済が崩壊、指定暴力団五誠会系大越組から巨額の借金返済を迫られた元ロックギタリストで現在ディスコホールの経営者・万代(佐藤浩市)は、同じく時代に弾かれた男達五人を集めて大越組を襲撃、現金強奪に成功するが、大越組をまとめる五誠会は二人のヒットマン・京谷(ビートたけし)と一馬(木村一八)を放ち、一人、また一人と五人組を探し出して射殺して行く。
刑事崩れの氷頭(根津甚八)と三屋(本木雅弘)は土砂降りの夜、大越組を逆襲、大越(永島敏行)と久松(鶴見辰吾)ら組員全員と一馬を殲滅する。が、氷頭は京谷の凶弾に倒れ、三屋も逃亡中に追って来た京谷と相撃ちで死に、大越組は消滅、事件は終わった。
かに思えた―それから19年、2014年。男達が遺した家族にとって、事件は未だ終わっていなかった。五誠会で3代目・誠司(安藤政信)が力をつける中、久松の息子・勇人(東出昌大)。そして大越の息子・大輔(桐谷健太)。五誠会に囲われる・麻美(土屋アンナ)。19年前の事件を追うルポライター・森澤(柄本佑)。五誠会に恨みをもつ四人が出会い、物語は再び動き出す!
●監督・脚本:石井 隆コメント
男たちの死に様を描いた『GONIN』と女たちの生き様を描いた『GONIN2』を撮り終えた後、僕は『香港版GONIN』、『上海版GONIN』、『少女版GONIN』、などなど、何本ものヴァイオレンス・アクションのシナリオを書き下ろした。しかし、世の趨勢。それらは実現することもなく、それでもある時、あの時(第一作)の『GONIN』の垂直に立ち上がったフレームの外にいたであろう描かなかった人たちの存在が不意にどうしても気になり、あの映画の中で並行して生きていた筈の死んだ男達の家族の物語を一気に書いた。気が付くと最初の『GONIN』から既に10年が経っていた。
しかし、それも実現叶わず、それでも残された“家族たち”が気になって、その都度、イメージキャストに当ててシナリオを書く僕は、あれから13年、あれから15年、あれから18年、何度も何度も“家族たち”の違う物語を書き続け、そして、あれから19年。今、僕は『GONINサーガ』の現場にいる。
素晴しい俳優陣、素晴しいスタッフと一緒に。唯一にして最大の危惧は、監督が果たして僕で大丈夫なのか! 御託は言わずに、完成まで不眠不休で走……れる……かな?
●久松勇人役:東出昌大コメント
GONINと言う作品に出させて頂くに当たり、多くの方から想いの込められた襷を受け取りました。
この襷は諸先輩方の意地や覚悟、情熱の上に紡がれてきた襷です。持てる全てを出し切り挑みます。
冷静に、丁寧に、時に猛々しく、クランクアップまで突き進みたいと思います。
●大越大輔役:桐谷健太コメント
前作『GONIN』を最初に見たのが自分が20前後のころでした。ものすごくパンチの利いた映画で、あっという間の2時間だったことを今でも覚えています。今回の作品は前作の登場人物の次の世代が、新たなGONINとして、自分でも気付かないうちに「血」や「運命」を受け継いでしまっていて、自分も大輔という役を演じるにあたり、その葛藤を掘り下げながら、性格も気持ちも大輔になりきるしかないと思っています。
石井監督の『GONIN』に対する思いの強さや、妥協しない姿勢の中で自分がどう戦っていけるか、今から楽しみです。東出さんをはじめ、自分とは違ったタイプの役者さんばかりなので、皆の良いところを吸収しながら、自分でやれることをやり尽くし、作品に良い化学反応が生まれればと思います。
●菊池麻美役:土屋アンナコメント
GONINという作品を観て、正直色々な感情が産まれました。
観ていて、石井監督という人の魅力に、もっと触れたいと思いました。監督の中に存在する感性は天才的で、多くの人を魅了しているのだとわかりました。強さ、悲しさ、美しさ。言葉で言い表せないこの人間の感情、魂の叫びをこの映画では感じることが出来て嬉しく思います。
どれだけ自然か…が、私の今回のテーマです。監督の世界観にハマる様に楽しんで頑張りたいと思います。そして、多くの人を感動させられる作品に皆で作り上げられたらいいなと、思っています。
●森澤慶一役:柄本佑コメント
初めて石井組を体験してから2年。また石井組を体験できるとは……それもあのGONINの続編で……考えただけでもゾッとします。
しかし、ゾッと思える現場ってきっと楽しいんじゃないかと思います。2度目ということで、前回よりもなにやら緊張してますがとにかく真面目に頑張ります。
●式根誠司役:安藤政信コメント
昔から石井監督の作品の大ファンで、作品の中に漂う美意識や、その中にある生々しい感じが当時から衝撃で、一度は作品をご一緒したいと思ってました。その中でも『GONIN』は特別印象深く、あの当時、本当に綺麗でかっこいいと思えた作品だったので、この『GONIN サーガ』を今の石井監督がどう撮るのか今から楽しみです。
僕が演じる誠司という役柄は、20年前に自分が実際見た作品の登場人物の孫になるのですが、あまりいろんなことを考えすぎず、監督の考える作品の世界観の中で、愛される一人のキャラクターになればいいなと思っています。
監督・脚本:石井隆
出演:東出昌大 桐谷健太 土屋アンナ 柄本 佑 安藤政信
製作:『GONIN サーガ』製作委員会
製作プロダクション:ファムファタル
配給:KADOKAWA ポニーキャニオン
Twtter:@gonin_saga
『GONIN サーガ』
2015年 全国ロードショー
(C)2015『GONINサーガ』製作委員会
→『GONIN』の記事を探す