MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

『弱虫ペダル』「LE TOUR DE YOWAPEDA ~ツール・ド・ヨワペダ~」

現在テレビ東京他にて絶賛放送中、コミックスの累計発行部数が950万部を突破した渡辺航(週刊少年チャンピオン)原作による人気自転車<サイクル>ロードレースアニメ『弱虫ペダル』。
総北高校・箱根学園(ハコガク)のキャストが集うアニメ『弱虫ペダル』のスペシャルイベント『LE TOUR DE YOWAPEDA ~ツール・ド・ヨワペダ~』が5月18日東京・日本青年館にて行われました。

弱虫ペダル


当日は総北高校から、小野田坂道役の山下大輝さん、今泉俊輔役の鳥海浩輔さん、鳴子章吉役の福島潤さん、金城真護役の安元洋貴さん、巻島裕介役の森久保祥太郎さん、田所迅役の伊藤健太郎さん、そして箱根学園(ハコガク)から、福富寿一役の前野智昭さん、真波山岳役の代永翼さん、東堂尽八役の柿原徹也さん、新開隼人役の日野聡さん、荒北靖友役の吉野裕行さん、泉田塔一郎役の阿部敦さんの総勢12名が出演。豪華メインキャストが一堂に介し、トークやゲーム、朗読劇を行った昼の部をレポートします。
イベントがスタートするとステージに用意されたスクリーンにオープニング映像が映し出され会場が一気にヒートアップ! そして一人ずつキャストが決め台詞を披露し登場すると大きな拍手が送られました。
最初のコーナーは事前にファンから募集した質問に答える『弱ペダオールラウンダーアンケート』。「キャストから見た「このシーン男前!」というシーンはありますか?」という質問には各キャラクターの格好いいシーンを集めた映像がスクリーンに映し出され、その映像に大きな歓声が湧き起こりました。
また『泉田くんは筋肉を鍛えていますが、キャストのメンバーの中で、アンディとフランクが1番凄いのは誰ですか?』という質問には阿部さんがキャストの胸筋を一人ずつ触って確かめる一幕も。その結果一番の胸筋の持ち主は伊藤さんに決定しました。さらにどれだけ泉田がアブアブしているのかが分かるアブシーンだけを集めた映像に会場は大爆笑。その映像に阿部さんは「編集に悪意を感じます。ちゃんと日本語喋れます!」と話すと「誰が編集してもああなる」と返され、会場はさらに爆笑となりました。
弱虫ペダルまたイベント当日の5月18日は今泉の誕生日、さらに今泉を演じる鳥海さんも16日が誕生日ということでお二人の誕生日を祝うバースデーケーキがサプライズ登場。鳥海・今泉の苗字から「ハッピーバースデー鳥泉くん♪」と会場全員からのハーピーバースデーの歌のプレゼントもあり温かい雰囲気に包まれました。
『ツール・ド・リーディング』と題された朗読劇コーナーでは、この日のために書き下ろされたストーリーを総北高校編、箱根学園(ハコガク)編と披露しました。総北編では目標タイム以内に6人全員がゴールをするという、インターハイへ向けた特別練習メニューをこなす6人の姿が描かれ、全員が目標タイムに届きそうにないと感じた時に、ラストの坂道で出遅れた小野田がメンバーに追いつきメンバーを引っ張り見事目標タイムでゴールをするというストーリー。山下さんがメガネをかけ小野田になりきり『恋のヒメヒメぺったんこ』を披露すると会場全体がその歌に合わせ手拍子と笑いが沸き起こり大盛り上がり。
箱根学園(ハコガク)編では、練習で真波に本気を出させるために、メンバーが真波に色々仕掛けるストーリー。それぞれが得意な分野をみせる中、新開のバキュンポーズを日野さんが実際に決めると会場は悲鳴に包まれました。
それに加え、総北と箱根学園(ハコガク)が合併し総根学園高校になり、12人全員が同じチームになるという設定のお話も披露され、まさかのありえない展開に会場は大爆笑。
『総北VSハコガク 対決コーナー200キロレース』と題されたコーナーでは、ロードバイク2台が用意され時速20kmになると回答権が得られるクイズ対決が行われました。用意された問題の難易度によって距離数が決められており、先に200キロに達したチームが勝利となるこの対決。最初の対決は山下さんvs代永さん。

弱虫ペダル

「鳴子は金城のことをなんと呼んでいる?」、「恋のヒメヒメぺったんこの歌詞を一部縦読みするとなんと読める?」、「ロードレースで最後尾につかれた選手は車に載せられ失格となる。その回収車の通称は?」といった問題が出題。第2走者の安元さんvs前野さんへの問題は「泉田の2つ名は?」、「藤堂の実家は何を経営している?」、「福富の秘密にしている特技は?」。第3走者の伊藤さんvs阿部さんへの問題は「荒北の嫌いなタイプはなんというタイプ?」など。
途中、観客に答えをこっそりと聞く反則すれすれのシーンもはさみつつ、総北が点数をリードします。しかし、最終問題は一発逆転の200点。その問題は「前回のインターハイの覇者である箱根学園にはある特権があります。その特権は?」。
見事最終問題を正解させ逆転勝利した箱根学園(ハコガク)チームにはトロフィーが贈られました。ちなみにそれぞれの正解は「主将」、「よわむしぺだる」、「ほうき車」、「神奈川の最速屋」、「温泉旅館」、「皿回し」、「頑張れって言う奴」、「一桁ナンバー」でした。

弱虫ペダル

またこの日はニンテンドー3DSゲームでのゲーム化も発表され、原作者の渡辺航先生から「ついにペダルも、なんと3DSでゲーム化です! 坂道やチーム総北や箱根学園の勝負がゲームで体験できるなんてファンタスティックです! 二つの画面の中でキャラクターたちがどんな走りをするか楽しみ! ペダルの世界が広がって嬉しいです。」とのコメントが紹介されました。
さらに映像がスクリーンに映し出され、『2014年10月2期制作決定』の文字が映し出されるとこの日一番と言って良いほどの大歓声が沸き起こりました。
最後に出演者よりファンへメッセージが贈られ、「『弱虫ペダル』は全員がエースだ!」の掛け声でイベントは終演となりました。

弱虫ペダル

日野聡日野聡:今のところ「いい身体してるな」というお兄さんと、うさぎに餌をあげているお兄さんの部分しか描かれていませんが、これからオンエアでも新開さんのお当番回がはじまりますので、2期も合わせて宜しくお願いします。

阿部敦阿部敦:2期の発表もあり、これからますます『弱虫ペダル』が盛り上がっていくと思います。本誌でも熱い物語が展開していますので、一緒に盛り上げていけたらなと思っています。

前野智昭前野智昭:回を重ねるごとに山下くんが成長している姿をみて驚かされ、僕もいい刺激になる楽しい現場です。ゲーム化・2期とインターハイ盛り上がっていきますので今後も『弱虫ペダル』を宜しくお願いします。

吉野裕行吉野裕行:アニメを見ていて原作を読んでいない人がいたら、折角なので原作も読んでみてください。自転車ブームですが事故のないように気をつけてください。ありがとうございました。

柿原徹也柿原徹也:これまで沢山の作品に出演させていただきましたが、こんなに原作やアニメに影響された作品は少ないなと思うくらい本当に楽しんで演じさせて頂いています。2期の発表ということでこれから熱い戦いを繰り広げられるのを楽しみにしています。これからも『弱虫ペダル』を応援してください。

代永翼代永翼:こうして皆さんの応援があるからこその2期の決定だと思います。僕としては坂道くんとの勝負がまだついていないので、2期で演じられるのを楽しみにしています。今度は京都伏見のメンバーと一緒にまたイベントができたら良いなと思っています。それには皆さんの応援が必要になりますので、これからも『弱虫ペダル』の応援よろしくお願いします。

伊藤健太郎伊藤健太郎:皆さんの熱い応援のお陰で色々な展開を見せている『弱虫ペダル』の世界です。現場でもこの役割分担のはっきりした仲間たちが笑顔で楽しく日々を過ごしています。2期もさることながら、クライマックスへ向う1期のほうも色々なドラマが待っていますので、熱い夏をこれから一緒に迎えるにあたって先に『弱虫ペダル』を見て熱くなって行きましょう。ありがとうございました。

福島潤福島潤:章吉(正直)僕、田所(ところ)どころ金城(緊張)しましたよ(笑)。でも2期の発表もありテンションがマキシマムです。これから先2期に向けて鳴子に全力で命を吹き込んでいきますので、これからも『弱虫ペダル』を宜しくお願いします。これからも楽しみにしてくだサイクリング!

安元洋貴安元洋貴:最初の頃は2期なんて話はなかったんです。リアクションがあって、物事が段々大きくなっていった結果、たどり着いた2期だと思うので、本当に皆さんのおかげだと思います。一読者として読んでいた作品が大きくなっていく過程に関われるということは凄く幸せです。今日のイベントの中で2期の発表がされたときの歓声が一番大きかったのが本当に嬉しかったです。ありがとうございました。

鳥海浩輔鳥海浩輔:アニメ第2期も決まりゲーム化も決まりました。皆さんのお陰で『弱虫ペダル』は益々大きくなっていくと思いますので、これからも応援の程よろしくお願いします。ありがとうございました。

森久保祥太郎森久保祥太郎:ゲーム化、第2期と発表がありましたが、その他にも色々な展開をしています。山下くんとやっているWEBラジオ『クライマーズレディオっショ』もぜひお聴きください。色々な展開の情報もお伝えしますし、逆に皆さんからの熱い思いも番組で受け止めますので、『弱虫ペダル』に対する思いを送ってください。ありがとうございました。

山下大輝山下大輝:僕は『弱虫ペダル』という作品を通して、ここにいらっしゃる大好きな先輩方と出会えましたし、沢山のファンの方とも出会うことができて、凄く感謝をしております。これからも全力でペダルを回して、支える立場よりも、皆さんを少しでも引っ張っていけるよう存在になれたら良いなと思っています。これからも『弱虫ペダル』を宜しくお願いします。

『弱虫ペダル』公式サイト:http://yowapeda.com/
Twitter:@yowapeda_anime
Facebook:http://www.facebook.com/yowapeda
(C)渡辺航(週刊少年チャンピオン)/弱虫ペダル製作委員会
→2013年10月アニメ新番組特設ページ
→『弱虫ペダル』の記事を探す
→アニメニュースはこちら